小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着を手放すと、大切な人に愛される。引き寄せの法則は、信頼と尊敬によって働きだす。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/06/30更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第87回

サバサバ系の「デキる女」が恋愛惨敗してしまう、単純な理由

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

       
地域・開催日 内容
東京 07/18(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方
大阪 08/01(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

執着を手放すと、大切な人に愛される。引き寄せの法則は、信頼と尊敬によって働きだす。

執着を手放すと、大切な人に愛される。

誰にとっても失いたくない人、大切な誰かというものはいるもの。それが今のパートナーなのか、こちらが一方的に添い遂げたいと思っている相手なのか。それともまだ見ぬ誰かなのか。
小川健次Blog
その人の存在があって自分の存在がある。会った回数やお互いの物理的距離には関係なく、そう思えるほどに大切な人はいるし、そういう存在を求めたいと思うもの。

あなたがその人を大切だと思うことができていれば、同じようにその人もあなたを大切に思ってくれている。

僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、人は大切に思ってくれる人を大切に思うもの。

自分を大切にしてくれている人のことは、誰だって大切にしたい。自分を大切にしてくれているということは、自分の存在に意味を感じられるということ。それだけで満たされるし癒される。だからお互いが大切に思える。

でもね。それって、お互いが見返りなど期待しないし、感情の押しつけをするわけでもない。純粋に、その人を大切に思える気持ちが持てることができるから、お互いを大切に思い合える関係になれているんでしょ。

逆に言えば見返りを求めたり、求められたり、感情を押し付けたり押し付けられたりってのは、相手を想う気持ちじゃなくて、自分中心の自己都合。結局最後は自分のことかいな。そう思い思われ、お互い興醒め。




心から大切に思う。決して失いたくない。でも相手は相手。相手の価値観や生き方がある。それは信じて尊重する。心の奥底までは他人は入っていけない。本当に大切だからこそ、信じて委ねて手放せる。その人の存在を心に刻みつつも、最後の最後は手放せる。

あなたがどれだけ、大切だと思っていても、物理的な問題や境遇的な問題で、なかなか接点を持つことも、あの人の力になれることも少ないかもしれない。頻繁には会うこともできないし、話すこともできないかもしれない。

でもそれがどうした。だったらなんだ。本当に大切だと思う相手なら、その思いこそが重要で、お互いの間にどんな問題があるかとか、会える会えないとかは関係ない。そういう些末なことにとらわれるのは、あなた自身の見返りへの執着。

本当に純粋な気持ち大切だと思えれば、あれやこれやの事情なんてどうでもいい。会えるとか会えないとか、あなたの都合は関係ない。別れた人たとしても、あの人が存在していること、あの人を大切に思えることこそが喜びで、それ以外のことは、執着しないで手放せる。

<参考関連記事>
別れた彼への、執着を手放せない理由。本当の愛と幸せは、今と未来にある。

だから手放す。大事だと思う心だけ伝わればいい。そこに見返りを求める気持ちや、押しつけがなければ、相手も自然な気持ちをあなたを大事に思ってくれるから。

もし、自分が大切だと思っているほどに、相手が自分を大切に思っていないように感じることがあるならば、ちょっと考えてみたほうがいい。あなたの心に、押しつけや見返りを求める感情がないか。

引き寄せの法則は、信頼と尊敬によって働きだす。

いくら手放すと言ったところで、あなたがその人を大切だと思っているということを、言葉と態度で示さなければ、相手も自分が大切にされているとはわからない

それに何だかんだで、大切な人だと言われて気分を悪くする人はいない。むしろ上でも言ったように、そう言ってくれる人は自分の価値を認めてくれるわけだから、逆に大切にしたいと思うもの。

あ、この人俺のこと大事にしてくれてる。あ、私って大切な存在なんだ。そう思えるだけで気分が高まる。ヤル気が湧く。そう思ってくれる人のために何か力を貸そうという意欲が湧く。

だから状況や環境によっていろいろな事情はあるにせよ、大切だと思っている気持ちは言葉と態度で伝えるべき

とはいえ、それは押しつけではなく、見返りも期待しないで。相手が結果的にどう思うかは気にしない。ただ自分はあなたのことを大切に思ってますよ。そう日常的に伝えればいいだけのこと。すると引き寄せの法則が働き出す。




執着せずに手放して、純粋な自分の気持ちをそのまま伝える。そこで余計なことは考えなくていい。

それに何より、見返りも期待せず、純粋な思いで誰かを大切に思い、その思いを見返りを期待せずに、言葉と態度で示せるような人は、仮にその目の前の人からじゃなくても、必ず誰かに大切にされる。

引き寄せの法則は、あなたを裏切ることはない。執着を手放して、自然な心の状態を作り出せれば、あなたにとって望んだとおりの愛と幸せを引き寄せてくれる。

結局のところ、あなたの周りには、あなたが発している心の電波に、チャンネルが合ってる人しか集まらない。見返りに執着するほどに大切な人に逃げられ、あなたの周囲には、あなたに対しての見返りばかり求める人が近づいてくる

執着しなければ、大切な人とのご縁は、切れることなくずっと良好な関係でいられる。もちろん多少の紆余曲折はあるでしょう。一時的には離れ離れになることだってある。切れておしまいと思いそうになることもある。それでもちゃんとつながるもの。

<参考関連記事>
大切な人と、ご縁が遠ざかる理由。愛されるための、必要な条件。

執着を手放すと、本当に大切な人に愛される。見返りを期待せず、あの人を大切に思えることに、喜びを感じていればいい。思いに応えて欲しいとか、思いを受け容れてほしいとか、見返りへの期待はどっかに投げ捨てろ。言葉と行動で愛を示すだけでいい。

するとあなたも大切にされる。お互いが認め合い価値を感じ合える関係になれる。その双方の信頼と尊敬によって、引き寄せの法則の力が働く。心が満たされた本当の愛あるご縁が引き寄せられるってことですわな(^。^)y-.。o○

執着を手放すための特別講座
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


7月 東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。