大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分で自分を縛らなければ、やりたいことができる。あなたには、自由に選択できる権利がある。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

自分で自分を縛らなければ、やりたいことができる。あなたには、自由に選択できる権利がある。

■選択の権利はあなたにある

生まれた瞬間に、すでに決まってしまうものはある。子どもは親や生まれる場所を選べない。容姿や肉体的な限界も、先天的に決められてしまうもの。

小川健次Blog

どうにもならないことはある。でもね、だからと言って、生まれた後の出来事についてまで、選択肢が無いかといえばそうじゃない。

そりゃ、明日の天気は決められない。今夜巨人が勝つか阪神が勝つかは、あなたも僕も決められない。あなたの勤める会社の経営方針も、あなたには決められないかもしれない。あなたの選挙区で誰が当選するかも決められないでしょう。どうにもならないことはある。

だとしても、あなたが置かれた状況環境、あなたの今の立場に対する、意味づけと解釈はあなた自身が選択できる。それを否定的に解釈するのか、肯定的な解釈をするのか。それを決めるのは他の誰でもなくて、あなた自身じゃないですか。

さらには、意味づけと解釈に基づいて、どんな行動をするのか。その選択権もあなたにある。このブログや小川健次メールマガジンでもいつも言うように、誰もあなたからその選択権を取り上げていないんです。

なのに、心のどっかで、あなたにはどうにもできない他人のせい。状況環境のせい。あの人がこう言う。状況環境がこうだから。いや、だからそれは、あなたに変えられないんだから、それについてどうこう言っててもどうにもならないでしょ。まったく意味ないでしょ。

おまけに、自分で作ったマイルールに、自分で自分を縛りつける。今まではこうだった。私はこうだから。これまではこうやってきた。いや、だからそれ今は関係ないから。

あのね、あなたに決められないこと、あなたにはどうしようもないことはある。でも、今のあなたに決められることはあるでしょ。過去のあなたのやり方ってのもあるでしょう。でもだからといって、それに縛られる必要性もないでしょ。

テレビがつまんないと文句言ってるなら、チャンネル変えるか、別の面白いことやればいいだけ。職場に問題あるなら改善提案するか、してもダメなだ違う職場に移ればいいだけ。それを誰も止めてない。いや止められたとしても、どうするかの選択は、あなたがすること。

言うまでもないことですがね、その選択の基準は、あなたが設定した明確な目標に対して、距離が縮まるか遠ざかるか。明確な目標を達成するために、プラスになるかマイナスになるか。だから、いつも明確な目標が必要だって言ってるんです。

<参考過去記事>
明確な目標を設定すると、恋愛も仕事もうまくいく。クヨクヨせずに、できることをやれるようになる。

周囲がどうの他人がどうの。今までの自分がどうの。そりゃあなたが勝手に決めたマイル―ル。そんなもんを優先して、選択の権利を放棄しないことですよ。

繰り返しますが、あなたにはどうにもできないことはある。でもね、現実のあなたにとっては、そんな、どうにもできないことよりも、今選択できることのほうが重要でしょう。あなたには決められることがある。それを選択する権利はあなたにある。

■迷うくらいならやればいい

なんとなく、周囲の言葉、状況環境、そして過去の自分の経験に基づいて、こういうときはこうするもの。こんな場合はこうするべきだ。そんなマイルールという幻の鎖に縛られないことですよ。その鎖は幻ですから、幻。もしくは妄想。

そんな妄想や幻に、自分が行動できない原因を求めてもしょうがない。ストレスで苦しくなるだけですよ。だって幻なんだもん。原因もクソも、そもそもそこには何もないんだもん。あなたは自由に選択である。それを自覚できれば、身も心も楽になる。

だからね、あなたが何か新しいことにチャレンジしよう、現状を打破するために、これまでと違うことをやってみよう。そう思いながらも、いまいちそれが行動に移せないときには、状況環境や他人にその原因を求める前に、少し自分を振り返って考えてみる。

1、行動に移せない理由は何なのか。それは客観的事実に基づいて、いつどこで誰がどう見てどう分析しても、行動に移さないことが、正しい選択と言えることなのか。

2、実際に行動に移したことで、あなたが被る不利益は何か。それによって失うものは何なのか。そしてそれは、永久に取り返しのつかないことなのか。もしくは行動に移すことで得られる成果より、価値が低いものなのかどうか。

ということを、冷静になって考えてみればいいんです。するとね、わかりますよ。行動できないことについて、言ってるほど大した理由なんかないから。不安に思っているほど、大した不利益も失うものだってそんなにないでしょ。

結局のところ、なんとなくの想い込みによって出来上がった、マイルールという幻の鎖に縛られてるだけなんです。大した根拠もなく、目の前の問題を否定的に意味づけて解釈し、同じく大した根拠もなく、自分には選択の余地がないと思ってしまう。

誰もあなたから選択の権利を奪ってなんかいませんよ。誰もあなたを縛りつけてもいやしない。自分で自分を縛っているだけ。しかも幻で。

まあ、そもそも、やるかやらないか。そんなこと迷った時点で、そりゃやっても問題ないことなんですけどね。そこにあれこれ、いろんな理由をつけるからややこしくなる。周囲がどうの、他人がどうのじゃなくて、あなたが決められることを決めればいい。

<参考過去記事>
軽い気持ちでも、やってみると意外とできる。クソ真面目でも、考えてるだけなら何もできない。

あなたにはどうにもできないことはある。あなたには決められないこともある。でもね、あなたの日常の中では、ほとんどのことは、あなたが決められる。あなたに選択の権利がある。誰も縛っていないし、押さえつけていない。そう感じるのは幻だから。

やりたいことがあるなら、やればいい。できることは限られているかもしれませんが、それでもまずはやってみればいいんです。だってやっていいんだもん。するとね、最初に思っていたよりも、スムーズに物事が進んでいったりするもんですよ。

【明確な目標を設定するための原理原則】

DVD愛とお金
販売決定記念キャンペーン実施中
 

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事