小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

気持ちに寄り添うから、相手の心に言葉が届く。相手を理解するから、言葉に説得力が生まれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第57回

ギリギリまで働いて、不倫に堕ちる…仕事を抱え込むキャリア女子がハマる蟻地獄

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


気持ちに寄り添うから、相手の心に言葉が届く。相手を理解するから、言葉に説得力が生まれる。

寄り添うから、相手の心に言葉が届く

あれこれ気の利いた言葉を並べているにも関わらず、立て板に水のごとく、上手な話術を駆使しているにも関わらず、なぜだか言葉が心に響いてこない話しというのはある。
小川健次Blog
話してるその人のことが嫌いなわけじゃない。言ってることにも興味がないわけじゃない。なのにどうもいまいち言葉が入ってこない。頭の上のほうを通過するだけになってる話しというのもある。

その一方で、別に大した話しをしているわけじゃないのに、なぜだか心が心に響く話しもある。その人に特別関心があるわけでもないのに、なぜだか話に引き込まれる、そういう話しもあるでしょう。

気の利いた言葉でもない、ベタなモノ言い。粗雑な言葉使いであったり、たどたどしくてとても、上手とは思えないような話し方。なのにその一言一言が心に響く、なぜだかグイグイ引っ張られる。

その違いはどこにあるのか。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージをはじめ、YouTubeの動画でも言っているように、それには上っ面の会話テクニックと違う要素がある。

もちろん、その要素は一つじゃない。その場そのときその状況、その瞬間の空気や、その時点でのお互いの関係性など、要素といえるものはいろいろある。

だけども、必ず共通することはある。小手先テクニックとは関係ない、人の心に響く言葉の原理原則ってのはある。まあ原理原則と言うと、話しが大げさな気がしますが、実のところ驚くほどカンタンかつ当たり前のことなんです。

それは、その言葉を誰に向けて、誰のために発しているのかってことだけだから。目の前のその人のために、その人に向けて発しているのか、自分のために自分に向けて発しているのか。その違いですよ。

ただ自分が主張したい。それを言うことで満足したい。認めてもらいたい。この思いを言葉にしたい。って、そんな話しを聞こうとなんて誰も思わない。まあ聞くだけは聞くでしょう。みんな大人だから。でもだから何?それはあなが言いたいだけでしょ。それオレ関係なくね?





逆に、自分の言葉を通じて、相手に幸福になってほしい。私はあなたの力になれるし、あなたのために言葉を発する。そんな想いで発した言葉は、少なくとも意欲的に話を聞こうと思ってもらえる。心に届けることができる。もちろんそれを受け入れてもらえるかどうかは別。

要するに、相手の心に寄り添っているかどうか。共感できているか。本当に相手のためを思っているかどうかが大前提。そして寄り添っていること、共感していること、相手のためを思っていることを、言葉という形で表現したときに、それが初めて相手の心に届くというものでしょう。

そりゃ誰だって、自分を認めてくれる人、自分を理解しようとしてくれる人、そして自分の心に寄り添ってくれる人の言葉には、なんとなくで心が惹きつけられる。話しの上手い下手に関係なく、耳を傾けたいと能動的に思えますよ。

単に自分の言いたいこと、自分の主張や思い入れだけを延々と話されたところで、ウザいだけ。こちらの想いなんてとても汲んでくれるとは思えない。共感してくれるとも思えない。認めてくれてるとか大切にされてるなんて微塵も思わないから、話しを聞いても聞きながらスルーしてさようなら。

フラれて悲しい。この思いを何とかして。私が寂しいから復縁してくれないと困るから。って、それはあなたの都合。相手には相手の都合があるのに、それガン無視。それじゃ相手もあなたの話しは聞かないし、復縁だってしたくない。

<参考関連記事>
【動画あり】復縁できる2つのパターン。執着を手放すのには、理由がある。

小手先の会話テクニックに優れていていようとも、小奇麗な言葉をいくつ並べていようとも、それが自己満足と自己憐憫のためならば、誰の心にも響かない。その場盛り上げるくらいは役立つでしょうが、結局心に何も残らない。。

小手先テクニックを否定するわけじゃない。それはそれでいい。でもそれだけじゃどうにもならない。そんなこと磨くより、相手の気持ちを理解して、それに共感し寄り添う思いを持つこと。そしてその思いを言葉に素直に乗せることのほうが、はるかに相手の心に響く言葉になる。

相手を理解するから、言葉に説得力が生まれる

そもそも会話云々以前に、目の前の相手の気持ちを理解しようとしない、その人の想いに寄り添おうとしない。そういう想像力や思いやりがないということは、その目の前の人に興味がないということ。自分に興味を持ってくれない人の話しなんて、人は聞く気にならない。

もちろん、どんなに相手の気持ちを理解しようとしていても、相手の心に寄り添おうとしていても、ただ思ってるだけじゃなければ、お互いがエスパーでもなきゃ伝わらない。だから言葉と態度で示すというのも当たり前。

その基本は言うまでもなく、相手の言葉に真摯に耳を傾けることですよ。その上で相手の言葉を批判したり否定しない、ましてや上から自分の意見をかぶせるようなことをしない

もちろん、あなただって、おかしいと思えば、「それ違う」と批判したくなるこもある。「それおかしい」と、自分の意見を言いたくなる気持ちが、沸々と生まれてくることもあるでしょう。

でもね。批判や否定されそうなことって相手もわかっていることなんです。みんなそんなアホじゃない。わかっているけど言いたいんです。それでも気持ちを知ってしてほしい。共感してほしい。寄り添って欲しい。そんな自己承認欲求は誰にでもある。

ならば、まずは聞くことです。正面向き合ってちゃんと最後まで聞くんです。話しの途中で自分の意見を上からカブせない。余計な意見をはさみこんだり批判したりしない、聞くことで相手の気持ちがどこにあるかを知ることです。

それこそ、そんな小難しいテクニックなんかいらないんです。下らないコミュニケーション本なんか読まなくても今すぐできる。ホントに相手のことを理解し、相手の想いに寄り添おうと思うなら、まずが相手の言葉に真剣に耳を傾けること。まあ言うまでもないほど当然だし、自然なこと。





そうやって相手の言葉に耳を傾けるからこそ、相手の想いを理解できる。そしてどうすればその思いに寄り添えるか、どう伝えれば相手の力になれることを伝えられるか。そう考えながら言葉を返せる。

相手の気持ちを尊重し、相手の考えを理解しようとする。心に寄り添って共感しようとする。その一連のコミュニケーションと思考のプロセスを経た言葉だからこそ、ホントに伝わる言葉になる。相手はあなたの言葉に耳を傾けてくれるようになるんです。

すると、今度は相手も、あなたの想いに寄り添った言葉になる。お互いがお互いを思い合い、大切に感じ合える信頼関係でできた、心地よい会話ってのはそういう流れの中で生まれるものじゃないですか。

あれこれ何でも言い合うような議論目的、アイディア出しのブレストならまた別ですが、日常会話、それも大切な人との会話で、自分の想いを本当に届けたいと思うなら、まずは相手の思いに寄り添うことですよ。

冒頭にも言ったように、流暢な言葉だから人は惹きつけられるんじゃない。言葉に自分への共感を感じるからこそ、その人の言葉に惹きつけられるんです。

それほど難しいことじゃない。ただ純粋にその人のことを想うことができるかどうか。ただそれだけですよ。つまりは愛。愛があるから相手の言葉に耳を傾け、相手に寄り添おうとできるということ。愛するから愛されるというやつですな。

つまらない駆け引きもいらないんです。相手を思う気持ちを飾らず、それを素直に言葉込めて会話をすればいいだけのこと。

<参考過去記事>
素直に聞くと、LINEでの不安が無くなる。素直になると、長文LINEで爆発しなくなる。

人を惹きつける魅力のある人ってのは多くの場合、人の気持ちを理解し、その心に寄り添おうとできる人。純粋に相手のためを思って言葉を発することができる人でしょう。あ、あと太い眉毛が凛々しい人。

何をどんな言い方するかってことも、重要ではある。でも、それより、どのくらいその人の気持ちを理解しようとしているか。どれくらいその人の心に寄り添おうとしているかってことのほうが、気持ちを伝えるときは重要ってことですわな(^。^)y-.。o○

人の気持ちに寄り添える、話し方の技術

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。