大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

誰かを愛せる力は、愛してくれる誰かを引き寄せる力になる。届かぬ想いに悲観せず、想いを抱ける自分に自信を持とう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

誰かを愛せる力は、愛してくれる誰かを引き寄せる力になる。届かぬ想いに悲観せず、想いを抱ける自分に自信を持とう。

■今届かない想いは、どうやったって届かない。

あらゆる手段を駆使し、ときに自らの全てを賭して伝えようとした想いでも、けんもほろろにスルーされることはある。いや、スルー以前に相手の範疇にすら届かないなんてこともある。

小川健次Blog

皆それぞれ自分の世界を生きている。自分のことだけで大変なんです。どっかの誰かの想いなんて、たとえそれが自分に向けられたものでも、いちいち相手できるほど暇じゃない。

ちなみに、僕が配信している小川健次メールマガジンも、昨日で配信600回。ほぼ毎日配信しているので、あちこちで僕が暇だと思われているようですが、言われるほど暇でもありませんわ。

で、あの人のことを私はこれだけ想ってるのに。あの取引先のためにあちこち奔走したのに。これまでさんざん尽くしたし、そのために色んなこと犠牲にしたのに。って、それしょうがない。あなたに都合があるように、あの人にだって都合がある。あの人だって忙しい。

別に誰が悪いワケじゃないんです。あの人が悪いワケでも世間が悪いワケでも、都知事が悪いワケでもない。あなただって力を尽くした。それでも結ばれないならタイミングが悪かった。縁がなかった。それだけのこと。そこに何かしらの原因と責任追及先を探しても見つかることはないでしょ。

もちろんあなた自身が改善して次に活かせることがあるならば、それはそれで改善すればいい。世に起こるすべての出来事の責任は自分にある。思考は現実化する。

とはいえ、単に内向きになるだけで、自分を責めるだけなら時間の無駄。疲れるだけ。自分のセルフイメージ下げるだけ。出た結果に反省したならば、後はどうにもならないことを考えたところで何も生まれない。そっから先は自分の力の及ばないこと。

それが宇宙大自然の法則なのか、単なる運なのかはどっちでもいいしどうでもいい。ただはっきり言えるのは、その場そのときは縁が無かった。想いが届かなかった。その事実は揺るがない。

そもそも、一見すると身近でいつも一緒にいる相手だとしたって、それこそホントに気が合う性格合うと思える相手だとしたって、縁がなきゃ必ずどっかでさようなら。何をしようがどうしようがもう無理だしダメ。だからいつまでもピーピー泣いてんな。

でもね、ホントに縁がある相手なら、最後は必ず結ばれる。今は何をしようが何を言おうがダメだとしても、また別の機会やタイミングは訪れる。つながる人とはつながるもんですよ。

だからジタバタする必要はないし、自分や誰かを責めることはないんです。やることやった。最善尽くした。それでも今の時点でどうにもならないのならしょうがない。あ、今はダメなのね。そう割り切るしかないでしょうよ。

<参考過去記事>
ご縁を感じる相手とは、また会えるし繋がれる。焦らないで待てる心の余裕が、大切な人を引き寄せる。

心に強く想い描いたことは、それが何であれ必ず実現する。でもそれは、思いを伝えたその人とのことじゃないかもしれない。今このタイミングじゃないのかもしれない。だから焦らなくて大丈夫。執着しなくて大丈夫。

今の時点で届かない想いは、どうやったって届かない。そこをゴリ押しすれば、相手のことを無視した、単なるあなたの感情の押し付けになるだけ。そりゃ距離が遠ざかるだけでなく、面倒くさいヤツというレッテルを張られるのがオチですわ

■強い想いを抱ける自分に自信を持とう。

報われない想いというやつはありますよ。言いたかありませんが、あなただって誰かの想いをスルーしたり、誰かの想いに心揺さぶられないことあるでしょ。どんなに想いを伝えられても、いや、それ私無理。そう返すことあるじゃないですか。そういう意味では皆お互いさまですよ。

でもね、報われる報われないは別にして、ホントに心から誰かに届けたい想いを持てること。誰かのために自分を犠牲にできるほどの覚悟を持てること。そういう想いを持てるあなた自身のことは、少しくらい自分で褒めてあげてもいいんじゃないですか。

あなただってそこそこ歳を重ねてるんだから、物事を考えるときに打算や妥協が頭の片隅にあるでしょう。何かにつけて頭の中で電卓叩きながら、損得考えてるでしょう。いや、いいんです。世の中なんて電卓叩かなきゃ生きていけないことが多いんだから。

だけど、心にいるあの人のことについては、打算も妥協もない。報われるかどうかは別にして、電卓叩かず純粋に大切に想える。見返りがあるかどうかもわからないのに、ただただ思い続けられる。それって凄いでしょ。それができる自分は褒めるべき。認めるべきでしょ。

しかもその相手はアカの他人ときたもんだ。家族でもなきゃ身内でもない。しかも仮に想いが報われたとしても、未来の幸福が約束されてるワケでもない。なのに強く想えるこだわれる。それスゴイことだから。恋愛結婚に限らずすべての人間関係で同じこと。

そういう想いを抱けるのは強さですよ。過去を引きずって後ろ向きでいるというネガティブな思考じゃない。自分以外の誰かを思える、その力を持っている。そんなポジティブな要素なんです。そんな自分に自信を持ちなさいよ。

そこまで誰かを愛せれば、必ず誰かに愛される。それは今の時点での意中の人じゃないかもしれない。でも、そのときになってみれば、あなたにとって意中の人だったと思える人を引き寄せる。これ理屈じゃないけどホントの話し。

いいですか。前にもどっかで言ったか書いたかした気もしますが、あなたがそういう強い想いを持てたのは、あの人だからじゃないんです。あの人関係ねーから。あなたに誰かをそれだけ想える力があるからなんです。あなたが誰かに間違いなく愛されることができる証明なんです。

だから想いが届かなかったことで悲観することはないんです。過ぎたことは反省と思い出として心に刻んでいいですよ。あとは自分の想いの強さを信じればいい。人を愛せる力に自信を持てばいい。執着なんかチーンしてポイっと手放してしまえばいいじゃないですか。

<参考過去記事>
引き寄せの法則で、大切な人との心の距離を縮めよう。執着を手放すから、お互いを尊重し合える関係になれる。

縁があれば今じゃなくても、また別のタイミングで結ばれることもある。その人と縁がなければ。あなたの想いが届く人、それを受け入れてくれる縁ある人と結ばれる。自信を失わなくても、自分を責めなくてもいいんです。だって今はどうやったってダメなんだもん

あなたは誰かを大切に想える。見返りを求めることなく愛を注げるんです。繰り返しますが、それは愛される資格があるということ。誰かに大切にされる魅力があるということ。想いが届く届かないに一喜一憂せずに、ドーンと構えてりゃ、望みどおりの結果を引き寄せますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事