大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人を心から信じるのなら、恐れずに自己を明け渡してしまおう。迷いや不安を捨てて素直な思いに従えば、固い信頼関係で結ばれる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人を心から信じるのなら、恐れずに自己を明け渡してしまおう。迷いや不安を捨てて素直な思いに従えば、固い信頼関係で結ばれる。

■相手に委ねて自己を明け渡す。

信じるから信じてもらえる。その関係がお互いの間で信頼というやつを育むのでしょう。

小川健次Blog

とはいえ、信じればそれでいいのかと言えば、そりゃまたちょっと違う。全人類を信じても、全人類からは信用されない。

その人のことを、心の底から信じているのに相応しい言動であること、さらに心の底から信じていることを、その人に伝える努力は惜しまないということ。これがなければ意味がないでしょう。

口では信じてると言ってみる。でもそれってホントに心から信じていることなのか。ただとりあえず口にしているだけなのかで、その意味合いは天と地ほど違いますよ。

実はあの人について疑念がある。それが真実かどうかを確かめたい。でもそれを聞くと怒られるかもしれない、嫌われるかもしれない。お互いの関係が揺らいでしまうかもしれない。そうなるのが怖いし不安。だから、とりあえず信じてるという言葉で自分を偽る。臭そうなのでフタをして見て見ぬフリ。

あの人に任せたあの仕事。ホントに順調がどうかが気になる。でもそれ聞くと、信用してないと思われるかもしれない。あの人のプライド傷つけるかもしれない。今後仕事がやりづらくなるかもしれない。だから、とりあえず信じてるからと言って問題をスルー。

ホントに心から信じているなら、そこで目をつぶるようなことはしないでしょ。こちらが聞きたいことには答えてくれる。オープンにすべきをオープンにしてくれる。それくらいじゃ関係は揺るがない。そう信用しているから聞きたいことは聞けるんです。オープンにしたいことはオープンにし合える。

いやまあ、それ以前にホントに信じてれば、根拠なく疑念なんか抱かないし、任せた仕事も任せっ放しで大丈夫なんですがね。

それでも、信じて聞きたいことを聞いてみた結果、疑念が当たっていたならば、それはそれでいいじゃないですか。疑念だけ抱いてモヤモヤした関係を続けるよりも、こんなヤツを信じた自分がアホだった。そう反省してさようなら。その経験はまた未来に活かせばいいだけのこと。

要するに、相手に自己を明け渡すんです。疑念や不安、そして期待への執着を手放して、相手に委ねてしまうこと。信じるとはそういうことでしょう。

それは相手に依存するという意味じゃない。自分は自分でその主体性は失わない。でも相手は相手で別の人。それぞれのパーソナリティを認め合い尊重し合い、信じて委ねる。

そしてホントに信じていれば、切れた関係との間だって修復することがある。それが復縁につながることだってありますよ。

<参考過去記事>
復縁への期待を手放すと、大切なあの人を引き寄せる。復縁への期待に執着していると、大切なあの人が遠ざかる。

だいたいね、ホントに信じている相手なら、自分の想いをちゃんと伝えられますよ。それで嫌われると思われるなら、その人はそういうレスポンスをする人だろうと思っているということ。つまり信じてないんです。

言ってみれば素直になるということでしょう。自分が相手を思う気持ちに。そこで打算や駆け引きめいたことは一切考えない。大切な相手だから信じる。大切な相手だから言いたいことを言える、聞きたいことが聞ける。その思いが信頼関係を深めていくってもんじゃないですか。

■信じてないから信じてもらえない。

心のどこかで疑ってる。信用してない。自己を明け渡し切れていないんです。だから疑われるし信用されない。相手もあなたに自己を明け渡さないんんです。

お互いがそんな調子だから、些細なことで疑いを持ったり、小さな行き違いくらいで誤解が生まれる。その積み重ねがやがて限界値に到達すると、決裂してさようなら。

いいじゃないですか。その人にあなたがどう思われようと、その人があなたの思いに応えようと応えまいと、それを決めるのはその人で、あなたじゃない。

あなたができるのは、大切なら大切だと素直に思うこと。その人のことが好きなら好きだとその気持ちに従う。あとは信じて自分を明け渡す。

つまらない駆け引きなんかは不要でしょう。あれこれ余計なことは考えなくていい。だって信じてるんだもん。迷いや不安なんかもどっかに捨てちまえ。

すると相手だって、素直な思い出受け容れてくれる。変な駆け引きめいたやり取りなんかをしなくても、心でつながる。魂が触れ合える。真正面から向き合える。そうしてもえないなら、それは縁がないか嫌わてるだけのこと。泣いて酒飲んで寝て目覚めたら次へGO!

ホントにお互いが信頼し合える関係なんて、結局はその積み重ねでしか生まれないでしょ。つまらない小手先テクニックだの、計算や駆け引きだので結ばれてる関係なんて、所詮はハリボテみたいなもんで、ちょっとつついただけで簡単の倒壊するんです。

信じている、その言葉を免罪符に、言葉にしない、態度に出さない、適当な綺麗事で表面を取り繕うってのは信じていない証拠。それこそ、その人を大切にしているかでさえ疑わしい。一番大切なのは自分でしょ。自分傷つきたくないだけでしょ。だって自分を明け渡してないんだもん。

信じて自己を明け渡した結果、傷つくことになることもあるかもしれない。でもそりゃしょうがない。そんなもん今傷つかなくても、いずれもっと大きな傷になるだけ。むしろ早いうちで傷が浅くて良かったね。

<参考過去記事>
傷つくことへの覚悟と開き直りが、強く折れない心をつくる。傷つくことへの恐れと不安が、消えずに残る痛みになる。

言うまでもないことですが、何でもかんでも、素直に自己を明け渡せばいいかというと、それまた程度の問題ということで。誰だって四六時中ガチンコなのは疲れるし、ときにはお互い合意の上で、あえて空気を読んでスルーしといたほうがいいことだってありますから。

どんな場面でも、相手を信頼して、素直に自己を明け渡せる人ってのは、信頼できる人を引き寄せるものですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事