小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当は愛されていないから、彼に言われる6つのセリフ。愛している女に、男が言わない言葉。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

本当は愛されていないから、彼に言われる6つのセリフ。愛している女に、男が言わない言葉。

愛している女に、男が言わない言葉。

人の気持ちは、他人からはわからない。彼の言葉の裏にある本心を、いくらあなたが想像しようとも、最後の最後の本音の部分は、彼にしかわからないし理解できない。
小川健次Blog
それでも、おおよその気持ちは判別できる。愛しているから発する言葉と、本当は愛していないから発する言葉には違いがあるのだから。

僕が毎日配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、言葉と行動はその人の心の影。何も思っていないことは、言葉や行動に現れない。

だからこそ、彼から、あなたのことを大切に思う、あなたのことを愛している。そういう言葉や素振りが見えていたとしても、実際にはそうじゃない言葉や素振りが、見え隠れすようであれば要注意。

その場そのときだけの、適当な言葉や態度で誤魔化されてはいけない。もっとよく彼の言動を観察していれば、彼が本当にあなたを愛しているかどうかがわかる



もちろん、日常の言葉尻の一つ一つを捕まえて、それだけで彼の本心を図ろうというのには無理がある。言葉の解釈の違いもあるだろうし、言葉のアヤでまるで意図していなかった言葉を発してしまうことは、人には誰だってあるのだから。

それが誤解やすれ違いの類のものなら、お互いに話し合えば解決できる。彼の意図せず言ってしまったことなら、詫びてフォローもしてくれるはず。そういうプロセスもなく、ただただ、あなたを愛していない言葉を、当然顔で発しているような男には気をつけろ。

それが不倫の関係なら、なおさらのこと。お互いに負うリスクが大きいだけに、彼はあなたを本当に大切にする男なのかどうかは、よくよく見極める必要がある。

<参考関連記事>
不倫相手の女を大切にする男の、6つの特徴。不倫女性を愛せる男の、見分け方。

彼の完全なる本心までは、わからなくても、さすがに本当に愛していれば、こういうことは言わないだろ。というセリフがある。それを彼がごく自然に言っているなら、その関係は考え直した方がいい。

それを言われているにも関わらず、好きだから、他に誰もいないから。そんな弱いで動機でズルズルと付き合っていたところで、時間と心を無駄に削られるだけで、いいことなんかあまりない。

本当は愛されていないから、彼に言われる6つのセリフ。

彼にとって都合のいいときだけ、愛しているだの、好きだのという、その場しのぎの言葉を並べられても信じるな。それより、日頃から彼があなたに、どんな言葉をたくさん投げかけているかについて考えろ。

そもそも、あなただって、本当に愛している相手には、こんな言葉を使うはずがない。本心ではそう思っていないのに、誤って発してしまうことがあれば、全力で謝罪やフォローをするはずで、以後はそんなセリフを言わないよう気をつける。

一方の彼は、悪びれもせずに、平然とこういうセリフをあなたに投げつける。都合がいいときだけ、愛しているだの好きだのといって、あなたを誤魔化し、ご機嫌を取ろうとする。いや、それは愛されてないだろ。




彼から本当は愛されていないから言われるセリフには、以下に挙げる6つの特徴がある。。まったくこの通りでなくとも、こういう趣旨のセリフであれば同じこと。


  1. 大切なものへの悪口
  2. あなたの家族や友人。仕事や趣味など。あなたが大切にしているものの悪口を言うのは、あなたへの悪口と同じこと。それらを侮辱することは、あなたを侮辱するのと同じこと。本当に愛している相手には絶対にそのようなことは言わない。


  3. 虚偽のプロフィール
  4. 本当に愛していて、これからも長く一緒にいたい。そう思う相手に対して、自分を偽ったり隠したりするようなことはしない。むしろ嘘偽りのない自分を見せるはず。彼が自分のことで嘘をついているなら、それはあなたを愛していないことを意味する。


  5. ハンデに対する攻撃
  6. 肉体的なことや精神的なこと。または生活面の問題で、あなたがハンデに感じていること。コンプレックスに感じていることは、攻撃されると返す言葉がなくなる。なのに、それを攻撃するのは、愛どころか人としての情も欠落している。


  7. 借金のお願い
  8. スーパーで小銭を借りるような話ではないレベルの借金のお願いは、愛している人には絶対にしない。命がかかっているような場面であっても、その証拠を見せずに、ただ借金のお願いをするのは、愛しているからではなく、都合よさげに思われているから・


  9. 全部お前が悪い
  10. 男と女の問題は常に五分と五分。あなたも悪くて彼も悪い。双方にその認識があるから、お互いの関係を改善しながら、関係を良好にできる。そういう意識がないのは、この先も一緒にいようと思っていない。つまり、愛していない。


  11. 別れる
  12. 本気で別れたいと思っているならいざ知らず、その気もないのに、脅しのように別れるという言葉を発するのは、二人の関係をそれだけ軽んじているということ。そう言ってあなたを屈服させたいだけで、そこに愛はない。


以上6点。あなたを本当に愛している男は、これらのセリフを言うことはない。他の場面で、あなたに優しくしていたとしても、本当に大切に思う相手には、軽々しくこれらのことを口にするわけがない。

あなただって、本当に愛している男性に、こういうことは言わないはず。感情的になって、言ってしまったとしても、そういうときは深く詫びるはず。そういうこともなく、ごく当然のように、こういうことが言えるのは、それはあなたを愛していないから。

もちろん、以前は本当に愛していたのに、今になってその愛が冷めてしまったということもある。以前はこんなこと言わなかったのに、最近になって言われているなら、それは彼の愛が冷めたのが理由。

<参考関連記事>
本気だった彼の愛が冷める、5つの理由。彼女を好きじゃなくなる男性心理。

本当は愛されていないから、彼に言われるセリフには共通する特徴がある。都合のいいときだけ、耳障りのいい言葉を並べられたとしても、こういうセリフが頻繁に彼の口から出ているなら、本当は愛されていないと思っていい。

男であろうが女であろうが、愛している人には言わない言葉はある。細かいところでの相手の本心まではわからなくても、こういう言葉を発する男が、あなたを愛しているか愛していないかくらいはわかるってことっすな(^。^)y-.。o○

振られた心を癒すための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

※この記事は2021/10/02に公開されたYouTube動画『本当に愛している女には、男が言わない6つの言葉。愛されていないから、言われるセリフ。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。
↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。