大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手の気持ちを汲んで、想いを真正面から受け止めよう。その人を理解し共感するから、言葉に魅力と説得力が生まれる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

<お知らせ>
気がつけばほぼ毎日で配信400回。ブログ本編の更新情報を中心にしながら、ちょっと違った切り口と悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中のメールマガジン(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

相手の気持ちを汲んで、想いを真正面から受け止めよう。その人を理解し共感するから、言葉に魅力と説得力が生まれる。

■うまいだけのトークは心に響かない

綺麗な言葉使いや軽妙なトーク。会話は上手なはずなのに、どうもいまいち惹きつけられない。面白みを感じられない人っているもんです。

小川健次

その一方で、粗雑な言葉使いであったり、たどたどしくてとても上手とは思えないような会話だったりする人なのに、なぜたかとても惹きつけられる人もいる。


その違いについては、そりゃいろいろ原因あるでしょう。その場そのときその状況や、お互いの関係性によってもいろいろ解釈はできる。それでも明確にはっきりしている共通の原因というやつはある。

結論から言ってしまいますがね。その言葉を一体どこの誰のために発しているか、ってことですよ。

自分が言いたい伝えたい。この思いを言葉にしたい。それだけだと誰も聞かないんです。いや聞くは聞く。でも心に響かない。それあんた自分が言いたいだけやろ。あんたがそう思うだけやろ。

自分の発する言葉を通じて相手が幸福になってほしい。笑顔になってほしい。あなたのためにこれを言う。だから相手がこちらを向いてくれる。受け容れるかどうかは別にしても、まずは興味を持って聞いてくれる。

要するに、相手の心に寄り添っているかどうか。共感できているか。寄り添っていること共感していることを、言葉と態度で示せているかどうかなんです。

誰だって自分を認められたいし、自分を理解してもらいたい。その思いを理解してくれる人。その思いに共鳴してくれる人。そういう人の言葉には心が惹きつけられるし安心できる。

だからその人ともっと話しをしたいと思う。その人の言葉を聞きたいと思う。その人との時間を共有していたいと思うものでしょう。

一方的に批判的かつ否定するようなこと言われたり、言われなくてもわかっていることを、ネチネチと口にされてれば、そりゃ誰だってうんざりしますよ。そんなこと聞きたくて会話してるんじゃない。

批判や否定じゃないにしても、単に自分の言いたいこと、自分の主張や思い入れだけを延々と話されたところで、ウザいだけ。それで共感してくれつとは思えない。認めてくれてるとか大切にされてるなんて微塵も思いませんよ。

いくらテクニックに優れていて、軽快でテンポもよくわかりやすく楽しそうな話し方だったとしても、全然心に響かない。何か横で音がするのがちょっとうるさい、くらいにしか思えない。

そりゃトークはうまいほうがいいかもしれない。でもそれは、相手の気持ちを理解して、それに共感しようとすることが前提にあること。自分のことよりまず相手の気持ちに寄り添おうとすることのほうが、口の上手さより大事ってことですよ。

<参考過去記事>
愛のある言葉を届けるから、想いが伝わり信頼が深まる。相手への思いやりを優先すると、無用な誤解も消えてなくなる。

だいたい相手の気持ちを理解しようとしない、相手の立場を考えようとしない。そういう想像力がない人の話しなんて、そもそも聞く気にだってなりませんわ。

■共感力の高さが人を惹きつける

もちろん相手の気持ちを理解しようとしていること、相手の心に寄り添おうとしていることは、言葉と態度で示さなきゃわからない。

その基本は言うまでもなく、相手の言葉を聞くこと。そしてそれを批判したり否定しないことですよ。もちろん「アホちゃうか」と批判したくなるこもある。「ざまあwww」と指さして笑ってやりたくなることもあるかもしれない。

でもね。それって相手もわかっていることなんです。批判されることも否定されることも自分でわかってる。みんなそんなに馬鹿じゃない。ただ気持ちを理解してほしい。共感してほしい。そのプロセスで自分の心の落ち着き場所を確認したいだけなんです。

だから相手の心に寄り添って、相手に共感しようと思うのならば、まずは聞くことです。正面向き合ってちゃんと最後まで聞くんです。話しの途中で自分の意見を上からカブせない。余計な意見をはさみこんだり批判したりしないことです。

小難しいテクニックなんかいらないんです。フツーに考えればわかること。ホントに相手のことを理解しようと思うなら、まずが相手の言葉に真剣に耳を傾けるのは、当然だし自然なことですよ。

聞くから理解できるし、真剣に聞くことで寄り添えるポイントや、力になれるポイントがわかるんだから。

難しいなんてことは何もないんです。いつでも誰に対しても、まずは話しを聞くことがスタートなんです。いやまあ時と場合にもよるでしょうが、せめて身近にいる大切な人の気持ちに寄り添いたいと思うなら。

相手の気持ちを尊重し、相手の考えを理解しようとする。心に寄り添って共感しようとしてくれる。そんな人だからこそ、その人との会話が楽しく思う。その人の言葉を聞きたくなるってもんでしょう。

小手先の会話テクニックなんて、実際のところクソの役にも立たないんです。というより小手先を使えるような場が生まれませんよ。

人を惹きつける魅力のある人。それはもちろん、眉毛の太さが一番大事な要素であることは言うまでもないことですが、それ以外では会話スキルではなく、人の心に寄り添える人。つまりは共感力の高い人ということでしょう。

でもそれって、それほど難しいことじゃない。ただ純粋にその人のことを想うことができるかどうか。ただそれだけですよ。つまりは愛。愛があるから相手の言葉に耳を傾け、相手に寄り添おうとできるということ。愛するから愛されるというやつですな。

<参考過去記事>
大切な人への見返りを求めない想いが、愛をその手に引き寄せる。その人に出逢えたことに感謝すれば、満ち足りた気分で心穏やかになれる。

もちろん、会話のテクニックやプレゼンスキルは身につけて損なことはない。時と場合によっては使える武器ですよ。だとしても、相手がこちらを向いてくれなきゃ、それを使う前にサヨナラされておしまいでしょう。

何を言うかとか、どんな言い方をするかってのもまあ重要ですが、それよりも重要なのは、どのくらいその人の気持ちを理解しようとしているか。どれくらいその人の心に寄り添おうとしているかってことですわな。

まあそれでも、時にはガッツーーンと言ってやんなきゃわかんないって場合もありますから、そういうときはそういうときってことで(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事