大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

お互いが幸福のイメージを描ける、愛ある言葉が信頼関係を深める。大切な人だからこそ、その人の想いを優先しよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

お互いが幸福のイメージを描ける、愛ある言葉が信頼関係を深める。大切な人だからこそ、その人の想いを優先しよう。

■一方的な押しつけは拒否られるかスルーされる。

誰だって自分にとって無駄で無益なことなど、できることならやりたくないし関わりたくないものですよ。

小川健次

そりゃ、見返りを期待せずに誰か力にはなるべきだし、できる範囲でできることはやればいい。それでもやっぱり無益で無駄なら、なかなか積極的には取り組めない。


自分にとっては何のメリットもない。まあそれが経済的メリットや物質的メリットじゃないにしても、せめて自分の心が満たさる、癒される。そんな気分にでもなれるならまだいいが、それすら無いなら積極的になれないのも、ある意味では仕方ない。

たとえ身近な相手からのお願いであったり相談であったりしても、自分が満たされないことにモティベーションを湧かせるというのも無理がありますわ。

あんたが稼がないから生活苦しいのよ!もっと稼いできてよ!
お前が散財するから貯金できないだろ!無駄遣いすんなよ!

そんな露骨な言い方するかどうかは知りませんが、要するにね、そういう主旨のことを言われたほうは、それでその願いを受け容れようと考えるかどうか。ヤル気が湧くかどうかってことですよ。

それって、言ってるほうにとっては深刻なことなのかもしれませんがね、言われたほうにしてみれば、あんたの都合の押し付けだろうぐらいにしか思いませんよ。

言ってるお前はそうしたいのかもしれないし、そうすりゃお前は満足かもしれないが、だからといって別にこっちは満足なんかしないし、そんなこと言われる筋合いもない。それがどうした。だったら何だ。

まあそりゃそうですわな。だってそれ一方的な都合の押し付けだもん。相手の想いや立場を無視して一方的に都合の押し付け。もしくは相手が返せないのをいいことに相手を黙らせて溜飲下げたいだけのこと。いずれにしても自分中心、自分のため。

それじゃ言われるほうは応える気にはなりませんよ。だって自分にメリットないし。そもそもそれができない事情だってあるかもしれないでしょうに。

まあ相手のことより、自分のことを優先すればそうなりますわな。結局大切なのは相手のことより自分のこと。自分の欲求を満たすこと。だからそれ逆でしょうよ。

<参考過去記事>
心からその人のためだけを想うと、必ず愛は引き寄せられる。見返りへの執着を手放して愛を注げば、大切な人との距離はグッと縮まる。

聞いてくれないから余計にムキになる。ムキになるから相手もさらに頑なに。やがてどっかで爆発して大惨事。ホントはささいなことなのに、なぜだか結果は取り返しのつかないほどの悲劇になる。

恋愛だろうが仕事だろうが、それこそ家庭だろうが、あらゆるシーンに限らず、すべての人間関係で同じことですよ。

■お互いにとって価値を生むイメージを描ける発話をしよう

話しはカンタンなんです。まずは相手の立場にたって考えることですよ。相手にとって意味と価値のある言葉を投げかければいいことです。

その人が大切な人で、その人との関係をもっと深くしていきたいと思うならなおさらのこと。大切な人の喜びを最優先に考えれば、おのずと答えはわかるはず。

もっと気合い入れて働いてこい!散財やめろ!ってそんなこと言われなくてもわかってる。そうしたいと思ってる。いちいちそれを言われりゃ面白くない。それでヤル気が沸くこともない。

最悪は、お前がそれ言いたいだけろ。あんたがそうやって私を攻撃してストレス解消したいだけでしょ。と当たらずも遠からずの反撃喰らって修羅場に発展するだけ。

発話の主体を自分じゃなくて相手にするんです。自分のためじゃない。あなたのため。あなたの喜びのため。そしてそのあなたの喜びが結果的に私の喜びになる。そんな想いを表現すればいいじゃないですか。

『仕事を頑張ってその結果がついてきて、二人でできる楽しみ増えるよね』とか『お金を貯めればこういう暮らしができるよね。』のように、その人にとっての幸福や喜びのイメージが膨らむように伝えればいいんです。

自分のためじゃなくてあなたのため。私の満足ではなく、あなたの満足のため。あなたの幸福を心から願ってる。それが私の幸福になる。相手に対する愛と感謝の感情を言葉に乗せてあげればいいだけのこと。

すると言われたほうも悪い気しない。好意で接してこられれば好意で返したくなる。自分にとっても価値と意味があることだし、ならば積極的に動いてみよう。モティベーションも湧いてくる。

だいたいね。上でも言ったように、ホントにその人を大切に想うなら、相手を否定するようなことを頭ごなしに言うってこともないはずですけどね。

そういう発言や態度が出てくるということは、心のどこかでその相手を軽視しているか、言っても許されるという相手への依存や甘えがあるのかもしれません。それ注意信号だから。いろいろな意味で。

どうも思いが通じていない。心が通い合わないような気がしたら、自分の発話について少し考えてみたほうがいいかもしれません。自分都合を優先していないかどうか。相手の利益を優先した発話をしているかどうかを。

面倒と思うかもしれませんがね、結局のところ大切な人との信頼関係ってのは、その面倒だと思えるようなプロセスをどれくらい真剣に積み上げられるかどうかってことでしょう。

<参考過去記事>
大切な人と愛と信頼で結ばれるには、手間を惜しまないこと。バカバカしいほどに小さなことも、言葉と態度で示し続けよう。

誰だって、それがどんな身近な相手だとしても、勝手な都合を押しつけられ気分良くは思わないものです。というよりウザいとしか思えない。

それよりも、自分とお互いの幸福について考えてくれている人といたほうが。それこそ心安らぐし、逆にそう接してくれている人に対して同じ想いを返したくなってもんですわな(^。^)y-.。o○

■お互いの幸福感を満たし合うための人間関係のつくり方。
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://ogawakenji.com/seminar

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事