大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やりたいことはやればいい。欲しいものは手に入れればいい。心のブレーキから足を離せば、行きたいところに自由に行ける。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

やりたいことはやればいい。欲しいものは手に入れればいい。心のブレーキから足を離せば、行きたいところに自由に行ける。

■思い込みを変えればできることが変わる

何ができて何ができないかなんてのは人それぞれ。誰だって生まれた環境や状況は違うし、遺伝子レベルで持って生まれた才能だって違うもの。

小川健次Blog

皆が同じことができるわけじゃない。何かができるから偉くて、何ができないから偉くないなんてことはありませんよ。だって皆違うんだから。

だから人がどう思うかなんて関係ない。他人がどう思おうが、人にはそれぞれ事情がある。できることもあればできないこともある。それについて、他人がどう感じるかどう思うかなんて、気にするだけ無駄なこと。

とはいえ、ホントにそれができるかどうか、実現可能かどうかは、ほとんどの場合それ決めてるのは自分自身。生い立ちだの才能だのも要素としてはゼロじゃない。でも結局のところ、できるできないは自分自身の心が決めてるもんですよ。

冷静に考え、客観的に測定可能な物理的事実として、絶対できないと決まっていることなら、そりゃしょうがない。でも実際にはそうじゃない場合がほとんどでしょしょ。自分自身の思い込みや先入観で、大した根拠もなく、無理だと決めつけているだけだったりするもんでしょう。

だって、理屈に関係なく、ホントのホントに、それやらなければ命に関わる、やらなければ困り果てることならば、何とかしようとするじゃないですか。そして実際に何とかなってしまうものですよ。

要するに、あれやこれやの事情があったとしても、多くの場合、ホントはそれ実現可能なことなんです。どうとでもできるんです。単なるあなた自身の固定観念や先入観はもちろんのこと、その場そのときの空気感で、大した根拠もなく、無理だとかできないと決めつけているだけのことなんです。

もちろん、その場そのときその状況に応じて、無理せずジッとしていたほうがいいこともある。周囲の空気を読んで、できることでもあえてやらないほうがいい場合もありますよ。

でもね。それ繰り返していたところで、心が満たされるかどうくらいは考えてみたらどうですすか。やれると思うことでも、自分を抑えて何もしないでいることが、自分にとって価値ある未来のためだったらそれもいいんです。

思っているほど、自分を抑えることに意味がない。そう思うならそんなこと気にせずに、やりたいことをやればいい。状況や環境なんてのは、実のところ自分の心が作った幻影にしかすぎないもんです。だったら状況や環境なんか気にせず、やりたいこと、やれることをやればいいじゃないですか。

どんな結果であれ、最終的な責任は自分にしかない。あなたの人生はあなたが思い描いたとおりになる。

あれこれしがらみだと思っていること、自分にとってマイナスだと思うこと。そんなもんは単なる思い込み。単なるメンタルブロック。それ気にすることないですよ。単なる思い込みなら捨ててしまったところで影響なんかありませんわ。

<参考過去記事>
思考と行動のパターンを変えれば、未来も望みどおりに変えられる。これまでの自分に固執せず、望みの結果を出すことに固執しよう。

前述のとおり、できることの個人差はある。だとしても、ホントにできないことなんてあまりない。だいたいホントに心の底からできないと思うことなら、やりたいなんて思いませんよ。

だから思い込みのスイッチを少しばかり切り替えるだけで、やりたいことがやれる。望んだ結果を手に入れられる。

■今日死んでも後悔はないか。

そりゃまあ、やりたいことを優先するあまり、周囲に波風たって、逆に動けなくなるような不利益被るなら、むしろ無理してその場は動かず時期をあらためればいいだけのこと。そういう意味での空気を読む力は必要でしょう。

短期的な損得よりも、中長期的に自分が手に入れたいもの、望みの結果、明確な目標を達成することを考えるならば、ときに待つこと、ときに堪えることも求められる。

だとしても、単なる自分の思い込みや先入観で、やりたいことを放棄してしまう。自分には無理だと何も考えずにあきらめてしまうなら、何考えても同じこと。

極端な話しかもしれませんがね、まさに今自分の命が尽きて、死ぬというときに、今の思い込みや先入観で、やりたいことを抑えたままでいることが後悔しないかどうか、納得できるかどうかってことですよ。

掴みたいチャンス。でも自分にはたぶん無理。失敗するのが怖い。だから今は止めておこう。でもそれ、今日あなたが死ぬとしても、同じ選択します?

心から大切だと思える人。でもその人に想いを伝えたら、自分が傷つくかもしれない。それは嫌。って、今日あなたが死ぬとしても、同じ選択するんですか?

別に現実に命の危険が迫っているわけじゃないでしょう。でも、そこまで追い込まれたときに、自分の思い込みや先入観、周囲の環境によるしがらみを、最後の最後まで守りたいかどうかなんです。そんな基準で考えてみれば、自分にとって本当に価値あることがわかるから。

何となくこれまでそうだった。そう思ってきた。自分はこれが限界だし。こうすると傷つくに決まってる。そんな固定観念や先入観を守り続けることが、本当の自分の理想の人生にとって意味あることなのかどうかですよ。

過去を振り返ってみればいいんです。それは無理。自分にはできない。そう思っていたことでも、やってみたらできたことはいくらでもあるはずですよ。。

固定観念や先入観を捨て去って、できると信じてやってみたところで、損したこと、よっぽど大きなマイナスを被ったことなんてそうそうないでしょう。。

これまでのことを思い出してみればいいんです。人間関係にしろ、仕事にしろ、それこそこれまでの固定観念や先入観、そして小さなプライドなんかだって、ゴミ箱へポイと捨ててみても大して影響無かった。なんて経験は誰にだってあるでしょう。

<参考過去記事>
【図解あり】どんなに苦しいことでも、あなたはそれを乗り越えられる。よほどのことでもなきゃ命までは取られない。

ほとんど単なる思い込み。固定観念先入観ですよ。それを理由してやりたいことやらないのはバカバカしい。アクセル踏みながら、ブレーキ踏んでりゃ前には進まないんです。そのうちエンジンに不調をきたして壊れるだけのこと。

人間皆いずれ死ぬ。それが今日か明日か100年後かは誰にもわからない。その限られた時間の中で後悔しない選択をしているかどうか。今死んでも満足できるかどうか。

物理的にできないことはしょうがない。でもホントはできるのに、自分で自分を抑え込んでしまうのも、ホントもったいないないってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事