小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

作り笑顔でなくても、愛してくれる人に愛される。感情に素直に従えば、ご縁ある人と結ばれる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

作り笑顔でなくても、愛してくれる人に愛される。感情に素直に従えば、ご縁ある人と結ばれる。

作り笑顔でなくても、愛してくれる人に愛される。

恋愛であれ、仕事であれ、顔見知り程度の関係であれ、どうせ出会って話す人、関わる人なら、楽しく笑顔で関わりたい。笑顔で接してくれる人と話したい。
小川健次Blog
もちろん、時と場合にもよるが、しかっめつらで、眉間にシワ寄せてばかりいる人とは、話していても楽しい気分にはなかなかなれない。

あなたが他人に対して、そう思うように、他人に笑顔を求めるように、他人も同じように思うし、求めてる。だからこそ笑顔でいることは大事だし、言うまでもなく笑顔はコミュニケーションにおける、最大の武器であるということは当然。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画でも、頻繁に言っているように、人は自分に好意を見せてくれる人が好き。そして好意のサインは笑顔。

だから笑顔の人は愛される。いや、愛されるまでいかないにしても、少なくとも敵意を向けられることはない。ならば笑顔を見せて、損することはない。





とはいえ、誰だって四六時中笑顔でいられるかといえば、そうじゃない。その場そのときの状況や、その場そのときの気分によっては、笑顔じゃいられないときもある。

どんな相手であろうとも、それが誰であろうとも、どんな状況環境であろうとも、心からの笑顔を人に向けられるような、仏様のような人はいやしない。いや、この地球のどっかにはいるのかもしれないが、少なくとも僕はそこまでの人を知らない。

誰だってイラつくこともあれば、ムカつくこともある。なのに、それらをまるで無いかのように、いい子ちゃんヅラを四六時中しようとすれば、そりゃあなたも疲れるのも当然のこと。

そして何より、あなたがそうやって、自分を無理して抑え込み、とにかくその場を穏便にやり過ごすことばかり考えるから、相手は増長する。さらに、その相手がクズ男だったりすれば、クズっぷりがますます増長し、あなたは都合のいい女にされるだけ。

<参考関連記事>
都合のいい女になる理由は、〇〇するから。尊重され大切にされる女に、共通すること。

周囲の人だって、あなたがいつでも、心からの笑顔を見せてるなんて思ってない。ムカついてるんだろうし、イラついてるんだろう。それって、作り笑顔でしょ。なんてことは見抜かれてる。

だったらそこで気を使う必要なんてない。笑顔になってみたところで、どうせ作り笑顔。楽しくて笑ってるんじゃない。だからどう見ても違和感がある。感情と表情が別々のことやってるから、ストレスだって溜まる。その作り笑顔で幸せになる人は、あなたも含めて一人もいない

感情に素直に従えば、ご縁ある人と結ばれる。

ムカつくことはムカつく。イラつくことはイラつくし、楽しくないことは楽しくない。だってそれ本音なんだもん。しょうがないでしょ。それを無理して取り繕って得することがあるならば、そうすればいい。でもそうじゃないなら、自分に素直になっていい。

不必要な作り笑顔は誰も幸せにならない。お互いに不要な気を遣うだけ、お互い気疲れするだけのこと。

確かに、大人の世界では理不尽さに耐えてでも、笑顔でいなきゃいけないこともある。楽しくなくても笑ってたほうが、実害少ないことも、そっちのほうが都合のいいこともある。でもそれは、そのほうが得だから。そうしたほうが都合がいいから。

そういう意味では、時と場合を見極めて、ある程度の損得勘定は必要になることもある。ただ何も考えず、自分の感情に流されたまま、いちいち自分の素をブチ撒けているようじゃ、弱肉強食の社会は生き残れない。

生き残るためには、笑いたくないときでも笑ったほうがいいこともある。それくらいの器用さはあったほうがいいに決まってる。





でもね、そういう具体的なメリットでもないならば、別に無理して作り笑顔でいる必要はない。もっと自分を出してもいい。

何より、あなたが自分の感情をちゃんと表に出さないと、相手だってあなたが何を思い、どう感じているのかがわからない。あなたが感情を表に出さず、ただ作り笑顔でその場を流してしまえば、相手はそれを肯定と捉える。もしくは中身のないヤツと思われるだけ。

大丈夫。あなたの感情は、素直に表情や態度に出して。むしろそのほうが、コミュニケーションギャップが埋まるから、お互いの理解が深まる。それこそ信頼だって深まるのだから。

あなたが感情を、素直に表情や態度に出すことで、あなたのことを嫌うようなら、その人はどうせあなたのことが嫌いでしょ。今取り繕うことができても、やがて素がバレたときに嫌われる。だから、そういう人とはご縁がなかった。ただそれだけ。

笑顔でいたほうがいい。これ大前提。笑顔は好意と受容のサインだから。何より、笑顔でいれば、あなたの心が明るくなる。笑顔でいるから、結ばれるご縁もある。笑顔でいるから、ツインソウルもソウルメイトも引き寄せる。

<参考過去記事>
ツインソウルもツインレイも、直感が引き寄せる。魂のパートナーを、見分ける方法。

正当で合理的な理由が無い限り、無理して作り笑顔をしなきゃいけないなんてことはない。つくり笑顔でいる必要だってない。作り笑顔でいたところで、あなたを嫌いな人は嫌いだし、相手に誤ったメッセージを送るだけ。逆に大切な人との関係をおかしくするだけ。

ときと場合に応じて、無理せず感情を解き放てばいい。言葉と態度で示しても大丈夫。そうすることで、逆にそんなあなたを愛してくれる、信頼してくれる人とのご縁を引き寄せるのだから(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻して自然な笑顔になるための、個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。