小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きな人の前で、緊張しないで話す方法。言いたいことを言うために、大切なこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


好きな人の前で、緊張しないで話す方法。言いたいことを言うために、大切なこと。

言いたいことを言うために、大切なこと。

時と場合に応じて、適切な言葉を使うということは、意図を正しく相手に伝えるとともに、お互いの愛と信頼を深める上では、大事なこと。
小川健次Blog
だからと言って、あなたが発した言葉のすべてが、相手の心の奥底に突き刺さるかといえばそうでもないし、ましてやすべての言葉が記憶に残っているかといえば、そんなワケない。

もちろん、その内容がよっぽど重要なテーマであったり、その人の感情を刺激するような言葉であったりすれば、その人の心に突き刺さることもある。記憶に残ることもある。

でも実のところそういう言葉なんてほとんどない。あっても発する言葉の全体量からしてみれば、ごくごくわずか。ホントに他人の心を揺さぶる(良くも悪くも)言葉を発する機会なんて、日常の生活の中ではほぼ無いに等しい。

要するに、人は人の話のほとんどを聞いてない。あなたが好きな人も、あなたの話を聞いてない。聞いていたとしても自分に関連する事項と、その要旨のみで、その前後の文脈にある、その他の事項なんて、耳で聞いてても心で聞いてない。

あんまり言いたくないが、あなただって、毎朝無料配信している僕の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを読んで、その場は「へー」と思っても、その1時間後には忘れてる。

そりゃそうですよ。あなたの好きな人だって、あなたの話しのすべてに対して、いちいち集中して耳を傾けていたら疲れるし、そんなに心の余裕もない

誰であれ聞くべきことと、流すことを無意識に分別しつつ、流すことは流しながらも、その要旨だけを何となく心に留めておいているだけ。そしてあまり自分に関係なければ適当にスルー。キャッチしてもソッコーでリリース。





にも関わらず、いくら好きな人が相手だからとはいえ、緊張したり、発する言葉に対して、慎重になりすぎるってのは、無駄なこと。だって、あなたの好きな人は、あなたの話しを聞いてないし、覚えてない。心になんか残ってない。

好きな人の前だから、緊張してうまく話さないといけないとか、失言しちゃいけない、なんてことを考えなくていい。そうやって余計なこと気を回して考えすぎるから、余計に緊張するし、余計にうまく話せなくなる。

うまく話せないから、その場でテンパって、自分が何を言ってるかさえわからなくなる。本当に言いたいことが言えず、伝えられなかった自分に自己嫌悪。

発したい言葉を好き勝手に発すればいいんです。どうせみんな聞いてない。聞いてもどうせ忘れてる。あなたの好きな人でさえ、あなたの言ったことのほとんどは、まともに聞いていないんだから。

とはいえ、最低限守っておくべきことはある。そこを守らないから、何を言うか以前に、LINEさえ既読スルーされることになる。

<参考関連記事>
LINEを既読スルーされる人に、共通すること。人に好かれる人に、共通する言葉の使い方。

丁寧に、失敗しないように、なんて、あなたが思って言葉を発したところで、そのほとんどを、あなたが好きなあの人は聞いてない。

だから、無駄にまわりくどいことは言わなくていい。余計な駆け引きも必要ない。本当に伝えたいと思うことを、自然な心の動きに従って、そのまま言葉にすればいいだけ。それだけで、あなたの言葉は、あなたの好きな人に伝わる。

好きな人の前で、緊張しないで話す方法。

当たり前のことだが、言葉は大事。言葉は心を豊かにもするでしょうし、傷つけもする。だから言葉は選ぶ必要があるし、発する時と場所によっては、発する言葉の選び方に、慎重である必要もある。

逆に言えば、慎重じゃなくてもいい場面では、慎重じゃなくたっていい。いちいち緊張しなくていい。毎回慎重になって、緊張してたら気軽な会話なんかできないでしょ。

そして同時に、自分の発言をあまり引きずらないことですよ。あの人にこういうこと言った。こういうことを口にした。って、そんなこと気にしててもまるで意味ない。

だって、あなたの発した言葉を、あなたの好きな人は覚えてない。覚えていても、あなたが気にするほど気にしてない。

好きな人の前に限らず、緊張してうまく話せないのは、あなた自身が、あなた自身の言葉に縛られているから。あなた自身の言葉に、過剰な期待をしているからなんです。





大丈夫ですよ。あなたの言葉には、そんなにあなたが思うほど、期待するほど、あの人に効果も影響力もないから。

ならば余計なことを考えず、変な期待感も抱かずに、思ってることをそのまま言葉にすればいい。いつもと態度を変えず、話し方も変えず、普段通りの口ぶりで、自分の心の動きに従って、口を突いて出る言葉の流れに身を任せていい

日頃、身近な友達や家族、会社の仲間には、言いたいこと言えてるでしょ。緊張せずに話せているでしょ。それと同じことですよ。あなたの好きなあの人も、会社の仲間も、あなたの話しを聞いてないし、覚えてないのは皆同じ。

それに、どんなに流暢かつ綺麗な言葉で話せて、その内容をすべて正しく、好きな人に伝えられたところでも、言葉だけでは伝わらないことが多いもの。

<参考関連記事>
大切な人に、思いを正しく伝える方法。なぜ言葉で伝えても、わかってもらえないのか。

好きな人の前で、緊張しないで話したいなら、期待をしないこと。あの人は、あなたの言葉の全部を聞いてくれてるワケじゃない。覚えててくれてるわけでもない。そんな相手に緊張するのもバカバカしい。そんな開き直りで、自然に話せばうまく話せる。

本当に言いたいことを、言えるようになりたいなら、大切なことはただ一つ。いつもと同じように話すこと。だって、いつもは言いたいことを言えてるんだもん。そのときと同じ心境で話せば、言いたいことが言えるようになるってもんですよ(^。^)y-.。o○

【思いを伝えられるようになるための、特別なサポート】
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。