小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたが思うほど、他人はあなたのことを気にしていない。他人にどう思われるかを考えなければ、もっと自由にいろいろできる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたが思うほど、他人はあなたのことを気にしていない。他人にどう思われるかを考えなければ、もっと自由にいろいろできる。

■気にするほど他人はあなたを気にしてない。

好む好まざるとに関わらず、自分以外の誰かと直接的間接的に関わらなければ、生きていくことは難しい。

小川健次Blog

人は社会的な生き物である以上、無意識的にでも他者との関わりの内容によって、自分の立ち位置を測るもの。だから必然的に自分以外の誰かとの関わりを求める。


するとどうしても、自分と関わる人が、自分のことをどう思っているかというのが、気になってくる。

あの人は自分をどう評価しているのだろうか。あの人は私に好意を抱いているだろうか。それとも敵意を抱いているのだろうか。昨日の会話のやりとりを気にしていたりしないだろうか。

でもね、実際には、誰もあなたのことなんか考えてない。気にもしてない。

みんな忙しいんです。あなたも忙しいし僕も忙しい。その忙しい中で、いちいち特定の誰かのことについてなんか考えませんよ。過ぎた会話のやりとりの内容についてだって、その場は考えることがあっても、とっくの昔に忘れてる。

他人は自分が思うほど、こちらのことなんて考えてない。

あなただって言うほど特定の誰かのことについてなんか、考えないでしょ。そりゃ特別思い入れのある相手なら違うでしょうが、それ以外の人のことはほとんど考えない。

小さないざこざ。ささやか失敗や失態。思い出すとイタい話し。そんなの誰も気にしてませんよ。言われてはじめて、あーそーゆーこともあったのねー。へーそーなんだー。とっくの昔に記憶の彼方へ消えて無くなってるんです。

要するにね、他人とのあれこれについて、気にしてるのなんてあなただけ。他人にとってはどうでもいいこと。あなたが気にするほど気にしてなんかいませんよ。それほどクソ面白い話しならいざ知らず、そういうことでもないでしょう。

なのに、あの人に嫌われてるんじゃないか。変な目で見られてるんじゃないか。そんなことで不安になったり心配になったりして、ストレス感じてること自体が無駄だしバカバカしい。

そもそもあの人はあなたのことなんか考えてない。あなたが何を言って、あなたとどんなやりとりしたかなんて気にしてない。あなたが不安になっていたとしても、あの人は今頃、鼻くそほじくりながらワンピースでも読んでますよ。

それが仮にお互いにとっての誤解につながるようなことだとしても、その誤解はどうせ解けるもの。ならば気にせずドーンと構えていればいいんです。

<参考過去記事>
大切な人とのすれ違いも、不安に思わず信じていれば大丈夫。誤解は必ず解けるし、想いが届くときは必ずくる。

とはいえ、それがホントに相手の気分を害することだったり、お互いにとって早めに解決を要するようなことであれば、それはそれとしてスルーしないでちゃんと対応すればいいだけのこと。

まあ、いずれにしても他人にどう思われてるか、そんなこと気にする必要なんかないんです。あの人に嫌われるんじゃないか。悪く思われるんじゃないか。そんなこと誰も気にしてない。だからもっと好き勝手にやればいいんです。

■本当に気にするべきは大切な人のこと。

言うまでもなく、社会の一杯常識や大人のマナーという範疇で、他人の目を気にする必要はあるでしょう。

それさえもガン無視で好き勝手にやれば、それこそ完全孤立で誰も相手にしてくれなくなる。でもそんなことは意識しなくたって、自然に誰もが気をつけてることだからいいんです。

特段気にするようなことでもない小さなこと。他人とのやりとりの中での小さないざこざ。自分の小さな失敗や、失態。そんなの誰も気にしてない。覚えてさえいない。それこそあなたのこと自体も考えてない。

とはいえ、現実にはあなたのことをいつも考えてくれている人もいるでしょう。あなたを大切に思ってくれて、いつでも気にかけてくれる。そしてあなた自身も大切だと思える。そういう人はいるでしょう。

その人の思いには応えればいい。その人のことは考えて気にすればいい。まあでもそういう人のことも、別に意識しなくたって、自然に誰もが気をつけてることだからいいんですがね。

その一方で、ほとんどの人はあなたのことなど大切どころか、別に考えてもいないんです。そんな人たちにどう思われているかを気にして、ストレス感じるたところで得るモノなんて何もないじゃないですか。

ほとんどの人はあなたにとって通りすがり。性格や人柄の良し悪しに関係なく、あなたの人生に大きな影響を与えるようなことのない人ばかりです。そしてそれは、向こうから見た場合も同じこと。

だから気にすることなんてありませんよ。その人たちにどう思われるかなんて考える必要もない。だってその人たちはあなたのことなんか、気にもしてなきゃ考えてもいないんだから。

そこにエネルギーかけるなら、あなたのことをちゃんと考えてくれている人、あなたが心から大切だと思える人、彼ら彼女らとの信頼関係を強くすることにエネルギー向ければいいじゃないですか。

<参考過去記事>
愛されていることに気が付けば、さらなる愛が引き寄せられる。身近にある愛を見逃さないよう、他人の気持ちに想いを巡らせよう。

冒頭にも言いましたがね。自分以外の他者の存在が無ければ、人は生きていくことはできない。そういう意味ではすべての人に感謝の気持ちは必要でしょう。だとしても、いちいち細かいこと気にして自分の身動き取れなくなるなら本末転倒ですよ。

いいんです。誰もあなたのことなんか気にしてないから。ほとんど見てもいないし、関心さえ持ってない。だから不安も心配も不要なこと。言いたいこと言えばいいし、やりたいことやっていい。過ぎたことに縛られることもない。

まあ実際には、そのくらい気にせず開き直ったほうが、やりたいことが自由にやれるようになり、他人との関係だって、広い意味でうまくいくことが多いですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。