小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

既読スルーされる理由は、大したことじゃない。妄想で不安にならなくても、大丈夫。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/10/15更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第50回

裏切り、浮気、事故…不幸の連鎖、占いにすがったキャリア女子の結論

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


既読スルーされる理由は、大したことじゃない。妄想で不安にならなくても、大丈夫。

既読スルーされる理由は、大したことじゃない。

あの人があなたのことをどう思っているか。誰であれ、そんなことが気になることはある。しかも、送ったLINEのメッセージが既読スルーでもされたなら、ますます気になる、もっと気になる。
小川健次Blog
自分のことをどれくらい考えてくれているのか。送ったメッセージをどう思ったのか。既読スルーする理由は何か。あれこれ気になって仕事でさえ手につかなくなる。

でもね、先に言っとく、どう思ってるも何も、そもそもあなたが考えてるほど、あの人は、あなたのことは考えてやいないし、気にもしてない。既読スルーする理由もホントのところは大して無い。

もちろん、まったく何も考えてないワケじゃない。何とも思ってないかといえばそうでもない。好きか嫌いかといえば好きでしょう。LINEのメッセージも既読になってるわけだから、一応は読んでるし、内容も理解した。

だからといって四六時中あなたのことを考えているワケじゃない。あなたのことについて細かくあれこれ、気にしているワケでもないでしょう。受け取ったLINEも、今すぐ返事をしなきゃいけない必要性を感じてさえいない。

だって他に優先順位の高いものがある。毎日あれこれ考えることがある。やるべきこともある。家のことや家族のこと。あっちこっちと目まぐるしい日常を送ってるんです。あなたも忙しいし、僕だって忙しい、あの人だって忙しいんです。

あなただって忙しい毎日の中で無料配信中の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを全部読む余裕がないときあるでしょ。死ぬほど好きなあの眉毛の太いイケメンのことだって、実は考えていない時間のほうが圧倒的に多いでしょ。

にも関わらず、その慌ただしい日常の中で、ジッと誰かのことについて、延々と考えることなんか無理でしょ。あなたの一挙手一投足を観察したり、言葉一つ一つを読み解いたりしながら、あなたの真意について深く考える暇はないんです。

あなたの送った長文LINE。その内容を吟味して、そのいちいちに回答できるほどの余裕がないんです。別に好きだからとか、嫌いだからってことじゃない。ただそれを読み込み、ゆっくり返信書いてられない。ただそれだけ。

でもおおよその意図はわかる。既読になってることもあなたに伝わっている。だからそれでいい。せいぜい返信したところで「了解」「ありがとう」その一言程度で終わりですよ。

短い文章なのに返事がない。それも同じことですよ。短いなら読んで納得。それで終わり。それ以上も以下もない。好きも嫌いもない。既読にしました。読みました。はい既読スルーで終わり。それだけのこと。

それ自体には意味はない。冒頭でも言ったように、それほどあの人は深く考えてるワケじゃない。好きだから長文で返す。好きじゃないから返信しない。なんてことさえ考えない。だって別にそこまで気にしてないんだもん。他に考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことあるんだもん。

あのね、あの人はそんなに深く考えちゃいませんよ。好きとか嫌いじゃないんです。だからね、既読スルーされた、LINEの返信が遅い、なんてことくらいで妄想を膨らませないことです。あの人にはあの人の生活がある。それだけのことなんだから。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

なのに勝手にあれこれ妄想する。やっぱり嫌われてるんじゃないか。あのときのあれがいけなかったんじゃないか。いや、やっぱりあの人は私のことを大切に思ってくれてない。ムキ―ッ! そしてさらなる長文メールを連投し、気づいたときにはLINEブロックされてさようなら。

妄想で不安にならなくても、大丈夫。

それがどんなに身近で、どんなに大切な人だとしても、他人ってのはあなたが思うほど、あなたのことは考えてなんかないんです。あなたが意味を込めて送ったLINEも、あの人にとってはそんなに意味あることに思えない。

一応これも何度も言っておきますが、考えてないワケじゃない。大切に思っていることも間違いない。でもだからといって、いちいちずっと考えてるかといえば、そうじゃないでしょってこと。

LINEが既読スルーされたことをあなたが気にしていたとしても、あの人はまったく気になんてしていない。え? そうなの? 何でそんなこと気にすんの? 逆にそう不思議に思われて話しは終わり。だいたいそんなもん。

いつも言ってますけどね、あなたはあなたの人生の主人公ではあるけれど、他人の人生からしてみれば、脇役の一人にすぎないでしょ。他人は他人の生き方の中で、そこで培った価値観や考え方に基づいて生きてるんです。

だから、あなたが思ったり、考えたりすることを、あの人も同じように思っていたり考えたりしているかといえば、そうじゃない。

既読スルーするってことは、私のあの言葉がいけなかったんじゃないか。あの人に嫌われたんじゃないか。んなこと考えてもしょうがない。それで右往左往するのもバカバカしい。

あまり気にしないことですよ。あの人の態度、あの人のレスポンスの有無に過剰に反応する必要ない。だってそれ、あなたが原因じゃないから。あの人はあなたが想うほど、あなたのこと気にしてないから。

とはいえ、それがあなたにとって、大切な人ならば、少なからずそれで心に波風立つってのもわかりますよ。一切合切気にするな。ってのも無理があることでしょう。

そういう意味では、多少気にしたり、心に波風立つのは仕方ない。人間だもの。それでも、最後の最後は信じて委ねて、期待に執着しないで手放す。

明らかに嫌われているなら、既読スルー云々以前にわかるじゃないですか。日頃の態度や、口ぶりで、あ、シャッター閉められてる。もう完全にOUTになってる。そういうときはそれはそれで、諦めるしかない。だって嫌われてるんだもん。

でもね、そういう要素は特にない。日頃の関係は良好で、特段お互いに自然なこともない。だったら既読スルーの一度や二度くらいでジタバタするな。暴れるな。不安にとらわれて、追撃の長文LINEを送るな。

不安なるから、追撃しても、それが押し付けがましくなって、ガチの既読スルーになる。ただ忙しいだけの既読スルーではなく、関わりたくない意味での既読スルーに切り替わる。

<参考過去記事>
既読スルーされるLINEに、ありがちなこと。押し付けるほどに、スルー率が高まる。

既読スルーされる理由は、あなたが思うほど大したことじゃない。あなたが思うほど、あの人はあなたのことを気にしていないし、あなたのLINEに深い意味を感じていない。ただ忙しい。返信の優先順位が低い。それだけのこと。

妄想の中で、不安や心配になって、苦しむ必要なんてない。気にしても意味のないことを、必死に気にしても空しいだけ。あの人にはあの人の都合がある。そう開き直って手放せば、もっと穏やかな気持ちで、あの人との関係を深めていけるから(^。^)y-.。o○

執着を手放して、愛とお金を引き寄せる特別講座

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



11月札幌
小川健次


11月大阪/12月福岡
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。