小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心から大切だと思える相手にだから自信が持てる。劣等感に支配されていれば誰も大切にできない。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

心から大切だと思える相手にだから自信が持てる。劣等感に支配されていれば誰も大切にできない。

■決めるのはあなたじゃない

誰だって、人には言えない、いや言うにしてもあまり誇って言えない、むしろ言いたくない自分のこと、他人と比べて劣等感を感じることの一つや二つはあるでしょう。

kage

まあときどき、劣等感なんか欠片も感じることのない、完全無欠で自信満々という人もいますが、それはここでは例外に。


または、多くの劣等感をバネに、こんちくしょーパワー炸裂でモティベーションを高める人もいます。これはこれでエネルギーの肯定的な変換ということでいいのでしょう。

その一方で自分が他人と比べて劣っていると感じていることや、他人に言えないと思うことばかりを気にしていて、セルフイメージを無駄に下げてしまっている人というのもいたりします。

自分はそういうところ相応しくないから。自分はこういう人と対等に話せる立場じゃないから。自分なんかはとても相手にしてもらえないだろう。

って、おい。

その場に相応しいかどうかは、その場の空気が決めること。
あなたが決めることじゃありません。

対等に話すかどうかも、
あなたの専決事項じゃなくて相手も決める権利があるんです。
相手にするかどうかも同様です。

なのに何勝手に先に決めてんの? どんな権利で決めてるわけよ?

年齢がー。容姿がー。性格がー。過去の失敗がー。社会的地位がー。

ってそりゃ自分自身の劣等感の根拠として、いろいろ思うところもあるでしょう。でもその良し悪しを決めるのはあんたじゃないから。相手だから。

自分が劣等感に思っていることだって、相手から見たらそうじゃないこともある。
太い眉毛がカッコよすぎて、そこにシビれるあこがれるぅー!という人もいれば、顔についたその海苔ちょっとどけてくれる、という人もいる。

劣等感なんてもんは、あくまで自分自身の価値基準に従ってのものにしかすぎない。他人から見れば違う何かが見えるんです。

■着目すべきは自信のあること

とはいえ、劣等感を消せるかというとそれはそれで簡単なことじゃない。無理ではないし方法もありますが、手間かかるし、ここで書くには実用的なレベルまで書き切れないので割愛。

なので、まずすぐにできることとしては、劣等感を抱くことに着目しないことですよ。

自分にとってマイナスだと思うことなんて、探して考えてみれば誰だってありますよ。しかも他人と比べてたらきりがない。

それより自分にとって自信が持てること、自分ができることに着目する。

さっきの例で言うならば、自分がその場にいるのに相応しい理由。自分がその人と対等に話していい理由を考えればいいんです。

そのためにも日常的なアファーメーションは積極的にするべきなんです。

<参考過去記事>
アファーメーションで心のプログラミングを書き換える

そして、自信を持つための理由はなんだっていいんです。
自分で納得できれば他人がどう思うかなんて関係ない。それに、他人はあなたがそう扱って欲しいと思う通りにあなたを扱うものだし。

あなた自信がそれを当然だと思えば、周りはそれに従ってあなたに接する。
だから当然として着目すべきは劣等感に思うことでなく、自分にとって自信を持てることでいいんです。

まあもっと言ってしまえば、周囲を見渡して自分が自信を持てることなんかなくたっていいんです。そこは劣等感持ってもいい。よくはないけど、この場ではよしとする。

ホントに重要なことは、あなたにとって大事な人。あなたが心から守りたいと思う人。あなたが愛の念力送りたい人に対してだけは、あなたが自信を持てることを前面に押し出して、あなた自身もそこに着目することです。

だいたい自分にとって本当に大事な人だと思うなら、自分は必ずその人の力になれるということくらいは自信を持つべきでしょう。

つまりは本当に心から大切にしたいと思える人がいたり、大事な人のことを考えたりしていれば、自然と自信がついてくる。劣等感なんか気にしている場合じゃなくなるってことですわな(^。^)y-.。o○

自分自身を棚卸しして自信を持てる何かを見つける方法

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。