小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

嫉妬しない方法で、心を軽くしよう。言葉の力で、嫉妬心を抑えよう。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/08/04更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第92回

脈アリなのに進展しない…。肉食女子の憂鬱と男心

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

嫉妬しない方法で、心を軽くしよう。言葉の力で、嫉妬心を抑えよう。

嫉妬しない方法はあるのか。

いまいちうまくいかない。そんなときに限って、別の誰か、よそのあの人がうまくいってるのを見聞きすると、なぜだか心が落ち着かなくなる。なぜだか心がザワつき、かき乱される。
小川健次Blog
あなたが大切に思うあの人が、あなた以外の女と楽しそうに話してる。軽いボディタッチを交えながら、親密そうに話すその光景を見て、心の中でつい毒づいてしまう。この泥棒ネコめ。

いや、だからと言って、うまくいってるあの人や、彼と話すあの女が憎いってことじゃない。そもそも嫌いになる理由だってない。ただ、あなたよりうまくいってるのが気にいらないだけ。あなたより、あの人と仲良さそうなのがムカつくだけ。それらが面白くないだけ。

つまりは嫉妬。心の中で、冷たく燃え上がる青白き炎。私はうまくいってないのに、なんであの人ばっかり。私の大切な人なのに、なんで私より仲良さそうに。ちっくしょー。失敗して不幸になれ。ダメになれ。あんたなんかあの人に嫌われてしまえ。

なんとか心を平穏にしようと、僕が毎朝無料配信中の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを読んだり、YouTubeの動画を観たりしても、そのイラつきはなかなか収まらない。

嫉妬に右往左往してしまう気持ちはわかる。良し悪しに関わらず、人は自分と他者との比較によって、自分の立ち位置を決めるもの。他人が幸福そうに見えるほど、自分が下げられていく気がする。彼との関係が浅くなっていくような気になるもの。

とはいえ、嫉妬であなたや誰かが幸せになるかといえば、そういうこともない。嫉妬の炎が燃え上がるほど、あなたはイラつく。気晴らしに、その人を蹴落としたところで、周囲からのあなたの信頼と評価が下がるだけ。人を呪わば穴二つ。





嫉妬に心が支配されているのは損なこと。それが儲け話しになるわけでもない。あなたも、大切なあの人も、周囲の皆だって、不幸になるだけ。いや、嫉妬すればするほどお金が儲かるなら、それでもいいかもしれない。でもそんなことない

だいたいね、大切なあの人が、他の誰かと楽しそうにしてたところで、ホントのホントに大切な人だと思えている相手なら。そんなことで心揺さぶられることだってないはず。

そんなに心揺さぶられなくても大丈夫。あなたが心配するほど、彼の考えには大した中身もないし、あなたが彼を本当に愛しているなら、信じて委ねていい。

<参考関連記事>
彼の考えには、心配するほどの中身はない。彼を信じて委ねると、愛と信頼が深まる。

嫉妬心が芽生えるってのは、あなたが心のどこかに不安や、自分がその人より、下であるという卑下した感情があるということ。つまり、嫉妬すればするほど、あなたはあなた自身を、貶めているというのと同じこと。

だって、あなたが余裕のあるとき、大切なあの人との関係に絶大な自信を持っているときは、嫉妬の感情なんか芽生えないでしょ。誰かを妬むこともなければ、その人を攻撃しようなんてさえ思わないでしょ。

言葉の力で、嫉妬心を抑えよう。

嫉妬したところで、百害あって一利なし。誰も幸せにならないし、何よりあなたが苦しいだけ。ならば嫉妬はしたくない。そんな感情を持ってしまう、自分を変えられるものなら、変えたい。

って、それはやっぱり無理ですよ。上でも言ったように、人は他人と比べてしまうもの。よっぽど悟りでも開いたとかで、達観した心の持ち主でもなきゃ、やっぱり誰かと比較する。不安もあれば心配もある。嫉妬もする。

だからね、嫉妬心を無くしたいと思うだけ無駄。そんなの無理。ならば現実的な対応としては、嫉妬心が生まれたときに、どうするか。心の中で冷たく青白い炎が燃え始めたときに、それにどう対応するかを考えることですよ。

そのためにすぐできるのが、言葉を変えること。あなたがどんな状況であれ、相手が誰であれ、客観的に見て、評価できる結果を出した人を、嘘でもいいから、褒めること。認めることですよ。おめでとう。すごいね。やったね。よかったね。





本音で言えば、あなたがうまくいってないのに、あんなヤツを褒めたり認めたりするのはイヤでしょう。心の奥底ではこんちくしょーと思ってる。でもね、それでも言ってみる。大事なことは、嘘でもいいから、口にすること。言葉として発すること。

祝福と賞賛は心の余裕の証。あなたが、自分を卑下して嫉妬せず、ただ純粋に、心からその人への想いを抱けたときに送れる言葉。それが祝福と称賛。今はそうじゃないかもしれないが、それを言葉にすれば、感情は言葉に引きずられていく。

やがて嫉妬の感情も薄らいでくる。もちろんゼロにはならない。それでも嫉妬で苦しんでるだけよりはマシ。何より、あなたの祝福と称賛を、相手が喜んで受け入れてくれれば、あなただって悪い気しないはず。お互いがギスギスすることもなくなる。

それにね、周囲の人、あなたの大切な人だって、あなたが、他人への嫉妬を露わにして、感情的に攻撃的なことばっか言ってれば、ドン引きされるだけ。それより祝福と賞賛の言葉を言えている、優しいあなたと関わりたいし付き合いたい。

そしてあなたが嫉妬の気持ちをググっと抑えて、愛ある言葉と行動を示せば、あなたにも愛が引き寄せられる。やがて嫉妬も消えてなくなる。

<参考関連記事>
愛を注ぐから、愛を引き寄せる。失う不安と恐怖を手放すと、ご縁が結ばれる。

人間であれば、嫉妬を完全にゼロにすることは難しい。それでも、嫉妬心を押さえて、心を軽くすること方法はある。ただ、嫉妬だけでしていても、イライラして疲れるだけ。あなたも彼も周囲の人も、誰も幸せにならない。

そのためにも、まずは言葉を変えてみる。嫉妬心をコントロールして抑えつつ、あなたの心を軽くすればいい。そうしてできる、あなたの心の余裕が、あなたを支えてくれる人を引き寄せる。今はしんどくても、最後は幸せになるってもんですわ(^。^)y-.。o○

嫉妬してしまう心をコントロールする方法
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。