小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

些細な喧嘩で、お互いを傷つけ合わないようにするには。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

些細な喧嘩で、お互いを傷つけ合わないようにするには。

■悪意のない人はいない

誰の心にも、多かれ少なかれ、悪意というやつはある。もちろん悪意より善意が上回っているのでしょうが、それでも悪意がゼロになるかといえばそうじゃない。
小川健次Blog
良い人に見えるあの人も、人格者で評判のあの人も、心のどこかでくすぶる黒い塊ってやつはあるんです。

そういう意味では完全なる聖人君子なんていませんよ。純粋無垢で天使のように真っ白い心を持った人なんてのは、眉毛の太いあのイケメンボーイくらいなもんでしょう。

まあ悪意と言ってしまうと、少し言葉がキツいかもしれませんがね、要するに、周囲の人や、環境に対してあまり好ましくない考え方ですな。つまりは愛と善意に満ち溢れた、小川健次メールマガジンで述べているようなこととは、真逆の考え。

あくまでも程度の問題ですよ。悪い人ではないし、それこそ外道と言われる部類じゃない。いい人ではあるけれど、ちょっとした悪い心。あの人を困らせたい。他人を顧みずに自己中心的になりたい。自分で意識はしていなくても、心の奥底でうごめく悪い心は誰にでもあるということ。

そしてその手の悪意と言うヤツは、ときに出来心で、ときに何かのモノの弾みで、それこそそのときの気分で、突然ひょっこり顔を出す。

でもそれは、たまたまその場そのときその状況で、出てきただけのこと。本来持っている心の中にある、ほんのわずかな一部分が、瞬間的に顔を出しただけ。だから、それが見えたからと言って、その人が悪人かといえばそうじゃない。あなたを嫌っているか、攻撃しているかといえばそうじゃないんです。

今は、あなたに対してネガティブな対応をしたかもしれない。悪意を向けてきたかもしれない。でも、いつもはそうじゃないワケでしょ。今とは違う状況、違うタイミングであれば、あなたにそういう反応してないワケでしょ。

だからね、少しくらい、あなたに対しての態度がネガティブだったからと言って、それくらいのことで、あの人への信頼を揺るがさないことですよ。あの人にもそういう一面がある。今はたまたまそうだった。でも総じて大切な人だと思える。ならそれでいいじゃないですか。

まあ中には正真正銘のクズってのもいますから、そこを見極めるくらいの冷静さは必要ですが。

<参考過去記事>
別れたのに連絡してきて、会いたいと言う男には近づくな。男が別れた相手に連絡してくる、2つの大きな理由。

その人が、日頃からよっぽどゲスい振る舞いや言動をする人でなければ、あまり気にしないことですよ。あなたに対して感じ悪かったり、攻撃的な態度、嫌っているかのような態度をしたとしても、それはたまたまたそのとき、そういう一面が表に出てきただけのこと。

あくまでも一面なんです、人には誰にでも悪いところがある。だからといって悪人ではない。今たまたま見えてその人の悪意は、その人の人間性の全てを反映しているワケじゃない。その人があなたにとって大切な人ならば、それくらいのことで右往左往しなくていい。

■信じて認めて受け入れよう

誰の心にも悪意はある。でもよっぽどの腐れ外道は別にして、人は悪意より善意が上回る。ましてや、あなたの大切な人。身近な人。その人が、あなたを不幸や不快にして気分がいいワケないでしょ。今はたまたまそういう一面が出ただけのこと。ホントはいい人。器の大きい人格者。

だから、そこで心に波風立てなくても大丈夫。あの人に不信感を持つこともない。あの人を信じていて大丈夫だから。

それでメンタルやられそうなら、少し距離と時間を空ければいいんです。とりあえずは相手しない。スルーする。そして落ち着いて間を取る。そうして、また違うタイミングで向き合えばいいだけ。

そこでガチンコで反応するから、抜き差しならい状態になるんです。悪意に悪意を返せば、双方の悪意が増幅して収集つかなくなるほど大きくなる。そうなりゃ、最後は決裂しかなくなるでしょう。そんなことでお互い泣くハメになるのもバカバカしいこと。

一応言っておきますがね、悪意を向けられても、それを我慢しろってことじゃない。我慢というのは受け容れて、自分の中で押し殺すということ。それじゃストレスが溜まるでしょ。それに、あなたが我慢をするほどに、相手も増長することになる。

我慢はしなくていい。流してその場は相手にしないだけ。そして基本は相手をリスペクトする態度は変えないことですよ。相手の善意を信じて尊重する。今はたまたま、悪い一面が出てきているだけのこと。

ハナっから、そういう前提ですよ。すっごくいい人。優しい人。でもそれ全部じゃない。仮に9割そうだったとしても、残り1割には悪い心がある。だからといって、その人がどうのこうのじゃないんです。誰にでもそういう面がある。それはそれで認めて許して受け容れる。

そこをちゃんと押さえておけば、大切な人と少しくらいトラブっても、大事には至らない。ジタバタせずに、冷静に対処することができる。お互いを無駄に傷つけ合うこともなくなる。

他人の心にあるネガティブな要素、悪い一面も、許して受け容れる。許して認める。細かいところで良し悪しはあるにせよ、全体としては好き。全体としては大切な人。それでいいじゃないですか。どうせ大した意味もないこと。細かいことでピーピー泣かない騒がない。

<参考過去記事>
彼の言葉のほとんどに、大した意味はない。スルーできる心の余裕が、幸福を引き寄せる。

あの人に悪い心があるように、あなたにだってあるんです。それをあの人は許してくれている。それも含めて全体としてのあなたを、受け入れてくれているワケでしょ。なら、そこはあなたも許して認めて受け入れる。

とはいえ、いくらなんでもそりゃねえだろ。と許せないことはある。それはガチンコで徹底的にやればいい。でもそうでもないようなこと。少しくらいイラっとさせられる。ムカっとさせられる。それこそ心配させられる。その程度のことなら、華麗にスルーしとけばいいってことですな(^。^)y-.。o○

<許し許される関係つくる方法を、個別具体的にナビゲート>

小川健次パーソナルコンサルティングサービス
コース再編&価格改定に伴う新キャンペーン実施中!
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。