小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼と喧嘩しても、〇〇すれば悲しい別れにならない。深く傷つけ合うこともない。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼と喧嘩しても、〇〇すれば悲しい別れにならない。深く傷つけ合うこともない。

彼の心を知れば、深く傷つけ合うこともない。

誰の心にも、多かれ少なかれ、悪意というやつはある。もちろん悪意より善意が上回っているが、それでも悪意がゼロになるかといえばそうじゃない。
小川健次Blog
良い人に見えるあの人も、人格者で評判のあの人も、心のどこかでくすぶる黒い塊ってやつはあるんです。あなたの大切な彼にだって、そういうものがある。そして彼と喧嘩したときには、彼の心の奥にある黒い塊が動き出すこともある。

そういう意味では完全なる聖人君子なんていやしない。純粋無垢で天使のように真っ白い心を持った人なんてのは、西新宿のエンジェルボーイと呼ばれる、眉毛の太いあのイケメンくらいなもんよ。

まあ悪意と言ってしまうと、少し言葉がキツいかもしれないが、周囲の人や、環境に対してあまり好ましくない考え方。つまりは愛や善意とは違う、ネガティブな何か。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、それにYouTubeの動画ではいつも言っているが、誰であれ、人には多面性がある。あなたも僕もあの人も

あくまでも程度の問題。悪い人ではないし、それこそ外道と言われる部類じゃない。いい人ではあるけれど、ちょっとした悪い心。あの人を困らせたい。他人を顧みずに自己中心的になりたい。自分で意識はしていなくても、心の奥底でうごめく悪い心は誰にでもあるということ。





そしてその手の悪意と言うヤツは、ときに出来心で、ときに何かのモノの弾みで、それこそ、そのときの気分で、突然ひょっこり顔を出す。

でもそれは、たまたまその場そのときその状況で、出てきただけのこと。本来持っている心の中にある、ほんのわずかな一部分が、瞬間的に顔を出しただけ。あなたとの喧嘩の中で、彼からそれが見えたからと言って、彼が悪人かといえばそうじゃない。

今は、あなたに対してネガティブな対応をしたかもしれない。悪意を向けてきたかもしれない。でも、いつもはそうじゃないワケでしょ。今とは違う状況、違うタイミング、喧嘩しているときでももなければ、あなたにそういう反応してないワケでしょ。

だからね、少しくらい、彼のあなたに対する態度がネガティブだったからと言って、それで喧嘩が盛り上がったくらいのことで、彼への信頼を揺るがさないことよ。彼にもそういう一面がある。今はたまたまそうだった。でも総じて大切な人だと思える。ならそれでいい。

それが他人からの、批判めいた言葉でも同じこと。たまたま批判をする人の心のスイッチが、そちら側に倒れていただけのこと。あなたを嫌って、そうしたわけじゃない。

<参考関連記事>
他人からの批判を、気にしなくてもいい理由。批判されることは、嫌われていることを意味しない。

もともと彼が、日頃からよっぽどゲスい男だということでないなら、喧嘩はあまり気にしなくていい。あなたに対して感じ悪かったり、攻撃的な態度、嫌っているかのような態度をしたとしても、それはたまたまたそのとき、そういう一面が表に出てきただけのこと。

あくまでも彼の一面。人には誰にでも悪いところがある。だからといって悪人ではない。今たまたま見えてその人の悪意は、彼の人間性の全てを反映しているワケじゃない。彼があなたにとって大切な人ならば、些細な喧嘩くらいのことで右往左往しなくていい。

彼と喧嘩しても、〇〇すれば悲しい別れにならない。

誰の心にも悪意はある。でもよっぽどの腐れ外道は別にして、人は悪意より善意が上回る。ましてや、あなたの大切な人。身近な人。その彼が、あなたを不幸や不快にして気分がいいワケない。今はたまたまそういう一面が出ただけのこと。ホントはいい人。器の大きい人格者。

だから、そこで喧嘩になったからと言って、心に波風立てなくても大丈夫。彼に不信感を持つこともない。彼を信じていて大丈夫。

それでメンタルやられそうなら、少し距離と時間を空ければいいだけのこと。とりあえず今は相手しない。スルーする。そして落ち着いて間を取る。そうして、また違うタイミングで向き合えばいいだけ。

そこでガチンコで反応して喧嘩するから、抜き差しならない状態になる。悪意に悪意を返せば、双方の悪意が増幅して収集つかなくなるほど大きくなる。そうなりゃ、最後は決裂しかなくなる。そんなことでお互い泣くハメになるのもバカバカしいこと。

悪意を向けられても、それを我慢しろってことじゃない。我慢というのは受け容れて、自分の中で押し殺すということ。それじゃストレスが溜まるでしょ。それに、あなたが我慢をするほどに、相手も増長することになる。





我慢はしなくていい。流してその場は相手にしないだけ。そして彼をリスペクトする態度は変えない。相手の善意を信じて尊重する。今はたまたま、悪い一面が出てきているだけのこと。

ハナっから、そういう前提。彼はすっごくいい人。優しい人。でもそれ全部じゃない。仮に9割そうだったとしても、残り1割には悪い心がある。だからといって、その人がどうのこうのじゃない。誰にでもそういう面がある。それはそれで認めて許して受け入れる。

そこをちゃんと押さえておけば、大切な彼と少しくらい喧嘩になっても、大事には至らない。ジタバタせずに、冷静に対処することができる。お互いを無駄に傷つけ合うこともなくなる。

他人の心にあるネガティブな要素、悪い一面も、許して受け入れる。許して認める。細かいところで良し悪しはあるにせよ、全体としては好き。全体としては大切な人。それでいい。細かいことでピーピー泣かない騒がない。

そもそも、あなたが好きな彼へ依存しすぎているから、些細な一言で一喜一憂することになる。小さな喧嘩で右往左往する。その依存体質からも抜け出すことも、同時に考えたほうがいい。

<参考関連記事>
彼への依存をやめるためには、〇〇すること。愛されたいなら、依存体質を改善すること。

彼と喧嘩をしても、それが即、二人の別れにつながることはない。あなたが彼の心に寄り添い、彼の思いを理解しながら、本来やるべきことをやれば、そもそもその程度の喧嘩で、別れるようなことにはならないはず。

人と人、男と女の関係である以上、誤解や行き違いはある。それが喧嘩に発展することだってある。とはいえ、それを理由にお互いが傷つけ合うようなことにまでは、ならないようにできるはず。感情に流されてジタバタするより前に、ちょっと一息ついて考えてみろってことっすな(^。^)y-.。o○

悲しい別れを回避するための、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。