小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼とのLINEで、誤解されない方法。無用なトラブルで、傷つけ合わないために。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼とのLINEで、誤解されない方法。無用なトラブルで、傷つけ合わないために。

彼とのLINEで、誤解されない方法。

僕たちは常に何かを考える。思考というやつは良くも悪くも止まることがない。ボーっとしつつも何かを考え、何かをイメージしてしまうもの。
小川健次Blog
その材料は何だっていい。今日のランチのこと、週末の予定について。目の前にある出来事や、ちょっと前の気になる会話の内容、あの眉毛の太いイケメンボーイのことなど。

考えても答えが出ないことでも、別に答えを求めるわけでもないことでも、なんとなくボーっといろいろ考える。そしてそこに、自分なりの解釈や自分なりの意味づけを、なんとなくでもしてしまうもの。

さっきあなたが発した、あの言葉。あなたが送ったあのLINE。言われた人や、LINEを送られた人はなんとなく振り返って考える。こういう意味で言われたのだろうか。このLINEはこういう意味に違いない。だからそうなんだ。やっぱりそうか。なるほど納得。

僕が毎朝無料配信中の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画にしたって、あなたはあなたなりに考える。あ、この眉毛の人ってひょっとして私のこと好き? そうか。そうなのね。それで納得。って、なワケねーだろ。

その人がそうやって、その人なりの解釈で納得したことが、あなたの意図と合っているならそれでいい。だけどそうじゃないなら、間違った意味づけと解釈をされていたなら、これ最悪。

相手の中で間違った解釈で納得され、その前提で相手の思考は先に進む。あなたの意図と違う意味づけで、あの人の頭の中ではイメージだけが膨らんでいく。

いわゆる誤解というやつ。しかもそれが悪い方の誤解なら目も当てられない。あの人の中で誤解が大きくなって、あなたへの態度もよそよそしくなる。ひょっとして勘違いされてるかも。そうあなたが気づいた頃には、素敵にLINEブロック。もしくは着信拒否。





相手は相手の思考の中で答えを求めようとしてしまう。それがあなたの意図と違っていても、相手は相手の解釈で思考を進めてしまう。ならばそうなる前に、手を打っておくことですよ。フォローをしておくことです。

伝わってなさそうだ。そう感じたら、こういう意味だけど伝わってる? こう考えてるけどわかってくれてる? と面と向かって聞けばいい。その場が無理だったなら、すぐに電話かメールで同じ確認すればいい。

そしてそれは、できる限り早いうちに。会っているときなら会っているうちに。連絡つくなら連絡つくうちに対応する。離れてしまえば、その間も相手の思考は、誤解に向かってどんどん進む。あなたの意図と違う解釈で、あの人なりの答えに向かってまっしぐら。

たぶんわかってくれてるから大丈夫。まあ伝わってるでしょ。あまり言うと逆に嫌われるかもしれないし。逆に変な誤解されるかもしれないし。だから大丈夫。うん、そのままで平気。

って、全然大丈夫じゃねーし。わかってねーよ。伝わってねーって。そこで面倒くさがったり、嫌われることを恐れるから、後になって嫌われるより辛い目に逢う。少しでも不安に思うなら。素直に聞けよ。素直になるから誤解が無くなる。

<参考過去記事>
素直に聞くと、LINEでの不安が無くなる。素直になると、長文LINEで爆発しなくなる。

あなたも、大切な人との会話や、LINEの中で、ひょっとして理解してもらってないかも。伝わってないかも。あれ? なんか今日はちょっと違う、と感じることがあるでしょ。それを感じていながらも放っておくから、後で大惨事になるんです。

早いうちに意図を正しく伝えられれば、お互いが余計な誤解を生まずに済む。相手の思考が、ボタンの掛け違い状態のまま進む前、誤ったイメージで膨らんでいく前であれば、いくらでもフォローができる。

無用なトラブルで、傷つけ合わないために。

人の思考は止まることがない。ちょっと前に気になる会話の内容、LINEの文面について、自分なりに意味づけして解釈し、イメージを膨らませるもの。

でもそれ、あの人に限ったことじゃない。あなたも同じ。あなたの言葉が相手に正しく伝わらず、あなたの本意じゃないイメージを膨らませるように、あなたも相手の言葉やLINEの文章を正しく解釈せず、相手の本意と異なるイメージ膨らませてしまうことがある。

あの人がどんな意図で言ったか、LINEしたかではなく、それをあなたがどう受け止めて、どう解釈したかが大事なんです。

あの人が言ってたことを考えると、どうせ私は大切にされてないってことなのね。勝手にそう決めつけて、感じ悪い態度で返す。さらには着信拒否にLINEブロック。でも後で人づてに、それが誤解だったと知ったときには後の祭り。覆水盆に返らず。

なんとなくボーっとしていると、あれこれ考えてしまうもの。あの言葉、あの態度、あのLINEの文章。あの表情の意味。やっぱりそうに違いない。だからそうなんだ。だからダメなんだ。チクショー!って、誰もそんなこと言ってない。





ちゃんと向き合って相手に聞けばいいじゃないですか。この人何言ってんだ? え? それどういうこと? そう感じたらその真意を、聞いて確認すればいい。それ聞いてダメになる関係なら、どうせもうダメだから同じこと。

なんだか腑に落ちない。そう感じながら、真意を聞かず、そのまま放置するから、後になってそれが妄想の伴う大きな誤解になる。やがてわだかまりになるんです。お互いの間には本来何もなかったはずなのに、なぜかギクシャクした空気が漂うことになる。

あなたと相手のどっちが善いとか悪いじゃない。コミュニケーション上の誤解なんてのは、日常的に普通に起こるものですよ。どんなに丁寧に言葉を重ね、想いを伝えようとしたって、結局は人と人。どこかで行き違いが起こることは、仕方がないことですよ。

だからこそ、必要なのは、そういうコトが起きそうなことを察知して、未然に防ごうとすること。万一起きてしまっても、早めに現実的な対処をすること。つまりは、相手への細やかな気遣い。

言ってもわかってくれないとか、わかるように言ってくれないみたいな、子供じみた理由付けをしててもしょうがない。相手を大切に想うなら、正しく伝える努力、正しく理解する努力をする。そして足りなければ、さらに努力をする。

あなたがそういう姿勢で接すれば、相手もそういう姿勢で接してくれる。すべての他人は自分の心の鏡。

もちろん、火のない所に煙は立てる必要はない。ちょっと冷静になれば、LINEの返信がこない理由も、大したことじゃないことがわかるときはある。そのいちいちで一喜一憂しないように、信じて委ねて手放すことも大事。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

彼とのLINEで、誤解されないために、あなたがやるべきことは簡単なこと。その小さな気遣いを一つ挟むことができれば、余計な誤解は生まれない。無駄なわだかまりを感じることもなくなるし、お互いをもっと信頼し合えるようになる。

あの日あのときあの場所で、あの一言を言っておけば、と後悔したくないなら、その場で確認。早めのフォロー。初期対応さえ誤らなければ、無用なトラブルで、お互い傷つけ合うこともなくなるってもんですわな(^。^)y-.。o○

大切な人との関係を良くする、特別な個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。