小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

傷ついても、心が折れずにいられるために大切なこと。苦しさを乗り越えるために、必要なこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/06/11更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第32回

急増する「転職貧乏」女性にありがちな口癖から学ぶもの

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次


6月東京
小川健次


福岡/大阪
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


傷ついても、心が折れずにいられるために大切なこと。苦しさを乗り越えるために、必要なこと。

傷ついても、心が折れずにいられるために大切なこと。

生きるということは痛みに耐えること。生きてりゃ肉体的にも精神的にも、傷ついて痛い思いをすることはある。それは人としての宿命みたいなもんでしょう。
小川健次Blog
そりゃ誰だって痛い思いはしたくない。傷つかないで済むならそうしていたい。それでも現実社会の中では、傷つかずにいられることなんてないですよ。

どんなにあなたが誠意を尽くしても、それを裏切るヤツはいる。どんなにあなたが無償の愛を注いでも、まるで気にせず、他の女のケツばかり追い回してる男もいる。不慮の事故もあれば、大切な人が亡くなることだってあるでしょう。

要領よく、いつもリスクを回避しているような人でさえ、何かしらの形で傷つき痛い思いをすることはある。人によって傷つき方は、傷つく内容は違うでしょうが、何かしらの形で傷つくんです。

誰が何となくつぶやいた一言。何の悪気もなく発しただけなのに、それで傷つく人もいる。たままた見かけた駅の看板見て、傷つく人だっているでしょう。それこそ大切な人に裏切られて傷ついたり、想いが届かないで傷ついたりする人もいる。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージでさえ、傷ついた、というクレームが来ることもある。

要するにね、理由はどうあれ、生きてりゃ傷つく。痛い思いはするんです。避けようとしても避けられない。痛みはある日突然降ってくる。

にも関わらず、どうやって傷つかないでいられるか。どうすれば痛い思いをしないでいられるか。そんなことばっかり考える。慎重になりすぎる。だから、まったく予想外の不意打ち食らい、一発ダウンの致命傷を負うことになる。立ち上がれなくなる。

バーゲンで買い物を失敗しないように、あれこれ見回っているうちに、検討してた商品全部売り切れた。好きな人に嫌われないように、慎重に時間をかけているうちに、他の女に持っていかれた。みたいなもんでしょうか。目の前のことにビビりすぎて、もっと大きな損失被る。

もちろん、少し冷静に考えれば、回避できることもある。離れたり、距離をコントールしたりすることで、失う必要のないものまで、失わなずに済むことだってある。

<参考関連記事>
愛しているからこそ、離れたほうがいいこともある。心の状態に応じて、距離をコントロールできれば愛が深まる。

それでも、何だかんだで、傷つくことにはなるんです。右を選ぼうが、左を選ぼうが、どうせ痛い思いをするならば、予想される傷の痛さばかりに目を向けないで、それを乗り越えたときに、得られる幸福、そのときの喜びについて考えてみればいいんです。

どうせ傷つく。どうせ痛い思いもするもんだ。そのくらい開き直ってしまえば、何が起こっても右往左往しなくなりますよ。

苦しさを乗り越えるために、必要なこと。

傷は負っても癒えるもの。永遠に心のどこかに、傷跡として残るようなこともあるかもしれない。それでも日常を穏やかな心で過ごせるくらいには、回復できる。

あなただって、これまでに傷を負ったことは何度もある。痛みで泣いたこともある。それでも、それ乗り越えて今がある。ってことは、この先もまた痛い思いをしたところで、復活できる。過去のネタとして、笑い話しに変えることができるようになる。

ならば傷つくことを恐れないことですよ。いや恐れるのはいい。でもそれを理由に立ち止まらないことですよ。立ち止まっていようが、動きだそうが、どうせ何かしらの形で傷つく場面には遭遇する。でも動けば幸福に近づける。大きな喜びが手に入る。

そりゃ傷つけば痛い。苦しい。後悔も生まれる。でもね、最初っからそういうこともあり得ることは知っている。そんなことは覚悟の上だ。それがどうしただったら何だ。と、開き直っていれば、治癒も早いものですよ。そうなる覚悟があったんだもん。

その一方で、ずっとビクビクして、傷つかないようにばかりしていると、上でも言ったように、不意打ちを喰らうことになる。予想外の大怪我になるから、回復まで時間もかかる。痛い時間が長いだけ、次の行動のときも恐れと不安が大きくなる。

極端なことを言えば、傷つき痛い思いを繰り返してる人のほうが、耐性つくし治癒力も上がる。だから強くなる。摩擦があるから磨かれる。抵抗があるから光り輝く。

すると、些細なことで凹まなくなる。ちょっとくらいの傷なら、致命傷にならないこともよくわかる。だから益々チャレンジできる。だから欲しい結果が手に入る。

傷つくことは避けられない。だから傷つくことは別に悪いことじゃない。痛みに涙枯れるまで泣くことだって悪くないんです。そんなのは誰にだってあることですよ。

良くないのは、そうなることを恐れてばかりいることで、結果として何も得られないこと。さらには予想外の不意打ちで、不必要な深手を負うことですよ。そっちのほうが、余計苦しい。傷を負うことを恐れて、もっと大きな傷負ってりゃ世話ないですよ。

綺麗で美しいと思われる人ほど、傷つき、それを乗り越えた回数が多いもの。その人の魅力は、その人が苦しさを乗り越えた数に比例する。

<参考関連記事>
綺麗で美しいと思われる人に、共通すること。苦しさを乗り越えた数ほど、魅力が増す。

傷ついても、心が折れずにいられるためには、傷を負いそうだ、痛い思いをしそうだと思って、ためらうときに、開き直ってドーンとそれをやってみること。

傷ついたって、大したことない。どうせそこで止まってたって、傷つくんだし。それでも、苦しさは乗り越えられる。そして結果的にあなたはもっと大きな幸福を手に入れられる。そうやって磨くほどに、あなたはもっともっと良くなるってもんですよ(^。^)y-.。o○

傷ついた心を修復するための方法
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。