小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人間関係 | 小川健次ブログ-BigThink

Category
小川健次Blog

「また会いたい」と思われる人になる、簡単な方法。愛される人は、人に〇〇をしている。

また会いたいと思われる人には、誰にでも共通することがある。あなたはまた会いたいと思われる人になれる。そのためにすべきことに、難しいことはない。少しだけいつもと違うチャンネルに、心のスイッチを合わせればいいだけ。あなたが、彼とまた会いたいと思...
小川健次Blog

ずっと一緒にいたいなら、大切にするべきこと。ご縁を切らないために、守るべきこと。

ずっと一緒にいたいなら、大切にしておくことがある。それは、お互いにとっての心地よさであり、ホッとできる安心感を守ること。ルールや体裁以上に、お互いが心地よくいられるなら、それを壊すようなことをしないこと。形に執着して、相手を束縛しようとしな...
小川健次Blog

恋愛で駆け引きするほど、面倒くさい女だと思われる。信じて委ねて手放すから、ご縁が結ばれる。

恋愛で駆け引きするほど、面倒くさいと思われるだけ。自分が傷つかないように、自分が痛い思いをしないように。そんな下心で遠回しな言い方になったり、押し付けがましい態度になったりするから、彼の気持ちが冷める。相手を信じて、開けっぴろげの本音全開。...
小川健次blog

NOと言われても、愛が消えていない理由。断られたとしても、否定はされていない。

NOと言われることを恐れることも、断られることに不安を感じることもないんです。みんな事情がある。その事情の中でお互いができること、協力できることを協力し合えばいい。そんな単純なことを意識してみれば、頼んだり頼まれたりの後腐れもなくなる。NO...
小川健次Blog

恋愛はうまくやろうとしないから、うまくいく。ご縁は、計算外のところで結ばれる。

恋愛も人間関係も、うまくやろうとしないから、うまくいく。非効率で無駄で無意味と思えることでも、あの人への思いに素直になって、あの人のために力を注ぐことに手間を惜しまないから、あの人とあなたの間の愛と信頼が深まる。目先の損得に執着して、近道を...
小川健次Blog

他人の言葉で傷つかないための、心の使い方。ストレスよりも、愛ある関係をつくる方法。

他人の言葉で傷つかないための心の使い方は、あなたの意味づけと解釈を変えること。本来、意味などない他人の言葉に、意味づけと解釈を加えているのは、あなたなのだから。あなたの意味づけと解釈が変われば、他人の言葉が変わる。そしてあなたの思考と行動も...
小川健次Blog

他人からの評価を気にしなければ、心が穏やかになる。自分の納得感を優先すれば、自己肯定感が高まる。

人間は社会的な生き物である以上、他人との関係は無視できない。とはいえ、他人から評価に縛られて、あなたが望んだとおりの結果を手に入れられないなら本末転倒。優先すべきは、他人の評価ではなく自分での評価。つまりは納得感。他人の評価から自由になって...
小川健次Blog

批判を恐れるより、〇〇になることを恐れよう。無責任な他人の声より、自分の選択に自信を持とう。

批判をされるのは誰だってイヤなこと。批判を恐れて立ち止まることで、得られるものと、批判を恐れずに動いたことで得られるもの。そのどちらに価値があるのか。そのくらいの損得を考えてもみてもいい。批判をされること以上に、もっと恐れるべきことがある。...
小川健次Blog

突然振られる前には、サインが現れている。問題が起こるのは、愛を深めるチャンス。

好きな人から突然振られるときには、その以前から予兆やサインが必ず現れる。その多くは、あなたが少し気にして意識すればわかること。そしてそれは、お互いの関係を、より良くするためのチャンスのサインでもある。焦って感情に流されたり、ピーピー泣きなが...
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。