小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

なぜ言わないと、傷つくことになるのか。なぜ言葉にすると、愛と信頼が深まるのか。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


なぜ言わないと、傷つくことになるのか。なぜ言葉にすると、愛と信頼が深まるのか。

傷つくのは自分を守ろうとするから

不用意な言葉は、意図せず誰かを傷つけることがある。いや不用意じゃなかったとしても、意図せず誰かが傷つくことはある。
小川健次Blog
言葉を選び、空気を読んで発した言葉でさえ、相手がそれをどう解釈するかによって、言葉の意味は天と地ほどに変わってしまう。

だからこそ、言葉を発する際には、状況環境を見極め、相手の心の状態を汲み取り、それなりの慎重さが求められるというもの。いやまあ、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージには慎重さが欠片もありませんが、あれはあれってことで。

でもね、いくら慎重にとはいえ、あまり慎重すぎるのも考えものですよ。慎重になりすぎて、何も言えなくなったらミもフタもない。それじゃそもそも何も伝わらない。何も伝わらないから、あなたが何を考え、何を思っているかもわからない。

言わないから何も伝わらないし、何を考え何を思っているかもわからないから、お互いが疑心暗鬼のストレスになる。そして何かを言ったとき以上の深い傷を負うことになるんです。

時と場合にもよりますけどね、そうやって慎重になりすぎて、何も言えなくなるときってのは、あなた自身が自分の身を守ることを優先しているから。相手の想いや相手の立場のことよりも、あなた自身の傷つきたくない想いを優先しているからでしょう。

これを言って、NOと返されたら、私は痛いし傷つくし、それはちょっと嫌。これを言ったら嫌われるのはイヤ。変わったヤツだと思われたくない。うまく話せなくて、恥かしい思いをしたくない。など、つまりは、あなた自身の問題ですよ。中心はあなた自身。

あの人のことを想って言わないことにした。あの人のためには言わないほうがいい。そんな綺麗事っぽいこと言ってみたところで、ホントのところはあなた自身があなた自身を守りたい、傷つきたくない、嫌な想いをしたくない。そんな動機だったりするもんでしょ。

そもそも、ホントにその人が嫌がるようなこと、その人に失礼になるようなこと。そんなことは、ハナっから言おうとさえ思わないでしょ。言うとか言わないとかさえ考えませんよ。そういう話は、まったくそれ以前のことだから、別に考える必要だってない。

ってことは、言おうと思って言わない。言いたいと思って言えない。それは結局のことろ、あなた自身が傷つくことを恐れているだけ。相手のことなんて言うほど思っていないんです。思っているのは自分のことを守ること。

でもね、多くの場合、思っていることを言ってマイナスになることはあまりない。些細な一言でも、あなたの一言であの人との愛が深まることもある。

<参考過去記事>
その一言が、大切な人との愛を深める。無駄と思わず、言葉にするから心の距離が近づく。

もちろん、言葉にすることで、結果的にあなたがその人に、嫌われることもあるでしょう。ホントに傷つくことだってありますよ。

でもね、その言葉が、あなた自身の自己都合によるものではなく、ホントにその人のためを想って放った言葉であれば、その場は理解してもらえなかったとしても、想いが届かなかったとしても、やがて理解してもらえるときはくる。思いが届くときはある。

言葉にすると、愛と信頼が深まる

>
念のためもう一度言っときますがね、思いついたこと、心に浮かんだことを、ノリと勢いで何でも言えばいいかといえば、そんなワケない。そこは大人ですから。いわゆる常識の範囲で、時と場合に応じて空気を読みながらってのが前提ですよ。

その上で、ホントに言葉にして伝えたいこと、それを伝えることが、その人にとって価値あることだと思えることなら、黙ってないで言葉にすればいいんです。

そこで、いろいろ余計なこと考える。嫌われるかもしれない。NOと言われるかもしれない。受け容れてもらえないかもしれない。そんな不安と心配に心が支配され、自分の身を守る方にスイッチを入れたりするから、何も言えなくなるんです。

だったら永遠にそのことは言わなきゃいいのに、つまらない色気を出して、どうにか都合よく、自分が傷つかないように伝えようとする。だから、ただ遠まわしなばっかりで、何を言ってるんだか、さっぱりわからないような話しになる。

そして中途半端な形で伝わるから誤解をされる。誤解をされて、結果的に嫌われる。遠ざけられる。素直な言葉で伝えるとき以上の、立ち直れないほどの深手を負うハメになる。アホか。

あなたが伝えたいと思っていた、ホントの気持ちは伝わらないわ、その人はなんだかよくわからないこと言われてイラつくわ。なんだか誰もハッピーにならないどころか、どの登場人物もバットエンドな、胸糞映画を見せられるようなオチでしょう。

さらにその経験が、あなたを、さらに言いたいことを、言えない人にするという、素敵なマイナススパイラル。そこまでくると、もう目も当てられない。

あなた自身が傷つくかどうかは、一旦横に置いておけばいいんです。その人にとってあなたが言うべきかどうか、伝えるべきかどうか。それを優先する。その人のことだけ考えればいいんです。その人があなたの大切な人であれば、なおさらのこと。

つまらない小細工や駆け引きなんか不要なんです。だいいち小細工や駆け引きを、うまくやれるほど器用じゃないでしょ。

自分が痛い思いしないように、傷つかないように。相手に好かれたい、好かれよう。そんな考えは今はどっかに投げ捨てろ。そんな期待感なんか今はいらないんです。あの人を信じて委ねて手放して、伝えたい思いをそのまま伝えればいいんです。

<参考過去記事>
信じて委ねて手放せば、大切な人に愛される。傷つくことより、思いが伝わらないことを恐れよう。

大切な人のために。そんな素直な想いに従えばいい。それだけ考えれば傷つくことへの不安はなくなる。結果傷ついたとしても、その傷はやがて必ず癒える。そしてあなたのその想いを、わかってくれるときが必ずくる。想いは必ず伝わりますよ。

傷つくことばっかり恐れてると、必要以上に大きな傷を負うことになる。でもね、傷つくことを恐れずに、言葉にすれば想いは届くってもんですよ(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻せば、言いたいことを素直に言える
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。