小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

「好き」に自信を持つから、愛される。思いに素直になると、彼への不安が消える。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

「好き」に自信を持つから、愛される。思いに素直になると、彼への不安が消える。

「好き」に自信を持つから、愛される。

何が好きで、何が嫌いかは、その人それぞれによって違うもの。好き嫌いと良し悪しは関係ない。好き嫌いは、倫理や道徳の問題ではなく感覚の問題。だから、それはその人の問題でしかない。
小川健次Blog
その人の問題である以上、他人がどうこう言えるものじゃないし、他人にどうこう言われる筋合いのものでもない。好きは好きだし、嫌いは嫌い。それ以上でもそれ以下でもない。

僕が牛乳嫌いで飲めないのも、それは僕の問題であるし、それについて、どうこう言われてもどうしようもない。飲めないもんは飲めないんだから、しゃなあいでしょ。

このブログや、僕が毎朝無料で配信している僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画にしたって、嫌いだと言う人には、どうしようもうない。嫌いなものを好きになれとは言えない。嫌いならしゃあないね。くらいしか言えない。

そもそも、好きか嫌いかなんていう、感覚的な問題について、理由を突き詰めて考えても意味がない。理由がわかれば、嫌いが好きになるかといえばそうでもない。

もちろん、誤解や勘違いによって、嫌っていたものが、それが解けることで好きになることはあるでしょう。イメージだけでの食わず嫌いが、ホントに食べてみたら好きになった。そういうことはありますよ。でもそれ、そもそも誤解や勘違いだっただけ。





本質的な部分での、好き嫌いの感覚は変わらない。それは、他人がどう思うか、周囲の状況がどうかに関係なく、好きは好きだし、嫌いは嫌い。それでいい。

あなたにとって、大切な人や、尊敬する人が、好きだと言ってた、お薦めしてた。でも、あなたが、それを嫌いなら嫌いでいい。そこで変に空気を読んで、好きなフリをするからややこしくなる。無駄な気遣いして、疲れて苦しくなる。

周囲の人からは、いまいち評価されてない。それでもあなたが、好きな人なら、好きな感情に従えばいい。周囲の人の感覚は周囲の人の感覚でしかない。あなたは、あなたの感覚で、好きだと思うならそれに従えばいいだけ。余計なことは考えなくてもいい。

とはいえ、好き嫌いとは別のところで、社会的に問題がある不倫だとか、相手がクズ男である場合には、そこは冷静に考える必要はある。好きなら何でもいいかといえば、そうじゃない。そのくらいは頭の中で、ちゃんと電卓叩きなさいよ。

<参考関連記事>
不倫をやめるための、3つのステップ。不倫関係を終わらせる方法。

あなたは、もっと自分の感覚に正直になっていい。あなたの好き嫌いの感覚は、社会的な良し悪しじゃない。だから他人にどうこう言われて、右往左往するものじゃないでしょ。

自分の感覚を信じないから、あれやこれやと、よくわからない理屈をつけて、立ち止まる言い訳をすることになる。好きという感情のアクセル踏みながら、もう一方の足で、不安と心配のブレーキを踏み込む。苦しいだけでしょ。それ。

思いに素直になると、彼への不安が消える。

あの人のことが好き。こういう仕事が好き。なら、そこであれこれ考えない。あなたが好きなら、好きでいい。その感情に正直になって、あの人に接すればいい、その仕事に取り組めばいい。

当然ながら、あなたがあの人が好きだからといって、あの人もあなたを好きかといえば、そうじゃないこともある。あの人にはあの人の感覚があるのだから。それはそれで尊重すればいいだけ。余計な押し付けはしないこと。

あなたに、あなたの感覚があるように、あの人にもあの人の感覚がある。あなたが自分の好き嫌いについて、他人にとやかく言われれば、ウザいと思うのと同じこと。あの人だって自分の好き嫌いについて、とやかく言われればウザいと思われる。

好きな思いには素直に従えばいい。でも見返りには執着しない。あなたが好きなだけで、それを相手に押し付けない。





好きという感情以上に、あれやこれやと、余計なことは考えなくていい、好きなら好きで、その感覚に正直になって、従えばいい。それ以外のどうでもいいこと、見返りに執着するから、不必要な駆け引きしして、結果何も手に入らなくなる。

そもそも、あなたが好きだろうが嫌いだろうが、うまくいくときはうまくいく。逆にうまくいかないときはうまくいかない。ご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければ結ばれないのだから。

見返りなんていう、セコイことを気にしてないで、好きだと思える感覚に従ったほうが、物事はスムーズに進む。その結果がどんな結果であろうが、自分の気持ちに正直になった結果であれば、例え悲しい結果であっても、納得感できるし受け入れられる。

それにね、あれこれ余計なこと考えてるときほど、愛しているのに愛されないもの。自分の思いへの、見返りにばっかり執着してるから、婚活も恋愛もうまくやるのが難しくなる。

<参考過去記事>
婚活や恋愛を、うまくやれる人に共通すること。いつも相手に恵まれる人が、やっていること。

『好き』な思いに、理由も理屈も必要ない。『好き』に自信を持つから、執着を手放すことができて、愛する人に愛される。好き嫌いは良し悪しとは無関係。好きでいることで、あなたを責める人はいなし、誰かに文句を言われる筋合いもない。

好きと思える感覚に、自信と確信を持っていい。その自信と確信が、大切な人との心の距離を縮めることができる。自分の好きな思いに素直に従えるから、彼への不安が消え、穏やかな心で彼と過ごすことができるようになるってことですわ(^。^)y-.。o○

彼への執着を手放す、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。