小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼との心の距離は、〇〇すると簡単に近づく。信じ合える関係をつくる方法。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/04/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第129回

帰国子女が肌で感じた、日本の会社のムダな会議と男尊女卑

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
福岡 05/15(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 05/22(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼との心の距離は、〇〇すると簡単に近づく。信じ合える関係をつくる方法。

彼との心の距離は、〇〇すると簡単に近づく。

人と人との信頼関係というやつは、相互に持っている相手の情報量に比例する。要するに、その人のことを知るほどに、信頼が深まるということ。
小川健次Blog
逆に言えば、よく知らない、よくわからない人のことは信用も信頼もできない

いや、そりゃそうでしょ。よくわからない人のことを、信用しろとか、信頼しろとか言われても、それはそれで無理難題。

あなたが僕を信用するかどうかにしたって、このブログや僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を通じて、僕という人間の人となりがわかるから、信用するしないの判断ができるというもの。

確かに、最初にインスピレーションでビビっときて、この人いいな。と思っても、実際にどんな人かわからなければ、そっから先には進めない。良さげな雰囲気だけど、サイコパスかもしれないし、人殺したことあるかもしれない。

だからまずは、その人のことをよく知りたいと思う。そうして、コミュニケーションの密度を高め、お互いのことを知ることができたとき、はじめてそこに信頼とか信用ってものが生まれる。当たり前のこと。それがなければ、人との関係は成り立たない。




ということは、あなたが自分のことを、ちゃんと彼に伝えなければ、彼に信頼されることはないということ。心の距離が縮まることもない

あなただって、よくわからない人のことを信用できないし、自分のことを言わない人とは心の距離が、縮まるとは思えないでしょ。

「仕事何してるんですか?」「あ、いや、それはちょっと・・・」「どこに住んでるんですか?」「あ、いや、それはちょっと・・・」なんて、そんな回答するヤツと、仲良くなりたいと思わないでしょ。

そんな社交辞令の世間話し程度にまで、口と心を閉ざす人は極端だとしても、いちいち自分のことを隠そうとするやつとは、面倒くさいし話したいと思わない。信用なんかできないし、仲良くなりとも思わない。いや、というより、仲良くなれないとしか思えない。

そのクセ、そういう人に限って、自分の目先の利害にばかり敏感になる。自分が主導権を握ろうと、相手のことを探ろうとして、結果面倒くさい女だと思われて、さようならされる。

<参考関連記事>
面倒くさい女や、ウザい男に共通すること。距離をあけられるのには、理由がある。

その逆に、自分のことを素直に包み隠さず話せる人は、信用できるし信頼される。目先の利害より、目の前の彼との、信頼関係を築くことを大切にしているから、ロクでもない男に、都合のいい女扱いされることだってない。

信じ合える関係をつくる方法。

カンタンなこと。自分のことを包み隠さず、そのまま素直に相手に伝えればいい。相手を選ばずに、あなたという人のことを、知りたい人にそのまま伝えればいい。

ちょっと秘密がありそうな、影の部分を演出すれば、相手はそれに惹きつけられる。みたいな、ことを言う人もいますがね、それが良い結果になることなんてない。

人はそんなに暇じゃない。あ、そうなんだ秘密なんだ。あ、そう。影があるんだ。そう思った時点で、面倒くさいから踏み出してこない。そんなのに付き合ってる時間もないし、だったら最初っから秘密のない人のところに行くだけのこと。

なら、そうなる前に、あなた自身のことをちゃんと話せばいい。思いは包み隠さず、言葉にすればいい。




無駄に飾る必要なんかない。隠す必要だって全くない。それやって得することある? ないでしょ? なら、そのまま表に出せばいい。あなたが、あなたという人のことを素直に表に出すほど、あなたは彼に信頼されて愛される。

それにね、あなたが自分のことを素直に表に出すから、相手も自分をあなたに向けて出してくれる。だから相互の理解が深まって、愛と信頼も深まっていく。

別に、なんでもかんでも、あけすけに全部言う必要はない。常識の範囲内で、言わなくたっていいこともある。その場は黙っていたほうがいいこともある。だとしても、基本は包み隠さず。基本は心をオープンにして自己開示。

大丈夫。それで嫌われるなら、どうせ後になっても嫌われる。自分を飾った上っ面の見せかけで、万が一その場好かれても、後になってボロが出るくらい。なら、最初から本当の自分を伝えておけば、お互い無駄に傷つけ合うことだってない。

<参考関連記事>
自分を飾るのをやめると、愛あるご縁を引き寄せる。愛されたいと思うほど、愛されない理由

彼との心の距離は、あなた次第で近づけることができる。その方法は実に簡単なことで、あなたがそうするかどうかが大切なこと。その簡単なことをやらないから、いつまでも経っても心の距離が近づかないどころか、遠ざかる。

あなたが誰かを信用するかどうかを判断するとき。どんな基準で、それを決めるかを考えてみれば、あなたがすべきことがわかるはず。愛し合い信じ合える関係をつくるための最初のステップは、まずはあなたの心のスイッチから。ってことっすな(^。^)y-.。o○

心の力で彼と愛し合い信じ合えるようになるための、小川健次セミナー
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。