小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

白黒つけないほうが、恋愛はうまくいく。焦らないで曖昧にしておけば、ご縁が結ばれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/09/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第46回

夫婦仲の悪化の原因は学歴!?妻攻撃のモラハラ夫の操縦法

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


白黒つけないほうが、恋愛はうまくいく。焦らないで曖昧にしておけば、ご縁が結ばれる。

白黒つけないほうが、恋愛はうまくいく。

真正面から向き合って、お互いが本気で意見を言い合ったとしても、わかり合えないことはある。白黒つかない、つけられないこともある。
小川健次Blog
人と人。男と女。それぞれ、持って生まれた能力も、育った環境も違うし、今の立場や、抱えているものの量と重さだって異なる以上、絶対に噛み合わないことはある。

それぞれが違う人。違う生き方、違う価値観を持っていて、そのすべてを、お互いに完全に合致させることなんてできない。

だからね、全てに白黒つけようとしないこと。特に男と女であれば、生物として全く違う。肉体的にも精神的にも、まったく別の生き物。なのに、無理して白黒つけようとするから、ややこしくなる。男と女は白黒つけないほうがうまくいく

そもそも、人と人、男と女のことにはっきりとした答えはない。僕も毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージでは、好き勝手に断言しているが、それだって完璧な答えというワケじゃない。

なんとなく、全体としては許容ができる。好きか嫌いかといえば好きで、尊敬できるかといえば尊敬できる。なら、それでいい。

いちいち、私たちの関係がどんな関係なのか。私と結婚する気があるのか無いのか。私のことと仕事のどっちを優先するのか。なんてことを、無理に白黒はっきりさせようとしなくていい。いちいち相手をガン詰めしなくていい。

どこかで、はっきりさせなきゃいけないときはくる。でも、そういうときは、相手もそういう態度を示すでしょ。わざわざ、あなたが相手を詰めなくても、お互いの関係から自然とそういう流れになるもんですよ、だから焦るな慌てるな。

それにね、ただはっきりさせずに、問題を先延ばしにしようとしているクズなら、詰めたところで、曖昧にして逃げるだけ。そんなヤツは、詰めて白黒はっきりさせる云々以前に、あなたから、とっととLINEブロックしてさよならすればいいだけ。

変に形式ばかりにとらわれて、無理に白黒はっきりさせようとすると、逆に安い女と思われて、足元見られることになる。

<参考関連記事>
安い女と思われる、3つの理由。体の関係が早いか遅いか以上に、大切なこと。

無理に白黒はっきりさせようしなくても、どうせご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければ結ばれない。今お互いが、心穏やかでいられるのなら、それでいいじゃないですか。相手を信じて委ねて執着を手放せよ。

そこで焦って慌てて、無理に白黒はっきりつけようとするから、お互いに余裕が無くなる。違いを認め合える寛容さが消えて、ギスギスし出す。これまで穏やかだったお互いの心が、暴風雨に見舞われる。

焦らないで曖昧にしておけば、ご縁が結ばれる。

将来のこと、そのための今のこと。お互いが共有できることは共有すればいい。合意できることは合意できればいい。でも、今そうじゃない、合意できないし共有できないなら、それはそれで曖昧にしとけばいい。

とはいえ、それが無期限で無制限じゃ困る。お互いがいずれ向き合い、乗り越えていかなければいけないことなら、期限や制限を設けないと、ダラダラと時間を費やすだけ。後悔が残るだけ。

今は曖昧でもいい。でも、その曖昧なことを、いつまで解消するのか。ずっと曖昧なままでいくと決めるのか、折り合いをつけて落としどころを探すのか、それが見つからなければどうするのか。そのくらいは決めておくことですよ。

もちろん、その選択の基準は、あなた自身の未来の幸福。何をどこまで曖昧にしてよく、白黒つけずにいるか。それが、どう自分の未来の幸福に近づくか。

それがはっきりしていれば、目先のことに執着しない。小さなことで不安になって、あの人をガン詰めして、無理矢理白黒はっきりさせようとするあまり、LINEブロックされて、さよならされるようなアホなこともなくなる。

つまりはバランス。そしてバランスを取るための、あなた自身の基準。そのあなたの基準が無いから、気分で曖昧にしたり、気分でガン詰めして白黒つけようとする。それじゃ、その場は良くても、結果的に誰もハッピーにならないでしょ。

まあそのあたりの基準のつくり方は、人によって適切な形が異なるので、詳しくは僕の個別セッションあたりにきてもらえれば、あなたの現況に応じて対応するのでどうぞ。

原則としては、人は皆違う。男と女も違って当然。だから全部がきっちり合意できることばかりじゃない。やがて合意できたとしても、今は合意できないこともある。なら、今は棚上げしてくのが大人の対応。白黒つけずに曖昧にしておけばいい。

そこを見誤ったり、何の基準も設けずにいるから、ガン詰めの押し付けLINEを送ってドン引きされる。スルーされてやがて返事もこなくなる。

<参考関連記事>
既読スルーされるLINEに、ありがちなこと。押し付けるほどに、スルー率が高まる。

白黒つけないほうが、うまくいく恋愛はある。むしろ、白黒はっきりさせようとするから、不必要に相手をガン詰めして、うまくいかなくなることもある。今、曖昧にしておいたほうがいいことは、白黒つけなくても大丈夫。

焦らないこと。慌てないこと。目先のことに執着して、不安になったり心配したりしなくても、今、白黒はっきりしてなくても、ご縁があれば結ばれる。そのための基準を、あなたがちゃんと設けておけば、その恋愛はうまくいくってもんですわ(^。^)y-.。o○

焦らないで、不安と心配を手放す個別セッション

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。