小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛される方法は、愛ある言葉を届けること。大切な人の心に寄り添い、愛を言葉にしよう。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 話し方の原理原則 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 2時間の基礎講座 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

愛される方法は、愛ある言葉を届けること。大切な人の心に寄り添い、愛を言葉にしよう。

小手先トークは誰も聞かない

言葉遣いは綺麗だし、説明もわかりやすくて丁寧な人。おまけに褒めてくれるし、愛を言葉にしてささやいてくれる。なのに、いまいちその人の話しは、心の奥底にまで落ちてこない。
小川健次Blog
言ってることはわかる。まあ、そういうことなんだろうな。意味も意図も伝わってくる。なのに、どうにも腑に落ちない。どっかで言われた言葉が他人事のように聞こえる。

その一方で、お世辞にも綺麗とはいえない。表現力だって豊かじゃないし。滑舌だって良くないし、ぶっちゃけ言うと聞きづらい。なのに、なぜだか、あっちの人の言葉には、ぐいぐい引き込まれるし、心が揺さぶられる。

人が発する言葉を聞いて、そんな違いを感じたことは、あなたにだってあるでしょう。同じ言葉を聞いているはずなのに、なぜだか心に響く話しと、心の上辺を素通りしていく話。

僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージだって、不器用な言い方でも、あなたの心のど真ん中を突き抜けるような、熱い思いが届くことがあるでしょ。え? むしろ軽すぎて流してる? あ、はい。

言葉が伝わるかどうか、相手の心に届くかどうかのの違いには、そりゃテクニックの違いもある。それはゼロじゃない。でもね、現実のコミュニケーションの中では、そういうテクニック云々より、実はもっと大事なことがある。それを押さえているかどうかですよ。

その違いはカンタンなことなんです。あなたが言葉を発するときに、その言葉は一体誰のために発っせられたものなのか、ってことですよ。

あなたが単に言いたいだけ。思ってることを言葉にしたいだけ。ただ聞いて欲しいだけ。要求を伝えたいだけ。そんな話しは、誰も積極的に聞こうとは思わない。まあ耳には入れてもらえるでしょうがね、心の中でスルーされてるだけ。聞いたそばから忘れられるだけ。

だって、聞かされるほうにしてみればね、それって、あんたが言葉にしたいだけでしょ。あんたがそう思ってるだけやん。全部あんたのことばっかやん。聞かされる人にとっては、まったく無価値で無意味。

その逆に、あなたの発する言葉が、相手にとっての価値ある話しであれば、違う結果になるんです。あなたの言葉を通じて相手が幸福になる、相手が笑顔になる、心が満たされる、もっと良くなる。そういう価値と意味があるから、相手はあなたの言葉を受け入れるんです。

発する言葉の主体がどこにあるかでしょう。誰だって他人の、自分本位かつ自分アピールの話しなんか誰も聞きたいと思わない。見返に執着されてもウザいだけ。でもね、こちらの身になって話してくれる言葉であれば、まずは耳を傾けようと思う。しっかり心で受け容れようと考える。

<参考過去記事>
大切な人の心に寄り添うから、大切にしてもらえる。見返りに執着するから、スルーされてブロックされる。

話し方のテクニックってのは知ってるに越したことはない。でもね、世の中にはコーチングだの、N●Pだの、いろんなコミュニケーションテクニックがあって、それ学んでいる人もたくさんいますが、実際にはほとんど役に立てられてる人はいませんよ。

だって、そもそものスタート地点、前提がズレてるんだもん。あなたが、相手の気持ちに寄り添っているかどうか。あなた自身のために発した言葉は誰も聞かないが、その人のために発した言葉であれば、下手なテクニックや小細工なんかしなくても、ちゃんと相手に届くから。

共感するから言葉が届く

誰だって自分を認められたいし、自分を理解してもらいたい。自分のことをわかって欲しい。そういう根源的な自己承認欲求を持っている。だから、それを満たしてくれる人、それを理解して、こちらの想いに共鳴してくれる人の言葉には、自然と心が惹きつけられるというもの。

だから、そういう人の言葉は心にスッと入ってくる。その人ともっと話したいと思うし、その人ともっと同じ時間を過ごしたいと思うんです。

ただ自分の主張や思い入れだけを、延々と話してみたり、自慢や愚痴めいたことを聞かされても。そりゃ聞きたくなんかないでしょう。いくら滑舌よく綺麗な言葉を並べられても、全然心に響かない。それは言葉じゃなくて単なる「音」ですよ。むしろウザいからどっか行けと思われるだけ。

ましてや、それが、相手に対する批判や否定。わざわざ今言われなくてもいいことを、ネチネチと上から目線で説教めいた内容であれば、ウザいどころか、関係断たれてさようなら。

それがあなたのためだから。あなたはそれがダメなのよ。それを指摘しているのは、あなたが大切だからなの。なんてネチネチやっても、それやられるほうは、自分のためとは思わないでしょ。それ、あんたが言いたいだけだろ。そう言って自分が満足したいだけだろ。としか思えない。

そもそも、相手の気持ちを理解しようとしない、相手の立場を考えようとしない。そしてそれを理解しようとした上で、その人の心を満たそうと思えるような、気遣いができない人の話しなんて、誰も聞こうと思わない。

だからまずは、相手の気持ちに寄り添うこと。それを言葉と態度で示すことですよ。

そのためには、当たり前すぎることですが、相手の言葉を聞くこと。そしてそれを批判したり否定しないことですよ。そこであなたの論評なんかは誰も求めてないから。

仮にそこで言ってることが、おかしなことだったとしても、それ言ってる本人もわかってますよ。おかしいこと言ってるな、批判されるだろうな。そんなことは言いながら自分でわかってる。それでも、気持ちを理解してほしい。共感してほしい。そんな想いで言葉にする。

言葉に出すプロセスを経て、自分の心の中で整理しているだけなんです。なのに、そこにあなたの論評。それはダメ、こうしたほうがいい。ってそんなの聞きたくないでしょ。

あなたが、その人の心に寄り添って、その人の想いに共感したければ、まずは聞くことですよ。真正面で向き合って、ちゃんと最後まで聞くんです。話しの途中で自分の意見を上からカブせない。余計な論評は要らないし、求めらてもいない意見は言わなくていい。

あなたがその人の気持ちを尊重し、その考えを理解しようとする。心に寄り添って共感しようする。あなたの、そんな態度と心構えがあるから、その人は次にあなたの言葉を聞こうと思う。あなたの言葉の一つ一つを心でしっかり受け止めてくれるんです。

もちろん、そのためにはタイミングというのも必要なことがある。お互いにどうしても理解し合えない、ゆっくり向き合えないこともある。そのときはアンテナの向きが合うまで、待てばいいだけのこと。またタイミングを改めればいいだけ。

<参考過去記事>
わかってくれない相手でも、信じていれば想いは届く。執着するよりも、手放したほうがご縁は結ばれる。

小難しい会話テクニックなんか不要。むしろ、そんなこと考えるから、相手のことより自分のことが中心になる。だから、あれこれ言っても言葉が届かない。聞いてもらえない。スルーされる。だって、あなたが相手の話し聞いてないんだもん。

愛される人の共通点は、会話のテクニックじゃないんです。人の心に寄り添える人。相手の想いを理解しようと、相手の言葉を真正面から向き合って真摯に耳を傾けられる人。つまりは愛ある言葉を届けられる人ですよ。あ、あとは眉毛が太い人。うん。たぶん。(^。^)y-.。o○

【共感して愛し愛される関係になる方法】

東京3/21(水・祝)

■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。