小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人の評価が気になる人が、気にしなければいけないこと。大切なことを見失わければ、右往左往しなくなる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/07/16更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第37回

「本命の彼女になれない」キャリア女子の間違いだらけの婚活術

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

7月 東京
小川健次


8月 福岡
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


他人の評価が気になる人が、気にしなければいけないこと。大切なことを見失わければ、右往左往しなくなる。

他人からの評価を気にしても、意味のない理由

他人があなたをどう評価するか、その内容なんてのは、その場そのときその状況、それを評価する人の立場や気分でコロコロ変わる。
小川健次Blog
言ってみれば他人の評価なんてのは、ほとんどの場合はその場だけ。その状況下だけ。だからそんなもんは、真に受けなくていいんです。

素晴らしい結果を出したのに、それに対してあの人は何も評価してくれない。誰もこっちを見向きもしてくれない。あの人のために、あれこれ力を尽くしたのに、あの人はまるで応えてくれない。まったく受け容れてくれる素振りもない。

そんな理不尽な仕打ち、とも思えるような場面には、あなたも遭遇したことがあるでしょう。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージだって、まるで相手にされずにソッコーでゴミ箱送りや、ブロックされることもある。

でもね、それ気にしなくてもいいですよ。そんなことで心に波風立てる必要はない。ましてや凹む必要なんて全然ない。

だって、あなたがホントにやるべきことやっているなら、全力を尽くしたことなら、そして大切なあの人のために心を込めたことならば、それはいつか誰かがわかってくれる。いつか誰かが評価してくれる。いつかあの人への想いは必ず届く。

その時代には受け入れられなかった発明が、時代が変われば評価されることはある。ひと昔前には流行らなかったサービスが、今になったら皆が使い始めてることもある。

その場そのときその状況や、その人の立場や気分によって、評価なんか変わるんです。今の評価が未来永劫変わらないことなんてない。

他人の評価なんて不確定要素だらけなんです。しかも評価をする人は何の責任も負わない。だったらそんなもん気にしてもしょうがないでしょ。だって明日には変わるかもしれないんだもん・そんなモンより、まずはあなたが、あなた自身に対して下す評価を気にしなさいよ。

不確定要素の多すぎる、他人からの評価なんかスルーしときゃいいんです。いつかわかってくるときがくる。だから今は、信じて委ねて手放しておけばいいんです。

<参考関連記事>
信じて委ねて手放せば、大切な人に愛される。傷つくことより、思いが伝わらないことを恐れよう。

まあ確かに、他人から褒められれば嬉しいし、評価され認められばセルフイメージも高まるでしょう。でもね、それにしたって、明日になったらまた手のひら返しに合うことだってあるでしょう。だったら最初から参考程度にしとけばいい。

もちろん、評価がどうのって話しとは別に、より良くなるためアドバイスなら聞けばいい。それでもあくまで参考程度。他人の無責任な評価の一言で、あっちいったりこっちいったり右往左往してれるから、無駄に疲れるしストレス溜まる。

本当に大切なことを見失うから右往左往する

最後の最後は、あなた自身の納得感で決めるしかないでしょう。他人がどう評価するよりも、あなた自身で納得できる結果だったかどうか。

他人に何をどう言われようが、他人からどう評価されようが、今のあなたにが関係のないこと。あなた自身が納得いく結果なら、それを自分で褒めてあげればいいんです。ビールで一人で乾杯したっていい。

だいたいね、他人なんてのは、あなたの都合や苦労なんか気にしないもんですよ。その人の立場や、その場そのときの気分と思い付き。それだけを根拠に好き勝手なこと言うんです。そんなもんに振り回されるのはバカバカしいにも程がある。

とはいえ、仕事で上司や同僚からの評価で、給与や役職が決まることってのもあるでしょう。そういう意味では評価を気にする必要もある。適正評価をされなきゃ困る。そのためにはそれなりの根回しやアピールが、必要な場合もあるでしょう。

でもそれは、あくまでも仕事上での話しでしょ。別にあなたの人間性を評価されてるワケじゃない。だったらその評価結果は参考ですよ。

優先すべきは、常にあなた自身の納得感。そのためには、自分を冷静に客観視。やると決めたことをできているか。やるべきことをやり切れているか。そこを冷静に見れれば、結果に対する他人の評価で一喜一憂することもない。良いときに奢ることもなくなる。

だから自分で決めた道を歩き続けられる。些細なことで心が折れたり、ブチ切れて大切な人を傷つけるようなこともしなくなる。

自分で決めた道を信じて歩き続けるから、そのあなたの姿を見て信頼と信用が生まれる。だから以前は他人が評価しなかったことでも、今なら評価しようと思ってもらえることがある。以前は伝わらかった想いも、本気の想いとして伝わることがある。

いやまあ、そこまでやっても評価されないこともあるでしょうし、伝わらない想いもありますよ。伝わったところで受け容れてもらえないこともある。でもね、そこまでやってるあなたをなら、評価してくれる人が現れる。あなたの想いを受け容れてくれる人を引き寄せる。

他人からの評価に執着しないことです。そんな一文の得にもならないことへ執着は、とっとと手放すことです。まずは、あなた自身が自分で納得できることを、納得いく結果が出るまでやればいい。

<参考関連記事>
執着を手放すと、なぜ愛と幸福を引き寄せるのか。不安から自由になると、なぜ大切な人と結ばれるのか。

あなた自身が納得感を抱けることやっていれば、心が満たされる。だから余裕が生まれる。人にも優しくなれる。そんなあなただから、あなたを愛してくれる人、評価してくれる人で現れるんです。だから目先の他人からの評価なんて気にするな。

どうせ他人なんて好き勝手言うんです。なら、そんなもんに執着しないで手放してしまえばいい。するとホントに、あなたのことを心から真剣に評価してくれるだけでなく、本当に愛してくれる人が引き寄せられるときがきますから(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻せば、他人の評価が気になることはなくなる
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。