大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

言いたいことを言い、聞きたいことを聞くから大切な人と心が通じ合う。言葉の数を積み重ねた分だけ、お互いの信頼が積み重なる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

言いたいことを言い、聞きたいことを聞くから大切な人と心が通じ合う。言葉の数を積み重ねた分だけ、お互いの信頼が積み重なる。

■言ったり聞いたりして困ることはあまりない

相手の想いに寄り添うからこそ、無駄口聞いて、余計な波風立てるよる、大人しく黙っていたほうがいいことってのはある。

小川健次Blog

不用意な発言で他人を怒らせたり、事態を混乱に陥れるくらいなら、沈黙のほうがBESTな選択であることだってありますよ。

相手の立場を考える。相手の想いに寄り添う。周囲の空気を読んで、他人に気を遣う。ときと場合に応じて、発言には必要な配慮をする。これ基本。

でもね、それも程度問題でしょう。まるで必要もないのに、やたらと気を遣うばかりで、言うべきことも言えない、聞かなきゃいけないことも聞けない。それが理由でお互いのコミュニケーションがうまくいかなくなのるは、まさに本末転倒でしょう。

そもそも、他人はあなたが思っているほど、あなたの言葉を重く受け止めちゃいませんよ。あなたが深く考えるほど、あなたの言うことを気にしているわけでもない。

それにね、ホントのホントに言っちゃいけないことなんてのは、考えなくてもわかるでしょ。ホントに声をかけるより黙っていたほうがいいときなんて、見りゃわかるんです。それが身近で日常的に関わっている相手なら、なおさらのことですよ。

だったら、あなたが言いたいと思うことは言えばいいじゃないですか。聞きたいことなら聞けばいいんです。それでお互いが困ったり不快になったりなんてしないから。そうなりそうなことは、そもそも言おうとも思わないから大丈夫。

僕も無料配信している小川健次メールマガジンで言いたい放題やってますが、それで僕が困ることはない。読んでて嫌になる人は読まなくなるからいい。そんなつもりでやってます。

言ったり聞いたりするにしても、変に気を遣いすぎて、やたらと無駄な遠まわしな言い方をしたり、不慣れな小手先テクニックで何とかうまくやろうなんて、つまらないこと考えなくていいんです。

そんなことしようとするから、せっかく言ったり聞いたりしても、ホントに言いたいことが伝わらない、ホントに聞きたいことが聞けないなんてアホっぽいことになるんです。おまけにお互い噛み合わないから、なぜかイライラして、ますます溝が深まる。

もっと素でいていいんです。そんな気を遣わずに、言いたいことは言えばいい。聞きたいことは聞けばいいんです。

<参考関連記事>
あなたが思うほど、あなたは期待されてないからもっと力を抜いていい。演技をやめて素の自分でいれば、本当に大切な人から愛される。

別に言っても聞いても怒られないようなことなのに、わざわざ遠回しに言ったり、黙っていたりするから怒られる。意味わかんないでしょ。それ。

あなただって、いちいち他人の言葉の一つ一つにいちいち反応しないでしょ。言いたいことは言ってもらったほうがいいし、疑問に思っているなら聞いてくれたほうが助かるじゃないですか。それ言われたり聞かれたりして、キレることなんてそうそうない。

■言葉の積み重ねが信頼を積み重ねる

誰だって思うんです。言いたいなら言ってほしい。むしろ黙っていられたら不安になる。聞きたいなら聞いてほしい。聞かれりゃ答えるし、むしろ聞かれないほうがムズムズして居心地悪い。

もちろん、どっかの眉毛野郎のように、あまりに不躾、あまりに無礼な言い方や聞き方は、それはそれで敵を増やすだけで、いいことなんか何もない。でもね、その最低限の大人の常識の範囲内であれば、まずは言う、聞くというところからスタートじゃないですか。

なのに、ただただ臆病な自分を正当化するために、気を遣ってるから、空気を読んでるから、なんて言い訳とともに、言うべきことを言えないし、聞くべきことを聞けないなら、それこそ何もはじまらないし、何もわからないままさようなら。

あのね、そんなに大げさなことはありませんよ。勇気や決断なていう話しでもない。話し方や聞き方のテクニックなんかもまったくもって不必要。

あなたが、余計な気を遣うことをやめればいいだけ。無駄に空気を読むことなんかやめればいいだけ。それで嫌われるなら、そりゃ元々嫌われてただけですよ。なら良かったじゃないですか。嫌われることがはっきりわかって。それだけでも収穫でしょう。

まあ、あなたが嫌われているわけじゃないにしても、些細な一言を言ったり聞いたりしたくらいで、ブチ切れるような人だったら、面倒くさいのでむしろ関わらないのが正解ですよ

そりゃあね、あなたが言いたいこ言えばすべてが解決するわけでもないし、聞きたいことを聞いたところで答えがすべてわかるわけでもない。でもその最初のステップがない限りは、何もわからないまま、あなたの妄想の中でただ堂々巡りになるだけですよ。

それにね、あなたが何かを何かを言ったり聞いたりしたとことろでも、実際にはそれで困ることにもなりませんって。

往々にして、人と人の関係で不信感生まれたり、いまいち言ってることが噛み合わなかったりすることのほとんど原因は、お互いの言葉足らずなんです。言えばいいこと聞けばいいことを、言わない聞かない、ただそれだけの些細なことが後に大きな問題になる。

後に問題になりリスクに比べれば、今言いたいことを言う。今わからないこと聞く。それだけですよ。些細なことつまらないことでも、お互いの言葉の数が多ければ、不信感が生まれることもないし、信頼関係だって揺らぐことはないんです。

しかもそれが、あなたにとって大切な相手であれば、なおさらのことですよ。相手のためにもあなたが思っていることは、言葉にしたほうがいいでしょ。

<参考関連記事>
愛があるなら、その人が幸福になるための言葉と態度を示そう。大切な人が幸福になることを優先すれば、あなたの想いは必ず届く。

あなたの勝手な憶測と妄想で相手の気持ちを決めつけないことですよ。無駄に空気を読まなくてもいい。あなたが思っているほど、相手はあなたの言葉を気にしていないから。

ちょっと言いづらい、聞きづらい。そこで止まってしまうより、言ったほうがお互いのメリットになることのほうが多いんです。だいいち言ったことでお互いにとってマイナスになることのほうが、実際にはほとんどないんだから(^。^)y-.。o○

言うべきこと聞くべきことを言葉にするには

小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事