小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心が通じ合う関係に、共通すること。心が通じ合わない関係に、ありがちなこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/01/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第64回

気の利く女子にありがちな「自分さえ我慢すればいい」マインドの危険性

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

       
地域・開催日 内容
福岡 02/15(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 02/22(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方
大阪 04/04(土)-05(日)2日間 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座
東京 04/25(土)-26(日)2日間 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

心が通じ合う関係に、共通すること。心が通じ合わない関係に、ありがちなこと。

心が通じ合わない関係に、ありがちなこと。

相手の思いに寄り添うからこそ、無駄口聞いて、余計な波風立てるより、大人しく黙っていたほうがいいことってのはある。

心が通じ合う関係ができているからこそ、相手の気持ちを汲み取って、不用意な発言でお互いの関係をおかしくするより、沈黙のほうがBESTな選択であることだってありますよ。

相手の立場を考える。相手の想いに寄り添う。周囲の空気を読んで、他人に気を遣う。ときと場合に応じて、発言には必要な配慮をする。心が通じ合えている関係だからこそ、ときにそういう気配りがお互いにできるようになる。

でもね、心が通じ合えていないのに、やたらと気を遣うばかりで、言うべきことを言わない、聞かなきゃいけないことを聞かない。そんなことをしていれば、心が通じ合うどころか、ますます通じ合わなくなっていくのは、当然のこと。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では頻繁に言ってる話しですがね、心で思っていることは、言わないと伝わらない。通じ合うこともない。

なのに、恐れる。不安になる。その必要もないのに、黙っていることを選択する。そもそも、他人はあなたが思っているほど、あなたの言葉を重く受け止めちゃいないのに。あなたがそんなに深く考えるほど、あなたの言うことを気にしているわけでもないのに。

だって、まだそんなに心が通じ合えているわけじゃない。それほどお互いのことがわかっているわけじゃない。だったら言わなきゃ、あなたの思いは伝わらない。聞かないと、あの人の気持ちはわからない。





大丈夫ですよ。ホントに言っちゃいけないこと、聞いたら関係おかしくなるような内容は、それこそ社会常識の範疇でわかるもの。結婚式で不幸な話しはするべきじゃない。というのと同じくらいのこと。

だから、あなたがあの人と、心が通じ合う関係になりたいのなら、言いたいことを言えばいい。聞きたいことを聞けばいい。それでお互いが困ったり不快になったりなんてしないから。そうなりそうなことは、そもそも言おうとも思わないから大丈夫。

言ったり聞いたりするにしても、変に気を遣いすぎて、やたらと無駄な遠まわしな言い方をしたり、不慣れな小手先テクニックで何とかうまくやろうなんて、つまらないこと考えなくていいんです。

LINEでも無駄に気をまわしすぎるから、ホントに言いたいことが伝わらない。そもそも何のLINEだかもわからない。だから面倒くさいと思われて、既読スルーされる。そしてますます、言いたいことが言えない悪循環に陥る。

<参考関連記事>
素直に聞くと、LINEでの不安が無くなる。素直になると、長文LINEで爆発しなくなる。

心が通じ合える関係になりたいと思っているのに、わざわざお互いが何を考えてるのが、もっとわからなくなるようなことをするから、話しがややこしくなる。んなことやってるから、そのうち、相手に心のシャッタ―閉じられる。

あなただって、言いたいことは言ってもらったほうがいいし、疑問に思っているなら聞いてくれたほうが助かるじゃないですか。それ言われたり聞かれたりして、怒ることなんて、よっぽどのことも無い限り、そうそうないでしょ。

心が通じ合う関係に、共通すること。

心が通じ合えている関係ほど、言いたいことは言っている。だって、黙っていられたらお互いに不安になる。それがわかっているから、相手の心に寄り添って、言いたいことは言い、聞きたいことは聞くというもの。黙っていたらムズムズして居心地悪い。

もちろん、あまりに不躾、あまりに無礼な言い方や聞き方は、それはそれで敵を増やすだけで、いいことなんか何もない。でもね、その最低限の大人の常識の範囲内であれば、まずは言う、聞くというところから、人との愛や信頼が深まっていく。

ただ臆病な自分を正当化するために、気を遣ってるから、空気を読んでるから、なんて言い訳しながら、自分が傷つくことを恐れて、言うべきことを言えないし、聞くべきことを聞けないなら、心が通じ合わないままでしょう。

そんなに大げさで難しいことじゃない。勇気や決断だって必要ない。話し方や聞き方のテクニックなんか無くていい。

大切な人と、心が通じ合う関係になりたければ、自分が傷つくことを恐れて、空気を読むことをやめればいいだけ。言いたいことを言い、聞きたいことを聞けばいいだけ。それで嫌われるなら、どうせ元々嫌われてる。それがわかって良かったね。





それにね、あなたが嫌われているわけじゃないにしても、あなたが言いたいことを言ったり、聞きたいことを聞いたりしたくらいで、ブチ切れるような人だったら、むしろ関わらないのが正解。そんなのとは、どうせ心が通じ合わない。

言いたいこと言えば、愛し合えるか、聞きたいことを聞けば、お互いを大切に思えるか。といえば、そんなことはないけどね。でもその最初のステップがない限りは、お互い何もわからない、通じ合わないまま、お互いの距離は近づくことはない。

他人との心が通じ合わない原因は、超能力が無かったり、修行が足りなかったりすわけじゃない。単なるお互いの言葉足らずなんです。言えばいいこと聞けばいいことを、言わない聞かない、ただそれだけの些細なことが後に大きな問題になる。

後に問題になりリスクに比べれば、今言いたいことを言う。今わからないこと聞く。そのほうがはるかに得でしょ。おまけにそれで心が通じ合うようになる。言葉の数が多ければ、不信感が生まれることもないし、信頼関係だって揺らぐこともない。

結果的に、それでお互いが合わないことが分かり、関係が終わってしまうこともあるかもしれない。あなたにとっては失恋になるかもしれない。でも大丈夫。そうなったとしても何かを失うわけじゃない。だから言うべきことは言えばいい。

<参考関連記事>
失恋しても、本当は何も失っていない理由。悲しみの先にある、幸せを手に入れる方法。

大切な人と、心が通じ合う関係になるのに、小手先のテクニックも、超能力も必要ない。あなた自身が傷つくことを恐れて、勝手に空気を読んで、憶測と妄想で相手の気持ちを決めつけないこと。ちゃんと言葉を積み重ねればいいだけ。

心が通じ合わない関係ほど、ちょっと言いづらい、聞きづらい、という理由で、何かを言うのをやめてしまう。だから心がすれ違う。わかりあえないまま別れることになるってことですな(^。^)y-.。o○

執着を手放せば、言いたいことを言えるようになる
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


04月大阪
小川健次


02月福岡
小川健次


02月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。