小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼のLINEの意味を知ると、執着を手放せる。言葉に右往左往しなくなると、愛が深まる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/01/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第64回

気の利く女子にありがちな「自分さえ我慢すればいい」マインドの危険性

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

       
地域・開催日 内容
福岡 02/15(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 02/22(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方
大阪 04/04(土)-05(日)2日間 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座
東京 04/25(土)-26(日)2日間 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼のLINEの意味を知ると、執着を手放せる。言葉に右往左往しなくなると、愛が深まる。

言葉に右往左往しなくなると、愛が深まる。

何のために言葉を発するか、何のためにLINEを送るかといえば、頭で考えていることを、自分以外の誰かに伝えたいときでしょう。よっぽどの独り言は別にして。
小川健次Blog
誰かに伝えたいから言葉にする。LINEを送る。とはいえ、その言葉やLINEの文章の一つ一つ、その全てが、はっきりとした意図があってのことかといえば、実はそうでもない。

単に、その場が無言だと気まずいから、どうでもいいことを口にする。これといって、気の利いたレスポンスも思いつかないから、当たり障りのないスタンプをLINEで返す。そんな経験はあなたにだってあるでしょう。

ちなみに、僕が毎朝配信で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画についても、何かしら意味があるのかと聞かれることがありますが、そんなの面倒なのでいちいち深い意味を込めてない。

意味も意図もクソもない。ただ何となく、とにかく言葉にしただけ。LINEで文章やスタンプで表現しただけ。それ以上でもそれ以下でもない

それは別に、関係の浅い人とのことに限らない。身近な人、家族や同僚、あなたにとって大切な人との関係でも、大して意味のない発話をしたり、LINEを送ったりはよくある。

誰だってそうでしょ。発するすべての言葉、送るLINEの文章、その一つ一つ全てに、明確な意図や、深い意味を込めなきゃならなかったら、言葉を安易に発することなんかできない。日常会話なんか成立しないでしょ。





それに、言葉を聞かされる側、LINEを受け取る側にしたって、いちいち言葉の一つ一つで、そこに込められた深い意味を読み解かなきゃいけないから、聞くだけで面倒くさい。LINEを開くのもウザい。やりとりそのものがイヤになる。

要するに。僕たちの日常会話の中で見聞きする言葉や、LINEの文章のほとんどには、あなたが考えるほど、深い意味はないということ。皆、これといった目的もないし、単にその場そのときの思い付きで言ってることがほとんど。

彼が、冬はやっぱりカレーうどんだねって言うんです。それって鍋焼きうどんが好きな私のことを、嫌いっていうことですよね。
眉毛イケメン
え? ただ彼がカレーうどんを好きだってだけでしょ。
彼がLINEで、住みたい街ってどこ? って聞いてきたんです。これってやっぱりプロポーズですか?
眉毛イケメン
え? ただ雑談で聞いただけでしょ。

日常で僕たちが口にしたり耳にする言葉ほとんどは、良くも悪くもそんなもん。大した意味もなければ大した考えもないものばかり。ただ何となく言ってみただけ。だから、いちいちそれに反応しなくていいんです。

それが仮に、返信のこないLINEでも同じこと。彼が何か特別な意図を込めて、返信しないんじゃない。なんとなくその必要を感じないだけ。ただ他のことが忙しいだけ。

<参考過去記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

もちろん、時と場合、発する人や聞く人の立場次第で、相手の言葉や、LINEの文章に込められた意味を、読み解かなきゃいけないことはある。

でもね、そういう場面はそういう場面で、お互いにわかるじゃないですか。彼だって、伝えたいことがあれば、ちゃんと伝えてくれるから。そうでもなければ、どうせ大した意味もないこと。適当に流しておけばいいんです。

彼のLINEの意味を知ると、執着を手放せる。

彼が思いつきで、意味もなく発っした言葉。送ってきたLINE。思い付きでしかないから、何を言ったか、何を送ったかなんて覚えちゃいない。覚えておくこと、それ自体にだって意味も価値もないのだから。

あなただって、昨日自分が発した言葉を、どれくらい覚えてます? 実のところほとんど覚えてないでしょ。家で家族とした会話、取引先とした雑談、ランチをしながら同僚とした世間話し。そこで発した自分の言葉をどの程度覚えているか。

もちろん、重要事項だと意識して、発した言葉や送ったLINEの内容は覚えているでしょう。でもそれ以外のことはどうなのか。おおよそ覚えていることもあるでしょうが、その詳細や、発話の一言一句、LINEの全文を覚えてなんかいないでしょ。





なのに、あの人の言葉、あの人のLINEには、深い意味が込められていると思ってしまう。そこから、彼の本心を見出そうとしてしまう。それって、つまり、あの人からの見返りに執着しているからですよ。

私の期待通りのことを言って欲しい。私が不利益を被ることを言ってほしくない。私の期待通りの想いでいてほしいし、違う想いを抱いてほしくない。言葉の端々から感じ取ってやろう。失うことがないよう、ジッと監視してやろう。そんな執着心。

だから、あの人の言葉一つ一つを深読みしたがる。いちいち過剰に反応する。やがてウザがられてさようなら。

おやすみ。って、お前とは話したくないから、とっとと寝ろって意味ですよね。あの人ホントにひどいです!
眉毛イケメン
うーん。ひどいのはあの人じゃなくて、おめーの頭じゃねーの?
だって、愛してるって言ってこないのは、私のこと軽く扱ってるからですよね?
眉毛イケメン
そうやって勝手に期待するから、どうでもいい会話が気になるんでしょ

彼からの見返りへの期待に執着するから、無意味な言葉やLINEにいちいち反応することになる。冷静になれないから、相手のホントの気持ちがわからなくなって、疑心暗鬼で不安になる。そりゃ、関係がおかしくなるのも、当然でしょう。

彼だって、そこまでいちいち考えて発言なんかしないし、LINEを送ったりしないから。そのほとんどは、その場の無意味な思いつき。言いたいだけ。言ってみたいだけ。

それでも、どうしても気になる。彼のLINEの返信が遅い理由をどうしても知りたい。それなら、それに合わせた対応をすればいい。おかしな誤解をして、話しをややこしくする前に、やるべきことをやればいい。

<参考関連記事>
LINEの返信が遅い理由と、その対処法。意味を誤解しないために、やるべきこと。

彼の言葉やLINEには、どんな意味があるか、それは少し考えればわかること。そしてその意味がわかるから、些細なことで右往左往することもなくなる。執着を手放すことができるから、心穏やかに彼と向き合うことができる。

そもそも、彼の言葉にもLINEの文章にも、大した意味などない。その前提を忘れなければ、不要な駆け引きもなく、素直な気持ちで付き合える。だからこそ、お互いの関係は、より深い愛と、強い信頼で結ばれることになるってもんですわ(^。^)y-.。o○

個別セッションの継続サポートコース』を受けはじめたら、彼の言葉に縛られなくなって、ポケモンもたくさんGETできるようになりましたー!
眉毛イケメン
ポケモンは全然関係ねーだろがよ!
ポケモンにツッコミ入れるなんて、やっぱ私のこと嫌いなのね。ひどい。顔に韓国海苔貼り付けてるくせに。
お早めに!
言葉に縛られっぱなしじゃねーか。っつーか、韓国海苔じゃねーし!

自己肯定感を高めれば、他人の言葉に右往左往しなくなる
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加>

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


04月大阪
小川健次


02月福岡
小川健次


02月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。