大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

引き寄せの法則で、大切な人との心の距離を縮めよう。執着を手放すから、お互いを尊重し合える関係になれる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

引き寄せの法則で、大切な人との心の距離を縮めよう。執着を手放すから、お互いを尊重し合える関係になれる。

■認めて信じれば心が軽くなる。

時と場合にもよるのでしょうが、些細なこと、どうでもいいことでイラっとしたり、ブチ切れたりするような気分のときはある。

小川健次Blog

ホントだったら、そんなことは華麗にスルーすればいいのはわかっていても、いまいち気になる、手放せない。そりゃまあ誰だって自分で自分の心を制御して、常に平常心でいたいとは思うもの。

とはいえ、日々いろいろ起こる。予想外の出来事や、不本意な結果。ことの大小に関わらず、思い通りの結果にならないと。心に波風立ちまくり。不安やストレスでついつい自分を見失ってしまうこともある。

まあ全部が全部予想どおりでうまくいくならば、それはそれで面白味にも欠けるというもの。多少のストレスは心の健康のためにも必要でしょう。とはいえ、それでもやっぱり、必要以上にストレス感じてイライラするのはバカバカしいし、それで得することも何もない。

冷静になって考えてみれば、なんであんなとこでキレたのか。なぜあそこであんな余計なこと言ったのか。ことの発端は些細な出来事。なのに心に波風たって、自分の心を制御できなくなって、取り返しのつかない失敗した経験の一度や二度はあなたにもあるでしょう。

まあよっぽど達観した人でもなきゃねえ。そういうことはありますよ。悟りでも開いていりゃそりゃ話しは別ですが、なかなかそうもいかないのが人の心というもの。だからといって心に波風立つことを恐れているだけなら、何もできないし何も生まれない。

心に波風立つのは仕方のないことだとしても、波風立っても自分の心を見失わないくらいのゆとりは持っておけばいいんです。どうせ嵐には遭遇する。それが人間同士ならなおさらのこと。ならば嵐を避けるより、嵐に遭遇しても難破しないようにしておくことですよ。

要するにイラつきの原因。それは、心のどこかで、その人を思い通りにしたいという支配欲求のあらわれ。自分の期待と違う、自分の思ったことと違う。だからイラつく切れたくなる。

私はこういう想いを持ってるのに、それを返してくれない。俺は君のためにこうして欲しいのに、そのとおりしてくれない。結局自分。目的は自分の心を満たすこと。そこが基準だから、そのとおりにならなくてイラつくんです。

そのうち、あの手この手の小手先テクニックや口八丁で何とかしようとしだす。相手にしてみりゃ一方的に期待だけされて、応えなければキレられるわ、今度はつまらい小手先テクニックでどうこうしようとしてこられたら、ちょっと興醒め。興醒めどころかドン引きですよ。

そうなるとお互いの心は離れるばかり。あの手この手の力を尽くしているのに離れてく。ますます心に波風立って、そのうちどっかで爆発して永遠にさようなら。

だから自分のことより、まず相手を認めて信じる。余計な執着は手放してしまえばいいんです。

<参考過去記事>
引き寄せの法則は、執着を捨てたときに働きだす。手放してしまえば望みのものが手に入る。

それがどんなに大切な人であろうと、どんなに身近な人であろうと、その人にはその人の考えや想いがある。それを優先すればいい。その人の幸福だけ望めばいいんです。見返りなんかいりませんよ。その人の幸福が何よりの見返りなんだから。

それでダメになる関係なら最初からダメなんです。いいじゃないですか。それで。どうせ縁のない相手。お互い時間を無駄にしなくて良かったね。でもね、ホントに縁ある相手なら、あなたが信じて認めて手放した瞬間に、なぜだかその人との心の距離がググッと縮まる。これホント。

■感謝は執着心を手放す。

手放すと言っても開き直ってヤケっぱちになるということじゃない。心から大切だという想いを持ちながら、自分への見返りを期待しないこと。他人の心を支配しようとしないこと。ただその人の幸福のみを考えること。

それも別にボランティア精神で、その人に尽くせということでもない。言うなれば感謝のお返しというやつでしょう。

その人に出会えたことで心が安らぐ。その人の存在で仕事を頑張れる。笑顔に癒される。何でもいいんですが、その人の存在を認知したこと自体で、すでにあなたはいろいろな恩恵を受け取っているんです。それを感謝の心で返せばいいだけ。

何かを与えると考えるからややこしい。すべてはお返しなんです。お返しである以上、見返りなんか求めなくていい。執着なんかしなくていい。

すると心がスッと軽くなる。フラットな気持ちでその人と接することができるようになる。お互いの魂が共鳴し合って、惹かれ合い、気づいたときには心の距離が近づいているんです。

おおよそ結ばれて長続きする関係なんて、だいたいそんなもんじゃないですか。

どちらがどちらを支配したり、執着したりする関係というより、フッと心がフラットな状態のときに、心の電波の周波数が合って、気づいたときには結ばれていた。うまくいってる関係なんて、だいたいそんな事例のほうが多いものでしょう。

そもそも、サバンナで獲物を狙うライオンのように、眼をギラつかせてれば、そりゃ引き寄せの法則云々の前にドン引きされるのがオチ。心当たりがあるなら、ちょっと鏡を見て目つきをチェックしたほうがいいかもしれません。

もちろん、信じて手放すとは、何もしないことじゃない。ただ祈ってるだけでうまくいくなら、世の中に泣き寝入りするやつなんかいませんよ。

感謝の気持ちを言葉と態度で示す。そして昨日の記事でも言ったように、自分という人間をちゃんと見せる努力は最低限するべきでしょう。

<昨日の記事>
自分のことを正しく伝えると、魂が共鳴する信頼関係を引き寄せる。上っ面の綺麗ごとだけなら、不安と心配を引き寄せる。

そこまでやってりゃ、誰だって惹きつけられる。そこまで執着を手放して、見返りを期待せずに誰かの幸せを心から願える人なら、追いかけてるあの人じゃなくても、他の誰かが放っておかない。少なくとも僕は放っておかない。

すると結果的に一番ご縁のある人、そして本当に大切な人を引き寄せる。それが今すぐなのか、ちょっと先なのかはわからない。そんなもん手放しているから気にならないんです。

大切な人との関係に限らず、望みのものがなぜか引き寄せられた。そう感じるときってのは、往々にして心にある執着が消えて無くなっているとき。フラットな心の状態でいるときだったりするじゃないですか。

あの人をどうにかしてやろう。あの人の心を思い通りにしてやろう。そんな想いが執着心としてある限り、大切な人との距離は遠のくばかり。

まずは、その人の喜びに感謝。その人の存在にめぐりあえたことにありがとう。そんなところからスタートですよ。どんな関係であれ、お互いを尊重し合える間柄ってのはそういうところからですしね(^。^)y-.。o○

<個別コンサルティングで『引き寄せの法則』を実践する>
小川健次

小川健次<個別>コンサルティングサービス

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事