小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分のことを正しく伝えると、魂が共鳴する信頼関係を引き寄せる。上っ面の綺麗ごとだけなら、不安と心配を引き寄せる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分のことを正しく伝えると、魂が共鳴する信頼関係を引き寄せる。上っ面の綺麗ごとだけなら、不安と心配を引き寄せる。

■自分で言えば釈明もフォローもできる。

誰にでも、あまり大きな声では言えないこと、隠しておきたい恥ずかしいことの一つや二つはあるもんです。

小川健次Blog
そりゃ中には、全部が全部誇れること、自慢できることばかり。恥ずかしいことなど何一つない。なんて人もいるかもしれない。でもそういう極端な人は多くない。

それなりに生きてきてりゃ、恥ずかしい失敗の一つや二つ、人に言えない暗い過去の一つや二つはあるでしょう。それこそ他人が聞けば、ドン引きしそうなことだってあるかもしれない。僕にだって、少なくとも公の場で言うとマズいことはありますよ。

他人に見せたくない自分の欠点、思い出したくない過去のこと。そのこと自体が悪いわけじゃないし、そういうことは誰にでもある。あなたにもあるし僕にもある。

でもね、それを誰にも見せず、知られずに墓場まで持って行けるならいいんです。だけども中途半端に見せたり話したりするから、話しがややこしくなる。事実と異なる情報として勝手に拡がる噂になる。

話しに余計な尾ヒレがついて、まるで事実でもなければ、言ってもいないようなことが勝手に広まって、完全なる誤解だけでイメージが作られたら目も当てられない。

すでに噂として広まって、イメージが固定化されてしまえば、会って話してもそういう固定観念や先入観で見られる。釈明や弁解の機会さえ与えられずに、誤解されたままさようなら。

もちろん後ろ指さされるよう悪事を働いたことが露見し、それによってネガティブイメージを抱かれるなら自業自得。でもね、事実と異なる噂を基にした情報でつくられたイメージのみで、悪い印象持たれてしまうのは、なんともやりきれないもんでしょう。

確かに火のないところに煙はたたない。拡大したのは誤解であったとしても、そもそもは自分にあるマイナス要素。そしてそれを中途半端に伝えた自分にも落ち度はある。

でも他人にしてみりゃそんなことはどうでもいい。その情報が正しいかどうかよりも、形作られたイメージによる印象のほうが大きいから。ホントはどうだったのか、それが事実かどうかなんて、この際あまり興味ない。そのまま聞いた情報を基に評価を決める。

だったら、そういう事態に陥る前に、最初から自分という人間をさらけ出してしまえばいい。たとえ自分にとってマイナスな要素でも、過去の暗い思い出でも、後で中途半端な憶測によって評価されたり、人伝に誤った情報聞かれるるくらいなら、自分で話せば説明できる。その場で自分で釈明できる。

本当に大切な人、信頼関係を築きたい人が相手だったらならなおさらのこと。そういう相手だからこそ隠すのではなく、むしろ伝える。大切で信頼したいと思うなら、こそこそしないで明け渡してしまえばいいんです。

<参考過去記事>
大切な人にだからこそ、信じて自分を明け渡してしまおう。お互いを尊重し合える理想の関係は、信じるから引き寄せる。

自分にとってマイナスだと思うこと、隠しておきたいと思うことを、言うのは確かに嫌でしょう。でもだからこそ、ちゃんと伝えておかないと、後で不要な火種になることもある。よくわからない、わだかまりとしてお互いの間に残ることになる。

それでも嫌なら、徹底的に隠し続ける。誰にも悟られないように、何があっても気づかれないように。そして墓場まで持っていく。墓場の中でも分子レベルまで分解されるまで離さない。

■正しく伝えれば不安や心配も消えてなくなる。

もちろん、言わなくてもいいこと言う必要はない。その場そのときそぼ状況や環境によって、言うべきこと言わなくていいことは変わるもの。短期的にだけじゃなく、中長期的にも言ってわざわざ損すること、誰も得しないことを、世間一般に表沙汰にすることもないでしょう。

とはいえ、なし崩し的に表に伝わり、中途半端に拡がって、まるで事実とは異なってたり、必要以上にネガティブになってたりする内容で表沙汰になるくらいなら、こそこそ隠していないで、最初っから自分で表沙汰にしてしまっていればそうはならない。

そもそも、隠していたことが表沙汰になった場合は、なぜだか驚かれたりするものですが、日頃から自分でオープンにしていることなら、だから何?で話しは終わり。

僕に隠し子6人いるのがバレれればそりゃ大騒ぎですが、隠し子6人いるのを公言していれば、最初から、そういう人なんだで特にどうということもない。それが嫌な人とは最初から切れてるから。あ、一応念のため言っておきますが、隠し子はいません。いまだ人の親になった経験もありません。

身近な人にしてみても、よその他人から噂として聞かされる話し、しかも尾ヒレがついて真贋疑わしい話しより、本人から聞かされてることなら、別にそれでどうなることもない。

そりゃ最初はショックを受けるかもしれない。それでも本人が目の前で語っていれば。その場で弁解もフォローもできる。ただしく本当のことを伝えられる。

当事者の口からちゃんと双方が納得のいく説明がなされていれば、疑念や不安も消えてなくなる。ならば、疑念や不安を生むような、中途半端な形で伝わる前に、伝えるべき大切な人には、先に言っておいたほうがいいに決まってる。

それにね、良いも悪いも裏表もなく、自分のことを話してくれる人って信用できるじゃないですか。少なくとも騙されたり裏切られたりするような、不安や心配をその人から感じることはない。

だからと言って、誰彼構わず、自分のことをベラベラ話せということではない。いやまあ、そういう人はそういう人でいいけども、なかなかそうもいかないこともある。ならば、せめて大切な人、身近な人、信頼関係を深めたいと思っている人には、自分という人間のことを素直かつ正直に話しておいて損はない。

その結果、お互いの関係がギクシャクすることもあるかもしれない。弁解しようがフォローしようが、ダメになるかもしれない。でもね、ホントのホントにお互いのためを思って、素直に自分のことを話すのであれば、理解してもらえるときがくる。納得してくれる日は必ずくる。

<参考過去記事>
誤解と衝突を恐れないで言葉にすれば、想いはいずれ必ず伝わる。上っ面の言い回しを飾るだけなら、想いが届くことはない。

繰り返し言いますがね。何が何でも隠したいこと。絶対に人に言えないことなら、相応の覚悟を持って黙っておけばいい。そのことに関しては未来永劫口を閉ざせばいいんです。

あなたにだけは言うけど内緒ね。これは他の人には言っちゃダメよ。なんてのは最悪。人に言った瞬間拡げてくれと言ってるようなもんですよ。尾ひれのついた噂話し、事実と異なるゴシップなんて、結局は誰かが嗅ぎ付けるんじゃなくて、自分で漏らしているだけのこと。

そういう覚悟を持てないなら、墓場まで持っていく自信がないなら、ちゃんと初めから言ってしまえばいいんです。誤解が生まれないように心を込めて説明する、自分という人間を知ってもらえばいいんです。

それでホントに嫌われるなら、どうせ後でバレても嫌われる。早いうちに嫌われてむしろ良かったね。

誰だっていろんな事情がある。皆いろんな過去がある。良いも悪いもありますよ。それらをお互いが理解し合えたときに、上っ面じゃない本当の意味での、魂が共鳴するような信頼関係を引き寄せるってものでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。