小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

引き寄せの法則は、執着を捨てたときに働きだす。手放してしまえば望みのものが手に入る。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第143回

「専業主婦になって」モラハラ傾向がある婚約者に、曖昧な態度を続けた結果。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

引き寄せの法則は、執着を捨てたときに働きだす。手放してしまえば望みのものが手に入る。

■引き寄せの法則は日常的に働いている

手放すというとニュアンスがまた微妙ですが、何もしないで放置せいというのとはまたちょっと違う話し。

小川健次Blog

やるべきことはやるんです。決めることは決める。そして望むことは望む。とはいえ執着はしないということ。


言ってみれば執着とは迷いと不安。迷いを断ち切ろうとしてそこにこだわる。不安を消し去ろうとして、そのことばかりを考える。だから思考は雑念に影響される。つまりは心がクリアでない証拠。

人事を尽くして天命を待つ。と言えば近いのかもしれません。ホントにやるべきことやり切って、決めるべきこと決め切って、これ以上は無理だろうというところに到達すれば、あとはもうどうとでもなれ。やることやった。あと知らない。

その域までいけば執着もクソもない。必然的に心はクリアな状態ですよ。でも望みははっきり鮮明に心にある。捨ててないけど手放している。手放してるのに手に入る感覚だけははっきりイメージで描けてる。

するとあらあら不思議。それがどこからともなく手に入る、まるで予想外のところから、なぜか手元にやってくる。

いやまあ、そもそも手放しているので、どこからくるかなんて予想もしてないんですけどね。予想してたり期待してたりする時点で、それは執着している証拠ですわ。

執着から解放されたとき、すなわち本当の意味で手放すことができたとき、引き寄せというやつが起こるんです。

あ、一応言っておきますが、僕はオカルトの信奉者ではありません。が、目には見えなくとも、説明がつかなくとも、現実に目の前に起こる出来事そのものまでを、否定するほど狭量ではありません。

誰にだってそういう経験の一つや二つはあるでしょう。本当に望んだものを手に入れるために、力の限り追いかけてみて、その場は手に入らなかったけど、忘れた頃にフッと突然それが手に入ったことが。

もちろんそれは偶然なのかもしれない。もしくは偶然じゃないのかもしれない。それこそ科学的にその因果関係が証明できるかもしれないし、証明できないかもしれない。

ただ事実としてそういうことは現実としてあるということ。
人間関係にしたって不思議と感じるものによって、結ばれたりそうじゃなかったりするじゃないですか。

<参考過去記事>
本当に愛されているなら、傷つくことはされない。本当に愛しているなら、傷つけることはしない。

そして引き寄せが起こるとき、引き寄せを体験するときというのは、往々にして執着しているときではなく、手放しているとき。つまり思考がクリアになっているときであるといこと。これは認めざるを得ない。

■願うだけじゃ引き寄せは起こらない

繰り返し言いますが、引き寄せとはボーっとして何もしなければいいということじゃない。それで成功すんなら世の中全員成功者ですわ。

自分の望みを鮮明にしつつ、それが確実に手に入ると確信に至ることができる。そこまで思考がクリアになるほどにで、やることやって手放すまで行ったその先にあるということですよ。

そういう意味では「決断」も同じことで、ホントにその道を歩もうと決めて断つ。だから思考がクリアになる。その道の先で手に入れられるものを確信できる。結果それが引き寄せられる。

ナポレオン・ヒルもジョセフ・マーフィーもジョー・ヴィターレも、少しばかり言い方違いますがそこは言ってること皆同じ。

ただ願うばかりであれば、それはラッキーパンチを狙うのと同じこと。それはラッキーであって、自分がそれを手に入れられるという確信を持ってのことじゃない。自分じゃ何もしない他力本願。

心のどこかで自分の力じゃ無理だろう。ラッキーでも起こらない限りダメ。そう思っているから思考がクリアにならないんです。だから引き寄せ本を読んで願ってみたところで、何も起きやしないんです。

人智を超えた不思議な力によるとしか思えないような、引き寄せというものは事実ある。が、それも結局は本人の思いと、その思いを表現するための行動があって初めて起こり得るもの。

まあでもね。また言ってしまうとミもフタもないかもしれませんが、そこまで思って手放せるほどに行動できれば、誰かが助けてくれたりもするもんですよ。その結果として手に入ることもある。これも言ってみれば引き寄せかもしれませんが。

<参考過去記事>
執着を手放すことで、愛を引き寄せるたった一つの方法。感謝が、心を宇宙の法則と一体化させる。

もちろん他人がどうのというのも関係なく、完全に意表と突くようなところから、引き寄せられて結果的に望みが叶うということもありますよ。

その原因はホントに不明。偶然かもしれないし。偶然じゃないかもしれない。まあでもどっちでもいいじゃないですか。結果として手に入るなら万々歳。

だからまずは余計な考えをゼロにして信じることです。必ずそれは手に入ると。自分にそれは実現できる確信することです。そして行動に移してみればいいんです。

ある日突然「うわっ!ホントだぁ!」と確信する日が来ますから(^。^)y-.。o○

■さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
↓ ↓
<無料>小川健次メールマガジン配信中
小川健次メールマガジン



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。