大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛されたいと思うから、苦しくてしんどくなる。愛せるようになれば、心がスッと軽くなる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

愛されたいと思うから、苦しくてしんどくなる。愛せるようになれば、心がスッと軽くなる。

■違いを認めないからイライラする

それぞれ生きてきた環境も違うし、それぞれ今の立場や周囲の状況だって違うんです。あの人はあの人であなたはあなた。

小川健次Blog

そりゃ価値観だとか生い立ちだとか、共通するものや似通ったものもあるでしょう。それでも同じ人間じゃないんです。あの人はあなたじゃなくて別の人。

いくら共通するものや、似通ったものがあったとしても、お互いが違う人生を生きている。それぞれにそれぞれの生き方や、人生観があるんです。何が良くて何が悪いか。どれが好きでどれが嫌いかは関係なく、皆自分の価値単に従って生きている。

だから、物事に対する意味づけや解釈だって、人それぞれ違うんです。同じものを見ても、その人の心で何を見ているかによって、その後の対応は変わってくる。

食卓に、ブ厚い高級ステーキ肉を並べられて、すごいご馳走だと喜ぶ人もいるでしょう。その一方で、ダイエット中の人の前に並べれば、嫌がらせだと思うでしょうし、過激な動物愛護団体の人の前に並べたら、グーで殴られるかもしれない。

夢の国と聞いて、ネズミのお化けの遊園地を想像する人もいるでしょうし、東京湾の埋立地を想像する人もいるでしょう。あ、ありゃ島か。太い眉毛と聞いて、ムカつく人もいるでしょうし、胸がきゅんきゅんする人だっているんです。あなたのように。え? してない?

それはつまり、あなたの解釈と、あの人の解釈が違っていること。よくあるんです。だって違う人同士なんだもん。皆自分の価値観や今の状況環境に従って、意味づけと解釈してるんだもん。そりゃ誤解や行違いなんてのも普通に起こりますよ。

でもね、そこで起こる誤解なんてのは些細なこと。意味づけと解釈にすれ違いが起こるなんてのは。ある意味普通のことなんです。いちいち過剰反応しなくていい。

私はこう思ってこう言ったのに、あの人はそれをわかってくれない。受け容れてくれない。あぁやっぱり私のことはあまり好きじゃないんだ。私よりあの人のほうがいいんだ。気持ちがどんどん遠ざかる、あぁつらくてしんどい。そんな私可哀想。

いや、だから、誰もそんなこと言ってない。あなたの言葉、あなたの態度に対する意味づけと解釈が、あなたの意図と違った形でなされただけ。相手としては別にどうとも思ってない。その人の価値観に基づいて意味づけて解釈しただけのこと。嫌いもクソもない。

そんなことで右往左往しなくていい。そもそも焦っていたりするから、ちょっとした解釈の違いに過剰反応するんです。

<参考過去記事>
焦らない心の余裕が、理想の結婚相手や恋愛相手を引き寄せる。執着を手放せば、ご縁あるパートナーにめぐり合う。

同じ出来事、同じ言葉でも、それを見る人、聞く人によって意味づけと解釈は違うんです。

それにね、ただ相手にばかり受け容れてくれること、同じ価値観でいてくれることを望み、それを押し付けようとする心の動きがあるから、そのとおりじゃないときに、焦るんです。いつも言うように期待するばかりで、見返りに執着しているからですよ。

■愛することに力を注げば愛される

単なる解釈の違いでしかないようなことを、いちいち深読みする。お互いの関係にとって、まるで意味のない程度の行き違いにさえ、やたらとネガティブに解釈する。火のないところに自分で火をつけて、自分で一所懸命うちわで煽って大きくする。

その一人相撲も、ずっとやってると、そろそろ疲れるでしょ。

いいじゃないですか。あの人の考え、価値観はあなたと違うんだから。多少の行き違いや、すれ違いもある。好みの違いもありますよ。だからといって、それであなたを否定しているわけでも、あなたを遠ざけているわけでもない。そもそも人として違う。ただそれだけのこと。

愛されることを期待しすぎなんです。その見返りに執着しすぎですよ。だから、相手に自分と同じでいることを強要する。それがちょっとズレるだけで不安になる。心配になる。しんどくて泣きたくなる。ってアホか。

決めるのはあなたじゃなくて、その人でしょ。どんなに近い存在だろうが、大切な人だろうが、その人が何をどう意味づけして解釈し、誰を愛そうがその人の自由。

そこに勝手にあなたがズカズカ踏み込んで、ちょっとアンタ、私の期待通りの答えを言いなさいよ。私と同じように感じなさいよ。そうじゃないってことは、私のこと嫌いなのね。そんなの許せない。訴えてる!って理不尽にもほどがある。

もちろん、あなたには、そこまでしているつもりはないでしょう。ちょっと期待に応えて欲しいだけ。ちょっと価値観合わせて心地よくなりたいだけ。愛されたいだけ。でもその積み重ねが、相手はもちろんのこと、あなた自身の苦しさにつながっていくもの。

だったらこの際、愛されることなんて、気にしなくていいじゃないですか。そんな期待は山の向こうに、全力で投げ捨てちまえ。

自分と他人とは違うもの。その前提をわかった上で、認めた上で、その人を愛することだけに力を注げばいいんです。見返りなんか気にしなくていい。だって愛だもん。受け容れてもらえなくても関係ない。あなたが見返りを期待せず、その人を受け容れるんです。

すると心が軽くなる。良い意味での開き直り。愛されようが知ったことか。愛しているからこそ、その人を尊重する。行き違いがあろうが、すれ違いがあろうが、好きは好き、それはどうした。だったら何だ。そう開き直れば、お互いが苦しさから解放される。

そもそも、愛することができるって、それだけで力ですよ。見返りを求めず誰かのために、想いを注げる。それができる人なら、結果的に、愛してくれる人を引き寄せるんです。

<参考関連記事>
誰かを愛し、誰かを大切に思える自分に自信を持とう。あなたには、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる力がある。

とはいえ、愛されたいと思うのも、人としての本能でしょうから、それを全部捨ててしまうのは、仙人でもなきゃ無理でしょう。でもね、愛されたいという思いより、愛したいと思う気持ちを、ググッと大きくすることはできるでしょ。

すると、心に余裕が生まれる。小さなことに右往左往しなくなる。相手を認め許し受け容れられるようになる。その想いは、あなたを愛してくれる人に伝わりますよ。そうして馴れ合いではない、お互いを認め合った愛で結ばれるようになるってことでしょうな(^。^)y-.。o○

<小川健次本人による動画解説付き>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事