大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

差し出した代償に応じて、未来の幸福が手に入る。いつまでも捨てずにいるから、それが重しになって苦しくなる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

差し出した代償に応じて、未来の幸福が手に入る。いつまでも捨てずにいるから、それが重しになって苦しくなる。

■決めて断つと望みの結果を引き寄せる。

言うまでもなく生きられる時間には限りがある。もちろん今日できることにも限りがあれば、この午前中に出会える人の数にも限りがある。

小川健次Blog

僕たちは常に限界の中で生きている。時間という定められた枠の中で、取捨選択をして生きている。

やりたいことはたくさんあっていい。出逢いたい人だってたくさんいるでしょう。だけどもそのすべてを手に入れることはできない。だって時間は限られているから。その両手に持てる量、背中に負える重さには限りがあるから。

だから取捨選択。何かをその手にするためには、別の何かはその手から捨てる。あれもこれも持ちたいと、迷っているうちに時間は過ぎる。不要なものをその手から手放さい限り、本当に大切なものをその手に入れられない。

つまりは決断。決めて断つ。断たなきゃ同じことの繰り返し。断たなきゃ同じところの堂々巡り。断つ勇気と覚悟を持つことができる人だけが、手に入れたいものを手に入れることができるというものでしょう。

新しい出逢いは欲しいけど、昔の男のことが忘れられない。また復縁するかもしれない。だから何となく関係を維持して、気づいたときは都合のいい女扱い。あのね、前に進みたければ、そんなクソみたいな過去はとっとと捨てちまえ。

ホントにやりたい仕事がある。そのための勉強をしなきゃいけないけど、友達と飲みにも行きたい。そりゃどっちかを断たない限り何年経っても同じこと言ってることになるだけですよ。本当にやりたいことと、友達に飲みことと、両立できないならどっちかを断つしかないんです。

もちろん、何を断つのが良いか悪いかは、あくまで自分の価値観と自分の判断。別に他人がどうこう言うことじゃない。大事なことは、自分にとって本当に大切だと思うもの、限られた人生という時間の中で、優先順位として高いと思うものを選ぶことでしょう。それ以外は全部後回しですよ。

そりゃ中には、何でも器用にうまくやる人もいる。欲しいものを効率的に手に入れる生き方上手の人もいるでしょう。それはそれでいいじゃないですか。でもね。そんな人はそういない。

それにね、見た目は器用にうまくやっている見えてる人も、ホントは自分で優先順位をつけた上で、決断と選択をしてるもんです。捨てるものは捨てて、必要に応じた代償を支払っているもんですよ。

全部が全部手に入ればそれもいい。ダラダラした休日もやりたいし、飲みに行って遊びもしたい。他人から認められたいし褒められたい。つらいの嫌だけど充実感は味わいたい。そして金と時間を自由に使いたい。ってそれは無理。

結局のところ、あれこれやりたいことを考えてみたり、夢や希望を膨らませてみたにも関わらず、そのためのスタートが切れない、その行動ができない一番の理由は、決断できていないこと。何かを代償として差し出すこと、何かを捨てる勇気を持てないことがほとんどなんです。

やりたいことを実現するために、手に入れたいものを手に入れるために、今の自分が抱えているものをいくつか捨ててみればいい。そうすりゃ自動的に前に進みだしますよ。携帯のメモリなんか消しちまえ。テレビなんか捨てちまえ。いやそれ何でもいいんです。

意味のない執着心なんか手放してしまえばいい。そうすりゃ行動が生まれるし、結果的に望みのものを引き寄せる。

<参考過去記事>
引き寄せの法則で、大切な人との心の距離を縮めよう。執着を手放すから、お互いを尊重し合える関係になれる。

そこを決めないから、何となく前に進みたい想いを持っただけで、時間だけがどんどん過ぎる。やりたいことができない自分を責めて、自分で自分の自信に傷をつける。捨ててみればいいんです。持てる量が増えれば、新しいことが手に入る。

時間は無慈悲かつ無情に過ぎていく。その時間をどう使うか、何をやって何をやらないか、その決断をすればいい。

■捨てること断つことには必ず意味がある。

何かを手に入れるには、何かを捨てる。得たいもののための代償として差し出す。それは趣味かもしれない。時間やお金かもしれない。ときに大事な人間関係や仕事かもしれないし、プライドであるかもしれないし、思い出だったりすることもあるでしょう。

確かにまあ、捨てる、断つと言われると、何だか損する気分になるし、失うことへの不安は大きくなるものです。

とはいえ、注目すべきはそこじゃない。注目すべきは失うものではなくて得られるものですよ。

あなたが何かを差し出したなら、必ずそれに相応しい何かが手に入れられるということ。今失うことがあったら、それは新しいものを引き寄せる予兆であるということなんだから。

差し出した代償の内容と、その大きさに応じて、同等のものが必ず手に入る。それが物質的なものなのか精神的なものなのかは、その場そのときその状況によって違うでしょうが、結果は必ずついてくる。

なのに失うことばかり、捨てることばかりに心を奪われてしまうと、そこで固まって動けなくなる。後で気づいたときには、何でこんなもん抱えてたんだ?となるようなものを抱えたまま、結局何も手にできずに後悔することになるんです。

ずっと両手に抱え込んだまま何も手放さない。すべて欲しい。そんなケチで欲張りじゃ結局何も手に入らないでしょ。

いや、ケチで欲張りでもいいですよ。でもね、その抱え込んでいるものがホントに抱え込むほど価値のあることなのか。これから手に入れたいものと比較しても、持っておくべき意味のあることなのか。そこは良く考えたほうがいいんじゃないですか。

一応、繰り返し言っておきますが、別に捨てること、断つこと、失うのことが目的じゃないですよ。本当に得たいと思うものがある。そのために今両手がふさがっているのなら、その片手に持ってるものを捨てないと、手に入れられないでしょ。ということです。すべては自分が望む未来の幸福のため。

捨てることにも断つことにも必ず意味があるんです。それはすべて今より幸福になるためのプロセス。

<参考過去記事>
すべての出逢いと別れには、そうなる理由と意味が必ずある。それは今より幸福になるための、必要で大切なプロセスだということ。

だからこそ、自分が未来に何を求めていて、何に幸福を感じるのか。ということは自分自身で把握しておくのは大前提。そしてそれを実現するためには、何を差し出すと可能になるのか。今の自分にとっての断つべき足かせは何のか。それくらいは考えておく必要はあるでしょう。

明確な目標。理想の自分の姿。望み通りの生き方。など、言い方はなんでもいいが、そんなイメージは抱いておく。

そして、その実現までの道のりを歩みはじめる最初のステップは、優先順位で高くないものはスパっと断つ。手に入れるもののために不要なものは、どっかに投げ捨てる。すると色んなことが動き出す。

現実の行動が生まれ、行動が結果を生み出すことになるんです。

何を切って捨てるか。何を代償として差し出すか。そこに正解ないんです。だってそれ決めるのは自分でしかないから。ならば正解がどうかということ考えるより、あとで時が過ぎたときに、決断しておけば良かった、捨てておけば良かったと後悔するのか、それとも決めて捨てられた自分を褒めることができているのか。

それに何より、捨ててしまえば心も体も楽になる。自然に前に向くエネルギーが沸いてくるから、その結果として望みどおりの幸福を、その手に入れることにもなりますしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事