小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きな人に、思いを正しく伝える話し方。大切な人に、言いたいことを言う方法。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

好きな人に、思いを正しく伝える話し方。大切な人に、言いたいことを言う方法。

大切な人に、言いたいことを言う方法。

好きな人や、大切な人が目の前にいたり、仕事で大事な場面だったりすれば、落ち着いて自分の考えをちゃんと話して、思いは正しく相手に伝えたいと思うもの。
小川健次Blog
なのに、その場になると、なぜだか思ったとおりに舌が動かない。言うべき言葉が、思ったとおりに口から出ない。そしてますます話せなくなる悪循環。

普段だったら、どうということもない話し。家族や同僚、身近な人と話すときなら、まったく同じ話しなのに、スムーズにスラスラと口から言葉が出る。そもそも、そんなに難しい言葉を言おうとしているワケじゃない。言葉としてはカンタンなことばかり。

それが、特別に好きな人の前や、大事な場面になると、まったく違う状況になる。言えない、話せない。辛うじて言葉を発しても、なんだかいまいちぎこちない。

僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、行動は心の影。言葉はあなたの心の状態を反映している。

特別に好きな人の前、大事な場面になると、普段なら考えることもないような、余計なあれこれを考える。自分を良く、大きく見せて、評価を上げたい。自分を好きになってもらいたい。できる私を見せつけて、一気に注目浴びてみたい。とにかく、うまく話して格好良く決めたい。

その逆も同じこの人の前で恥ずかしいことしたくない。とりあえず無難なことを言って、嫌われること、断られることだけは避けておきたい。そんな想いが頭の中を駆け巡る。





そんなどうでもいいことに、思考が支配されるから、うまく話せなくなる。優先されているのが、伝えるべきこと、言うべきことより、あなたのその場での立場を守ることになっている。本当に言うべきことが横に置かれてる。

さらには、その場の自分を飾るために、とにかく小手先のあれこれを駆使して、好きな人に好かれることを期待する。無駄に自分を小綺麗かつ大きく見せようとする。普段と違う偽りの自分を演じようとすれば、うまく話せなくなるのは当たり前。

期待に執着しすぎでしょうよ。そんな期待と執着は手放すことです。あなたが何をどう言おうが、あなたはあの人の心を支配できない。その現実をまず受け入れろ。

<参考関連記事>
期待しないで、心に寄り添うほど愛される。期待するほど、愛は遠のく。

要するに、失うこと、嫌われることを恐れて、その場だけ背伸びや演技して、いつもと違う小奇麗な言い回し、いつもと違うお行儀良さ、そんな、とってつけたことしようとするから、好きな人に対してしてうまく話せなくなる

そりゃ、いつもは自然に話せていることだって、いきなりいつもと違う話し方しようとすれば。うまくいかないのは当たり前。

好きな人に、思いを正しく伝える話し方。

優先すべきことを忘れないことよ。あなたがするべきことは、好きな人に言うべきことをはっきり言って、本当に伝えたい思いを正しく伝えること。そこブレちゃダメ。

相手があなたのことを、どう思うか。どう評価するか。好かれるか嫌われるか。なんてことは、想いが正しく伝わった後の話し。それ伝わる前に、あれこれ考えて、結果何も伝わらいのじゃ本末転倒。まずは伝えるべきを伝える。それ第一優先。

まずはあなた一番話しやすいように話せばいい。一番伝えやすい方法で伝えればいい。それこそ、いつも身近な人と話しをしているときのような、自然なスタイルが一番慣れてるんだから、それと同じように話せばいい。

すると余計なこと考えなくなる。無駄に緊張することもない。なんだかテンパって、意味不明なことを口走ることもない。だっていつもと同じ話し方なんだもん。あなたにとって、最適なスタイルで伝えてるだけだもん。そりゃ自然に話せるでしょ。





伝えるべきことを伝えるために、適度な緊張感は必要ではある。いつもどおりとはいえ、TPOはわきまえる。これ基本。それ以外は気にしなくていい。相手が身近な人であろうと、好きな人や大切な人であろうと、いつものあなたと同じように話せばいい

本当に大切で好きな人が相手だから、とっても大事な場面だから。いや、ならばなおさら、必要以上に自分を大きく見せようとか、普段言わないような小奇麗なことを言おうとか、つまらない色気を出さないこと。そんなことしても、手痛い失敗するだけだから。

そもそも、普段はまったくやらないこと。やったことのないことを、その場で急にできるほど、あなたは器用じゃないでしょ。だったらそこで無理すんな。

言葉にするときだけじゃない。LINEやメールで文章を送るときも同じこと。素直なあなたじゃなくて、小手先で文面をどうこうしようとするから、あなたの本当の思いが伝わらない。だから不安になって長文で爆発してさようならされる。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

好きな人や大切な人に、思いを正しく伝える話し方は、そんなに難しいことじゃない。むしろ難しいことをしようとするから、正しく思いが伝わらなくなる。言いたいことが言えなくなる。余計なことはしなくていい。もっと簡単に考えていい。

本当に言うべきこと、本当に大切で好きな人だからこそ、話すときに意識すべきことの優先順位がある。それを間違うことがなければ、あなたの思いは、言葉で正しく、大切な人や好きな人に伝えられるってことですわ(^。^)y-.。o○

思いを届ける話し方を身につける、個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。