大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

理想の生き方のイメージが、理想のパートナーとの縁を引き寄せる。お互いの価値観を、共有できる人との出逢いを大切にしよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

理想の生き方のイメージが、理想のパートナーとの縁を引き寄せる。お互いの価値観を、共有できる人との出逢いを大切にしよう。

■完全無欠の理想のパートナーなどいない

それが自分にとって最高かつ理想と思えるパートナーだったとしても、人として完璧かといえばそうじゃない。

小川健次blog

そもそも完璧、完全無欠の人なんてのはいないもの。いや、いるかもしれないけど少なくとも僕はそういう人を知らない。


ごく普通のよくある欠点や欠陥ってのはもちろんのこと、ある特定個人や、ある側面から見た場合に限って、どうしても許せないことや、我慢ならないことってのはそりゃ誰にでもありますわ。

そりゃまあ人間ですから当たり前。すべてで欠点もなければ、誰からも批判をされないような完全無欠の人間なんてのは、夢物語の中にしか存在しない。

んなこたぁ誰でもわかっちゃいるんです。それでも、自分が関わる人、身近な人、パートナーには理想どおりであることを求める。

求めるのはまあいいですよ。仕事上の人間関係、結婚・恋愛相手、友達や知り合い。せっかく関わる相手ならできる限り理想の相手と関わりたい。そういう人と時間と空間を共有したい。

ならば、その理想のパートナー像を、鮮明かつ詳細にイメージすればいいんです。その相手が目の前にいるようにありありと、そしてはっきりと。するとホントにそういう人に出逢うし、そういう人を引き寄せる。これホント。

とはいえ、イメージして出逢う人。引き寄せる理想の人にも、必ずどこかに欠点があるもんです。もちろん全体としては理想どおり。でも細かいところを見て行けば、足りないこともある。そりゃまあ人間だから。

そのときに、欠点や足りないところに目を向けて、理想とどう違うかということばかりを考えるから、せっかくの出逢いが台無しになるんです。しかもそのほとんどは、往々にしてどうでもいいことばかり。

理想に対してあれが足りないこれがダメ。減点法で考えるから、足りないことにばかり目がいって、だんだんモティベーションも下がってくる。幸福感も消えてきて。そしてお互い冷めたところでさようなら。

んなことやってるから、絶対出逢うことのない、夢物語の中の理想の人を求めて、暗闇の中をただ彷徨い続けることになるんです。

そしてうまくいけない結果から、焦って執着してますますドン詰まり。気づいたときにはいろいろ手遅れになるってもんでしょう。

<参考過去記事>
期待と執着を手放すと、仕事も恋愛もうまくいく。ありのままの現実を受け容れて、引き寄せの法則を発動させよう。

だから理想と現実のギャップってのは、必ず誰でもが直面する問題なわけで、そこを無視していくら理想の人の条件ばかりをイメージしても、現実に人と関わったときには行き詰まってしまうということすわ。

■誰と出逢いたいかより、どんな生き方を誰としたいか

理想は追い求める。一方で現実との違いを認めつつ、足りないところも含めてのトータルとしてその相手を認められる。要するにうまい落とし所、納得できるポイントが見つかればそれが一番話しが早い。

とはいえ、それだと結局は減点法。理想に足りないところがあるから、とりあえずその場は「妥協」したという、なんとなく消極的な姿勢に感じるもので、ギクシャクした感じは抜けない。

だから、理想のパートナーをイメージするのと同時に、理想の「関わり方」や「付き合い方」をイメージするということは絶対に忘れないことですよ。

まず自分がどんな生き方が理想であるのか。そしてその生き方を実現するには、どんな相手とどんな付き合い方をすると、その生き方に近づくことができるか。そのためにお互いに与え合うべき刺激はどのようなものか。

あくまでも自分の望みの生き方が、優先すべき最初にイメージすること。そしてそれを実現するにはどんな人と、どんな関わり方をするのかを考える。

個人として相手の理想ばかりを考えると、現実に出逢ったときに、その人個人のパーソナリティとして足りないところや、自分と合わないことばかりが気になってしまうことになるんです。

すると上でも言ったように、その理想と現実とのギャップばかりに目がいくから、だんだん冷めてしまう。誰だって良いとこも足りないこともあるのに、そういうことも考えず、ただただ冷めてしまってさようなら。

単に馴れ合いもたれあいの、話し相手でも探したいならそれでいい。それこそ合うとこだけ合ってりゃ足りないところ、は踏み込まない領域だからどうでもいいし。

でもね、恋愛や結婚など、人生を共にしていこうと思う相手、自分の生き方や考え方に重要な影響を与えかねないパートナーとは、上っ面の付き合いじゃ済まないでしょう。

ならばその人とどういう付き合い方をしたいか、そして自分はどんな生き方をするのかをイメージすることですよ。その上で、そういう人物ってのはどういう人かということを考え、イメージするんです。

自分の生き方が理想のイメージに近づいてくる。そして理想のパートナーを引き寄せ、結果的に理想のパートナーと理想の生き方を実現することができるようになる。

<参考過去記事>
自分を信じて愛せるから、他人からも信じられ愛される。お互いが尊重し合える、理想のパートナーに出逢うことができる。

何より視界が拡がるので、出逢いの数そのものが増えるし、その出逢いを通じて自分が磨かれる機会も増えるというもの。

理想の生き方をイメージすると、理想のパートナーを引き寄せることになる。そのためにも、上っ面の好き嫌いよりも、お互いの価値観を共有できる人との出逢いを大切にしたいもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事