小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

恋愛や仕事で失敗しても、そのすべては無駄じゃない。今と過去は、未来の幸福のためにある。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/07/16更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第37回

「本命の彼女になれない」キャリア女子の間違いだらけの婚活術

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

7月 東京
小川健次


8月 福岡
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


恋愛や仕事で失敗しても、そのすべては無駄じゃない。今と過去は、未来の幸福のためにある。

今と過去は、未来の幸福のためにある

納得していようといまいと、今ってやつは、過去の積み重ねの結果。今この瞬間は降って湧いたものではなくて、過去からのつながりで生まれたもの。
小川健次Blog
過去の積み重ね、過去からのつながりによって、出た結果が今。結果が出た以上、その原因である過去について、あれこれ言ってもしょうがない。

当たり前のことですけどね、過去には戻りようがないんです。時間を巻き戻すことはできない。悔いたところで、何も変わりがないのなら。悔いるエネルギーと時間が無駄。

それは未来に対しても同じことですよ。どんなに大きな夢描き、緻密な計画を立てたとしても、明日どうなるかは、あなたにも僕にもわからない。交通事故に遭うかもしれないし、余命宣告されるかもしれない。もしくは宝くじ当てて億万長者になるかもしれない。

未来のことはわからない。どうなるかわからないことを憂いてみても、そのエネルギーと時間なんです。だったら、この眉毛野郎ムカつくわー、と文句言いながらでも、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージを読んでるほうが、遥かに生産的ってもんでしょう。

未来に対して確実なのは、時を経るごとに歳を重ねるということ。それ以外のことは、そうなったときにしかわらない。答えはその身で実感したときわかるもの。

今が、過去に描いた夢どおりになっていないかもしれない。未来が、今描いた夢どおりにならないかもしれない。それはそのときにならないと、わからないでしょう。

だからこそ、大事なのは、その結果を目の当たりにしたとき、その現実を、あなたがどのように受け止めることがきるか、ですよ。

仕事や恋愛での失敗。それは、あいつが悪い、あの男が悪い。状況や環境のせい。運が悪い。私はなんて不幸でついてない女なのかしら。あれがなければこれがなければ。そうやって言っても仕方のないこと、どうにもならないことなのに、自分以外の何かに責任を求めるのか。

もしくは、結果のすべては自分の責任。自分の力が及ばなかった。あのときの自分のミスが後に響いた。ということは、次はこうすればうまくいく。そうやって、自分自身にある責任を自覚することで、具体的な改善方法に目を向けるのか。

もちろん、あまり自分を責めてもしょうがない。力を尽くしてもどうにもならないことはある。ご縁がないこともある。相手に大きな問題がある場合だってある。そこはバランスも問題でしょう。

<参考過去記事>
別れたほうがいい理由は、あなたが悪いからじゃない。大切にされない関係を切れば、大切にしてくれる人と結ばれる。

いずれにしても、今は過去という原因の結果なんです。同時に、未来という結果の原因でもある。そして僕たちがコントロールできるのは、今この瞬間だけなんです。過去も未来も手が届かない。なら、今できることをやるしかない。っつーか、それしかできない。

ならば、他人がどうの。状況環境がどうのと言ったり考えたりしてもしょうがないでしょう。過去を踏まえて、今、未来のために、あなたは何を考え何をするか。何ができるか。それだけのこと。

恋愛や仕事の失敗は、未来に活かせる

どうせ、未来のことなんかわからない。過去にあなたがやってきたこと。これからやろうとしていること。それが未来にどんな結果を生み出すのか。そんときになってみなきゃわからないんです。だったら、悔やんだり迷ったりすること自体が不毛でしょう。

答えはわからない。それでも未来をやってくる。それなら結果がどうであれ、あなた自身が、納得感や満足感を得られる未来でありたいでしょう。

仮に描いていた理想とは違っていても、求めていた水準には満たなかったとしても、やって良かった。やれてきた自分を褒め称えることができる。認めることができる。そんな未来なら、受け入れられる。

だからこそ、いつだってまずは今の結果。過去の経験。この二つを認めて受け入れることですよ。すべては、今この瞬間のあなたのためにあったこと。今この瞬間は、あなたの未来のためにある。すべての経験はあなたの未来の幸福につながっている。

あなたのこれまでの経験に、無駄なことなんか一切なかった。その場そのときその瞬間は、無駄だったと思うこともあるかもしれない。あのクソ男にハマったせいであの年代を無駄にした。あの仕事のミスで私財をドブに捨てるハメになった。そういう経験もあるでしょう。

だとしても、その過去の結果として今がある。その経験が何かしらの形で活きてるし、それがあったから、こうして眉毛の太いイケメン王子様に出会えてる。

仕事でも恋愛でも、手痛い失敗、泣くほどの別れ。誰しもいろいろあった。それで失ったこともあるでしょう。でもね、それでも何だかんだど文句言いながら、命までは取られてないんです。あれこれ失っても死ぬほどのことじゃない。むしろその経験が財産になっているじゃないですか。

ということは、未来に対しても同じことですよ。今あなたがどんなに苦しい状況だろうが、この先痛い思いをすることがあろうとも、その経験は、結果はどうあれ、すべてあなた自身が、納得感を持てる未来につながるんです。これホント。

だからね、凹んでいる場合でも迷ってる場合でもないんです。だって、すべては未来のあなたの幸福につながっているのだから。ちょっとくらい大切な人とすれ違いがあっても、それは今試されているだけのことだから。

<参考関連記事>
すれ違う理由は、愛が本物かを試されているから。苦しくなる理由は、本気度を試されているから。

過去も今も、失敗も成功も受け入れる。それがあるから、あなたがある。恋愛や仕事の失敗も、それがあるから、未来の幸福を引き寄せる。今は終わりじゃなくて、まだまだ長い道のりの途中でしょう。

どうせ過去には戻れない。どうせ未来のことはわからない。でも歳はとるし最後は死ぬ。だったら、あれこれ、どうにもならないことに泣き言言ったり、誰かの悪口言ってるよりも、今の自分を受け容れて、未来の自分が納得できる選択と経験をしたほうが、精神衛生上も楽ですしね(^。^)y-.。o○
過去への執着を手放せば、恋愛力が高まる
↓ ↓
小川健次セミナー
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。