大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人と愛と信頼で結ばれるには、手間を惜しまないこと。バカバカしいほどに小さなことも、言葉と態度で示し続けよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人と愛と信頼で結ばれるには、手間を惜しまないこと。バカバカしいほどに小さなことも、言葉と態度で示し続けよう。

■無駄を共有できるから大切な人になる

あれこれと余計な手間をかけずに、テキパキと問題を解決することできるなら、それが一番いいもんですわ。

小川健次BLOG

時間的にはもちろん、精神的にも負荷が軽いならそれに越したことはないでしょう。


まあそれが、事務的機械的に片づけられる案件ならそうすべき。妙な遠回りをしているよりも、成すべきことのみやって、やるべきことを素早くやる。これ基本。

とはいえ、事務的機械的に片付かないこともあるでしょう。それはずばり、人が介在する事案。もっと言えば人間関係そのもの。

当たり前ですが、人間関係ってのは事務的機械的に済む問題じゃありませんわな。そもそも数値で割り切れないものだから、論理的にどうこういかない厄介さがある。まあ厄介な分だけ面白いし、そこにチャンスもたくさんあるというもの。

効率のみを優先する。求める結果は相手にこちらの意思を伝えること。ならば用件はメールに一文書いて送信して終了。理屈でいえばそれが正しい。でも実際はそうじゃない。

もちろんお互いの関係や、それぞれの状況や環境を総合的に考えてみれば、そういう形式ですすめていいこともある。、そういう形式でいかないと不都合なことだってあるでしょう。

だけど現実の多くはそうじゃない。メールの一文のみだからその真意が掴み切れなかったり、そこから余計な詮索がはじまったりする。ときにはメール一本とは何事か!と理不尽に怒る人だっているかもしれない。

まあホントは真意もクソもないし、その一文で伝わってることだからそれで終わり。理不尽に怒る人はスルーすればいいとしても、効率だけ考えるなら、メールの一文でで用件伝えて何が悪い。それがどうした。だったら何だ。

それでもやはり人間ですから、それが非論理的であろうと、非効率的であろうと、情というものを求めるものです。

特に大切な相手へのメールであれば、宛先への敬称とか、時候の挨拶、時に追伸入れたりとか、用件とはまるで無関係な要素を入れたりしてたりするじゃないですか。

その相手を大切にしたいという想いが、まわりまわって自分に返ってくる。大切にするから大切にされるってもんですよ。

<参考過去記事>
【図解あり】大切にされたければ大切にすること。自分が注いだ想いの分だけ人から想われる。

要するに気遣い思いやり。多かれ少なかれ誰だって読む人の気持ちを想定して、その人のことをイメージしながらメールを送ってる。そしてその非効率的で非論理的な行為の積み重ねが、お互いの信頼を築くもの。

論理的に考えれば無駄に思うことかもしれない。でも人間同士の関係なんて、無駄の積み上げで成り立っているようなものじゃないですか。そしてその無駄を共有し合える相手だからこそ、大切にできるというものでしょう。

■人間関係は面倒くさいし手間かかる。

社会常識だとか、倫理観や道徳観の話しじゃないですよ。僕たちは他人と適切で確実な意思疎通を図る上では、論理的な整合性と同じくらい、非論理的な情を重視するということ。

意思の伝達だけなら挨拶さえいらないでしょう。あれこれ他人に気を遣ったり、気を遣われたりすることだって必要ないはず。それでもそれを双方が言葉や態度で気遣いの意思を示すから、相互理解が深まるし、信頼関係が築ける。

冷静に考えれば死ぬほど当たり前のことなんですがね。その当たり前のことが、日常の空気のように感じはじめてしまうと、つい忘れがちになる。つい面倒になってスッ飛ばしたくなる。

身近な相手であればなおさらのこと。お互いのことをわかっているから。そんなつもりで小さな気遣い心遣いをしなくなる。それがお互いの心を遠ざける。そしてある人突然さようなら。

メール一本送っといたから、それでいいだろう。いや、よくねーから。前にもそれ言ったからいいよね。いや、よくねーって。必要に応じて電話でフォローするなり会いに行くなりしろよ。

ずいぶんと語弊のある言い方は承知してますがね。人間関係って面倒くさいんです。手間かかるんですよ。機会的事務的論理的に信頼関係なんか積み上がらない。

上でも言ったように、一見すると非論理的で非効率的なことの積み重ねによって、出来上がるもんじゃないですか。生の人間同士の付き合い、心と心のつながりってそういうもんじゃないですか。

あの人を振り向かせる言葉を教えてください。という主旨の質問をしてくる人がたまにいますが、そんな質問してる時点で、その相手には振り向いてもらえることなんかないんです。

人間同士の信頼関係なんて、そんな一言二言で作れるワケがないでしょ。そんな魔法の言葉があるなら俺が知りたいわ。結局日常の態度と行動で示し続けて、一つ一つ積み上げていくしかないんです。

<参考過去記事>
本当に大切な人なら、その人の喜びと幸福だけを考えよう。見返り求めない純粋な想いが、大切な人からの愛を引き寄せる。

もちろん詐欺師的話法で、こちら側に引き込むテクニックというのはある。でもそれ信頼関係でもなんでもないから。単なるその場凌ぎの騙しでしかないから。

大勢の人から信頼されている人を、よく観察してみればわかりますよ。ほぼ間違いなくマメだから。仕事では論理的で、効率を優先するような人でさえ、人間関係については恐ろしいほどに非効率なことをマメにやってますから。

ベタすぎるオチになりますが、結局最後は、バカバカしいとさえ思えるような、小さなことの積み重ねでしかないんです。それをはしょらず積み上げていく人が強いってことでしょう。そこに効率は関係ないってことですよ。

それに本当に大切な人、大切にしたいと思ってる人になら、そもそも面倒だの手間だのなんて思わない。喜んでそうするってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事