大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

描くセルフイメージの高さによって、他人からの扱われ方が変わる。高く描けば大切な人として、低く描けばそういう人として扱われる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

描くセルフイメージの高さによって、他人からの扱われ方が変わる。高く描けば大切な人として、低く描けばそういう人として扱われる。

■なぜ他人に軽んじられるのか。

他人が自分をどう扱うか、自分にどう接してくるか、それを決めてるのは実のところその他人じゃなくて自分自身。

小川健次Blog

自分の価値を高く見積もられるか、低く見積もられるかを決めるのも、それは他人じゃなくて自分自身。


自分で自分を高く見積もれば、他人からの評価は高いものに、自分で自分の価値を低く見積もっている人は、他人からの評価が低いものになる。決めてるのは他人じゃなくて自分自身。

要するに自分という人間を高く見積もっていれば、他人にもそう見積もられ、そう扱われるということ。その逆もしかり。いうこと。

自分を高く見積もると言っても、それは不必要に背伸びしたり、自分を偽ったりして他人に見せることじゃない。本当の自分を覆い隠して仮面を被ったり、演技をしたりするということでもない。

それは自分という人間を自分自身でよく知っているということ。その上で自分の強みに対して自信と誇りを持てるということですよ。そりゃ弱みもあるでしょうが、そこを卑下してフォーカスするのではなく、強みにフォーカスできているということ。

他人が自分をどう思うかじゃないです。自分が自分をどう思っているか。良いことも悪いことも掌握しつつ、ありのままの自分自身に対して誇りと自信を持っているかどうかということですわ。

だから自分を高く見積もることで、他人を見下したり、尊大な態度を取ることもなく、自然な自分に自信を持って、そんな自分に価値を感じて人と接することができれば、相手はそういう人だと思って接してくれる。

中途半端に自分を卑下し、なぜか相手に媚びるような自分を安売りするような心構えがあれば、それは態度に現れる。だから相手もそういう扱いをしていい人だと思う。安っぽく扱われることになる。

だいたい、自分の発する言葉や、自分の行動に自信を持てない人の言葉には、耳を傾けようとは思わないし、それこそ安心してその人に任せようとは思えないものでしょう。

<参考過去記事>
自分こそがあなたを世界で一番幸せにできる。そう確信して言葉を発するから思いが伝わる。

そういう意味ではセルフイメージは高く持っておくこと。自分で自分に抱くイメージを高い評価で保っておくことが重要なんです。人からどう接っしてもらえるかに限らず、僕たちは自分がイメージしたとおりの人間になる。

誰だって多かれ少なかれ、自分で自分に自信を持てる何かがある。コトの大小は関係ない。その自分に自信を持つこと。そういう自分を誰がどう思うかに関係なく、自分自身で評価してげることですよ。

■自信を持てる自分に目を向けよう。

自身を持てる自分もいれば、その逆にちょっと人には言えない恥ずかしい自分もいる。人と比べて劣等感を感じたり、思い出したくもない屈辱的な失敗の経験なんか、誰にでも一つや二つくらいはある。僕にも数えきれないほどある。

だとしても、そんなところに目を向けたところで百害あって一利なし。そこを気にしたところで、それを人に見られないよう隠そう守ろうとして、いよいよ内向きになるだけ。

結果ハリボテで覆い尽くされた自分ができる。誰もそんなこと気にしちゃいない。見てもいないのに、自分で自分を取り繕う。そうしてみたところで結局ハリボテ。そんなハリボテの自分に自信も持てない。ますます自己評価が下がるだけ。

まあ自分のマイナス要素を覆い隠せば、完全消滅でゼロになるならそれもいい。でも現実にはそうはならないでしょ。覆い隠しても消えやしない。そんな自分とは死ぬまで付き合っていくしかないんです。

だったらそれはそれ。マイナスな自分もいるけど、プラスな自分もいる。そのプラスな自分に注目すればいいじゃないですか。できる自分に注目する。そんな自分を評価する。その自分を基準にセルフイメージを描けばいい。

容姿がどうの、保有資産がどうのなんて関係ない。経歴がどうの実績がどうのなんてのも、まったく関係ありませんよ。

上でも言ったようにコトの大小の問題じゃない。誰かに愛されている、身近な誰かを助けられる、家族を大切にしている、眉毛が凛々しいなどなど。できてる自分のパーソナリティに目を向ける。そこから生み出される付加価値に自信を持つ。

その積み重ねがあるから、自分で自分を高く見積もれる。自分で自分に描く自己像、すなわちセルフイメージが高くなる。だから他人も安っぽい接し方をしなくなる。だから他人にリスペクトされるようになる。

それでも安っぽく扱われるのは、そりゃ嫌われてるだけだからいいんです。それはもう合う合わないのことだから、縁がないんだからスルーすればいいだのこと。

<参考過去記事>
嫌われる勇気を持てなくても、そもそも嫌われてるから大丈夫。自然体の自分でいれば、信頼と尊敬の伴う人間関係が引き寄せられる。

どうも、他人から安く見られている。軽い扱いをされている。そう感じることがあるならば、その人達の態度に疑問を持つ前に、自分の心の中を見直してみればいいんです。

自分で自分を安っぽく思っていないか。自分で自分を軽く扱っていないか。実像よりも低いセルフイメージを抱いていないか。

ビジネスだろうが家族間だろうが、それこそ恋愛関係だろうが、あなたが他人からどう扱われるか。それを決めているのは他でもない。あなた自身ってことですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事