小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本気になるから、助けてくれる人を引き寄せる。覚悟の度合いに応じて、信頼できる協力者に出会える。

小川健次

<広告>
お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/03/12更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第19回

「営業のエース転落、婚活惨敗…デキる女子が負のスパイラルから抜けた方法

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

全国開催/小川健次セミナー予定

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

本気になるから、助けてくれる人を引き寄せる。覚悟の度合いに応じて、信頼できる協力者に出会える。

他人の力を借りれば大きな成果が手に入る

今この瞬間というのは、あなた自身の過去の思考と行動の積み上げの結果。それが本意であろうがなかろうが、その責任はあなた自身にある。
小川健次Blog
もちろん、あれやこれやの事情もあったことでしょう、不慮の事故や会社の都合、周囲のあの人やこの人、それらいろいろな事情があったのものわかる。だとしても、結局最後はそれ受け入れたのは、あなた自身なんです。

結局最後は自己責任。だからこそ、やれることには力を尽くす。やれないことには知恵を尽くして、やれるようにする。そして起きた結果を自分の責任として受け入れる。そうするからこそ、自分の経験を未来に活かせる。失敗から学び未来への教訓にできる。

でもね、そうは言っても一人じゃどうにもできないことはある。一人より複数で取り組んだほうが良い結果が出ることだってある。

あ、もちろん、一人でやったほうがいいことだってたくさんある。ちなみに、僕が毎日配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージは僕一人で書いてやってます。たまに聞かれますが、別人が書いてるってことはない。あれはさすがに別人にやらせるのも無理だし。

あなた一人でどうにもならないことなら、あなた以外の、誰かの力を借りればいいじゃないですか。必要な人、必要な人数に助けを求めればいいんです。

すべては自分の責任。自分でできることには、全力を尽くすのは当たり前。その上で、自分一人でできないこと、他の人の力を借りればもっとうまくいくことについては、迷わず自分以外の誰かの力を借りればいいだけ。自分以外の誰かに助けてもらえばいいだけのこと。

とはいえ、自分自身で動くこともなく、それこそ何らリスクを負うこともなく、ただ誰かに力を貸して欲しいと言ってみたところで、誰も力は貸さないでしょう。誰だって自分のことで忙しい。自分で何もしようとしないヤツに力を貸すほど暇じゃない。

じゃあ何も言わずに、黙々と自分一人でやっていれば、誰かが助けてくれるかといえば、そんなこともない。何も言わなきゃあなたが困っていること、あなたが助けを求めていることだって誰も気づきませんよ。

だから、まずは自分がやれること、できることには力を出し切る。必要なリスクは負って最善は尽くす。あなたが何もしていなけりゃ、他人はあなたが本気でそれをやろうとしているのか、手を貸す価値があることなのかわからないでしょう。

その上で、力を貸して欲しいことを伝えればいい。助けてほしいと言えばいい。協力を求めるんです。素直に。そして謙虚に。

あなたが覚悟を決めて本気で取り組んた結果として、困ったことに陥ったときでも、それを素直に言葉で伝えるだけで、必ず誰かがあなたの力になってくれる。それこそ本当に困っているときだからこそ、あなたを助けてくれる人を引き寄せる。

<参考関連記事>
本当に困ってるときだから、大切にすべき人を見極められる。困っているときに、あなたを助けてくれる人を大切にしよう。

最後は自分の責任。だから自分で選択して自分でできることに力を尽くす。その上で誰かの力を借りれば、できることの可能性は大きく拡がる。一人でできること以上のことができる。

あなたが自分で決断して、自分で本気で取り組んでいるならば、必要に応じて誰かに助けを求めてれば誰かが助けてくれますよ。でも自分で何もしないで、ただ誰かの助けを待ってるだけの人ことなんか、誰も助けてくれませんって。

結果はあなたの覚悟の度合い次第

自分の力以上のことをやる。望み以上の結果を求めたければ、まずはあなたがそのために本気で力を尽くす。そして必要に応じてその思いを人に伝え、協力を求める。

だいたいね、他人の力を借りるときは、自分一人でやるとき以上の覚悟が必要なんです。中途半端な想いのまま、他人の力を借りたところで、うまくいくものもいかななくなる。それならむしろ、一人でやったほうがうまくいくってもんでしょう。

だって誰かに力を借りるということは、その人のこと心から信用しないといけない。頼んだ以上は、その人を信じて手放す。そして結果が良ければ力を貸してくれた人を賞賛し、結果が伴わなければあなたが責任を負う。

中途半端な想いのまま他人の力に頼ろうとするから、その人のやることに余計な口を出したくなる。人にお願いしておきながら、些細なことに注文つけたくなる。要するに、自分でやるべきことに集中できてないからですよ。自分でもできることを、ただ人任せにしようとするからですよ。

そうやって信用されてもいなければ、自分はやりもしないことに、注文ばっかりつけてくる人なんか誰も助けたくないでしょ。金もらってやってる仕事ならいいんですがね、お互いの信頼関係に基づいて力を貸したらこの始末。やってられない。さようなら。

おまけにうまくいかなきゃ、助けた人の力が足りないと責め立て、うまくいったら自分の力。自分は誰かに助けてもらうが、他人が困ったときは知らんぷり。って、そんな人は助けたくないですよ。いや助ける以前に人としての付き合い自体を考え直したい。

そういう意味でも人に助けてもらうというのは、相応の覚悟がいること。覚悟というのは、本気であなたがそれを実現したいと思っているかどうか。そこから先は誰かに委ねられるほどに、力を出し切っているかどうか。

そして日常の行動と心構えの積み重ね。あなた自身が見返りを求めることなく、誰かの力になろうとしているかどうか。あなたが力になれることを周囲に伝えられているかどうか。あなたが誰かを助けられる人だから、誰かもあなたを助けたいと思うもの。

あなたが誰かを大切にしようと思えば、誰かに大切にされる。誰かの力になろうとしていれば、誰かが力になってくれるんです。

<参考過去記事>
本当に大切にしたい想いが、大切にしてくれる人を引き寄せる。見返りへの執着を手放せば、大切な人とのご縁が結ばれる。

あなたが本気で何かに取り組んでいて、そこに限界を感じたり、その限界以上の結果を求めるのであれば、誰かに力を借りればいいじゃないですか。その限界はあっさり乗り越えられますよ。本気でやってるあなたのことは、必ず誰かが助けてくれるから。

一人でやりきるには覚悟が必要。他人の力を借りるときにはそれ以上の覚悟が必要。でもね、覚悟があれば誰かが助けてくれる。その覚悟に応じた結果が手に入る。まあ最後はあなた自身の覚悟の度合いってことでしょうな(^。^)y-.。o○

本気の力が、潜在意識を揺り動かす
↓ ↓
早期割引実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

 

<広告>



 

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。