大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人の心に寄り添うから、想いを言葉にできて信頼関係が深まる。自分を守ることを優先するから、何も言えずにお互いの溝が深まる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

<お知らせ>
配信回数500回を超えてなお毎日継続配信中のメールマガジン。
ブログ本編の更新情報を中心にしながら、ちょっと違った切り口と悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で(悪ふざけが嫌いで気の短い人と、メンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

大切な人の心に寄り添うから、想いを言葉にできて信頼関係が深まる。自分を守ることを優先するから、何も言えずにお互いの溝が深まる。

■その人の想いに寄り添えば必ず伝わる

ときと場合によっては言っちゃいけないことはある。ことと次第によっては、その言葉を口にすることで皆が傷つくこともある。

小川健次

言葉はときに凶器になりうる。だからその使い方は、慎重を期するべきというのは当然のことだし大前提。


とはいえ、度を超えた慎重さというのは、何も言わないということ。言うべきことを言わない、言えないから何も伝わらないということ。それはそれでお互いにとってストレスになるし、それでお互いが傷つく原因にだってなりうる。

すべてとは言いませんがね、往々にして言葉を発する際に慎重になりすぎる、何も言えなくなるというのは、相手のことよりも自分のことを優先しているからでしょう。

本当に相手のことや、相手の立場に寄り添って考えているからではなく、自分に都合よく自分のことを守ろうとする心の動きですよ。

これを言ってNOと返されることで自分が傷つくのは避けたい。これを言って嫌われたくない。うまく言えなくて恥かしい思いをしたくない。変な人だと思われたくない。など、要するに自分のこと。自分が中心。

相手のことを想って。皆のことを考えて。そういう耳障りの良さそうな言葉を並べてみても、結局のところ言うべきことを言わないのは自分のことを想ってるから。自分を守りたいからってことがほとんどでしょ。

そうは言っても相手は失礼だと感じるかもしれないじゃないか。実際に相手が嫌がるかもしれないじゃないか。そういうこと言う人もいますがね、でも失礼かどうか、嫌がるかどうかを決めるは、あなたじゃなくて相手だから。

だいいち、ホントに相手が嫌がると思ってる、相手に失礼になる。そう思うことなら、そもそも言おうとさえ思わない。言うとか言わないとか考える以前に、フツーはそういう考えさえ湧きませんよ。

要するに、言おうと思って言わない。言いたいと思って言えない。そりゃ相手のことを想ってるんじゃなくて、自分が相手に嫌われること、傷つくことを恐れているだけ。

本当に相手のことを想うなら、本当に相手のためになると思う言葉であれば、それはその想いに素直に従って言葉にできること。そうすればいいだけですよ。

<参考過去記事>
自分こそがあなたを世界で一番幸せにできる。そう確信して言葉を発するから思いが伝わる。

もちろん、言ったその結果、その人に嫌われることがあるかもしれない。あなたが傷つくこともあるかもしれない。

でもね、本当の本当に純粋に、その人のためを想って放った言葉であれば、その場は一時的にお互いの間に溝ができたとしても、やがてそれは必ず埋まる。そして埋まったときには、それ以前より信頼関係が深まっているってもんですよ。

■相手のことを想えば言葉にできる。

繰り返し言っときますが、何でもかんでも思ったことを言えばいいかといえば、そりゃ違う。大人ですから。常識の範囲で時と場合に応じて空気を読めばいい。

その上で、何かを相手に伝えたい。それを言うことが、必ずその人のためだと心から確信を持てるのであれば、迷わず言えばいいんです。その人にとって利益のあることだと信じるなら、躊躇する必要はないでしょう。

なのに、中途半端に自分の身を守ろうとしたりするから、いまいち本意が伝わらないままお互いがすれ違う。言うにしても、恐ろしく遠まわしな言い方になるから、相手も何を言われてるのかがわからない。

ホントの思いは伝わらないわ、相手はよくわからないこと言われてイラつくわ、お互いにとって最悪ですよ。だからますます言いたいことが言えなくなる悪循環。

まずは自分のことは横におく。まずはその人のことだけ考える。その人の喜びと幸福だけを考える。その相手が自分にとって大切な相手であればなおさらのこと。

どっか頭の片隅で余計な駆け引きをしようとか考えない。自分が傷つかないように、自分が主導権握れるように、相手に好かれたい、好かれよう。そんな考えを頭の中から消し去ることですよ。

だいたい、そういう考えってのは空気感で伝わるもの。見透かされるんです。あ、こいつ言いたいだけや。あ、この人は自分が一番大事なんや。やっぱ私のことは結局どうでもええのね。

その人のために。そんな素直な想いに従えばいい。心から相手のことを考えてのことであれば、自然に言葉にできる。伝わる話し方ができるんです。

<参考過去記事>
いつもの自分でいれば、大事な場面でも緊張せずにうまく話せる。伝えたいことがうまく伝わらないのは、違う自分を演じようとするから。

その場はわかってもらえないかもしれない。言った言葉を受けれてもらえないかもしれない。でも気持ちは伝わる。思いは伝わる。本当にその人のことを想って言葉を発してくれる人は、好きにはなれなくても、信用できるし信頼できる。

まあ、そこで余計な駆け引き抜きにして、相手のことだけを想う素直な気持ちで発する言葉には、自信と確信が伴うもの。だからより一層相手にその想いが伝わる、気持ちが届くってもんでしょう。

別に口がうまいとか下手とか、そんなのはまるで関係ありませんよ。綺麗な言葉を使えるかどうかも関係ない。自分のことを守りたいか、相手の想いを優先するのか。その選択でしかないってことですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事