大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心安らぐホッとできる人との関係が、一番大事な関係になる。一緒に過ごせる喜びを共有できれば、形式や体裁は気にならなくなる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

心安らぐホッとできる人との関係が、一番大事な関係になる。一緒に過ごせる喜びを共有できれば、形式や体裁は気にならなくなる。

■体裁よりも大事なこと。

形はどうあれ、お互いが心地よく、気持ち落ち着ける関係というのは誰もが望むことでしょう。

小川健次Blog

どういう関係な落ち着いて、どんな付き合いなら心が落ち着けるのか。そりゃまあいろいろ。付き合ってる人間関係ごとにその形はさまざまある。そのどれが良いかは当事者次第。

その付き合い方に、他人にどうこう言われるいわれはない。誰がどう思うかなんてのもどうでもいい。当事者同士が納得できて、当事者同士が心地よく。気持ち落ち着ける関係かどうかが重要なんです。

ちなみに、僕が毎日配信している小川健次メールマガジンでは、読む人がどうかより、僕が心地良いかどうかを基準に書いてます。ええ。はい。

だから体裁なんかは関係ないでしょう。形式にのっとって、見た目の上では仲良い関係に見えていようが、周囲からは羨望の眼差しで見られるような関係だとうが、本人たちが心地良くなきゃまるで意味ない。一緒にいてもストレス溜まるだけなら苦しいだけ。

それでも、耐えるメリットがある。離れることで生じるデメリットより、一緒にいるデメリットのほうが少ない。という打算めいた利害関係が成立しているなら救いようもありますが、そうでもないのに居心地悪い関係を維持してもしょうがない。

形ばかりのルールや、周囲からの見られ方、体裁を優先させて、自分たちの心地良さを犠牲にしたところで誰もハッピーにはならないでしょう。上っ面はニコニコ。でも心の中ではドロドロ。だったら、見た目ドロドロでも心の中ニコニコのほうが全然いい。

どんなに表面上は仲良くやっている素振りをしていても、それこそ条件面で合意できている関係であっても、お互いが心地良くない、お互いが気持ち落ち着くことがなければ、小さな亀裂が日増しに大きくなって、気づいたときには修復不能でさようなら。

逆に、どうみたって、その関係は親密じゃなさそうだし、それこそ仲良くねーだろ。と他人からは見えるような関係なのに、なぜだかお互い信頼し合えてる。なぜだかずっと離れずいっつも一緒にいつ。という関係だってあるじゃないですか。

それって、つまりはお互いが安心し合えているからでしょ。お互い心がホッとできる関係だからでしょ。他人からの見た目がどうの。条件やルールがどうの。そんなことより、お互いの心地良さを優先できているからでしょ。どちらか一方が、じゃなくてあくまでもお互いが。

つまりは、他人からどう思われるか、ルールや形式がどうであるか、ではなく相手の気持ちにただ寄り沿い、相手が心地良くなれることを優先した結果というやつでしょう。

<参考過去記事>
自分を信じて愛せれば、あなたを信じて愛してくれる人を引き寄せる。支配と束縛から解放されれば、理想のパートナーにめぐり逢う。

相手の想いに寄り添う。気遣う。この人はどんなときに心地よいと思うのだろうか。そんなことに思いを巡らせそれを優先する。ごく当たり前の、相手を大切に想うという気持ちがあれば、自然とお互いが心地良い関係になるってもんですよ。

私はこうじゃなきゃ嫌。こういうときはこうじゃなきゃダメ、そんな表層的なことにのみ思考が捕われるから、なんだかお互いの間がギクシャクするんです。

■ホッとできる人だから大切に思える。

社会通念上の常識や、お互いが不可侵の領域についての枠組みはあったっていい。それも無ければ単なるなし崩しのグダグダになるだけだから。その最低限の節度は保った上で、お互いが心地よいかどうかを優先すればいいだけのことですよ。

周囲からの評価や世間体、そしてお互いの主張や条件による取り決め、条件や利害に執着しないことですよ。お互いの関係維持のための比重として重きを置かないことです。

だいたい、形や体裁にだけこだわって人間関係うまくいくなら、世の中に人間関係のトラブルなんてない。離婚も離別もありませんわ。

そもそも、取り決めや体裁がそんなに大事ってことは、体裁保てなくなったり、その取り決めが破られたりしたら、その関係も終わりってことでしょ。関係を終わらせないために、体裁保ったり取り決め守ったりするんですか。それって心がホントに関係じゃないでしょ。

ならば、そんな体裁や取り決めなんか気にしなくていいじゃないですか。そこに固執してホッとできない関係なら、体裁なんか捨てちまえ。ルールなんて無くしてしまえ。

確かに、お互いを縛るような取り決めがなければ、誤解によるいさかいが起こる可能性もある。言葉が行き過ぎて衝突することもあるかもしれない。だとしても、お互いを認め合える。一緒にいると心がホッと落ち着く。お互いがお互いを自分の心が還る場所と確信できる。

もし、あなたが身近な人や、大切な誰かとの関係がギクシャクすると感じることがあれば、少し頭を冷やして考えてみればいい。お互いの関係について、体裁やお互いの決め事、もしくはあなたのマイルールにこだわってしまっていないか。

そしてそれを、無意識のうちに、ただただ相手に押し付けていないか。相手をあなた基準の体裁という枠組みの中に押し込もうとしていないか。

だから、それ一旦手放してしまえばいいんです。いいじゃないですか。体裁だのお互いの間の決め事だの。そんなもんクソ食らえ。その人と一緒にいるから心落ち着く。ホッとできるし安心できる。その喜びを感じることができる初心にまず戻る。

そして上でも言ったように、その人はどうすれば心地良いのか。そのためにあなたが何をできるかを考えればいい。それ以外の表層的なあれこれはこの際どうでもいいじゃないですか。

<参考過去記事>
ありがとう。愛してる。その一言がお互いの幸福を引き寄せる。身近にいる人、大切な人には、愛と感謝の想いを言葉にして伝えよう。

体裁がどうの決め事がどうの。それこそ条件がどうのなんてことよりも、同じ時間と空間を過ごしながら、この人を心地よくしたいと思うか、自分が心地よいと思うか。そこ基準にして考えてみれば、その人が本当に大切な人なのかどうかってのもわかる。

冒頭にも言ったように、人間関係の良し悪いなんて人それぞれ。でも結局のところホントに心からホッとできる人との関係ってのが、一番大事な関係だったりするもんですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事