小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心がホッとできる人が、一番大切な人になる。心地良いと思えれば、条件や体裁は関係ない。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第57回

ギリギリまで働いて、不倫に堕ちる…仕事を抱え込むキャリア女子がハマる蟻地獄

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


心がホッとできる人が、一番大切な人になる。心地良いと思えれば、条件や体裁は関係ない。

心地良いと思えれば、条件や体裁は関係ない。

形はどうあれ、お互いが心地よく、気持ちがホッと落ち着ける関係というのは誰もが望むことでしょう。
小川健次Blog
どういう関係なら落ち着いて、どんな付き合いなら心が落ち着けるのか。そりゃまあいろいろ。付き合ってる人間関係ごとに、その形はさまざまある。そのどれが良いかは当事者次第。

その付き合い方に、他人にどうこう言われるいわれはない。誰がどう思うかなんてのもどうでもいい。当事者同士が納得できて、当事者同士が心地よく。気持ちがホッとできる落ち着ける関係かどうかが重要なこと。

僕が毎朝無料で配信中している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、それにYouTubeの動画でもよく言っているように、男と女の関係に正解はない。

だから体裁なんかは関係ない。形式にのっとって、見た目の上では仲良い関係に見えていようが、周囲からは羨望の眼差しで見られるような関係だろうが、本人たちが心地良くなきゃまるで意味ない。一緒にいてもストレス溜まるだけなら苦しいだけ。

それでも、耐えるメリットがある。離れることで生じるデメリットより、一緒にいるデメリットのほうが少ない。という打算めいた利害関係が成立しているなら救いようもある。でも、そうでもないのに居心地悪い関係を維持してもしょうがない。

形ばかりのルールや、周囲からの見られ方、体裁を優先させて、自分たちの心地良さを犠牲にしたところで誰もハッピーにはならないでしょう。上っ面はニコニコ。でも心の中ではドロドロ。だったら、見た目ドロドロでも心の中ニコニコのほうが全然いい。





どんなに表面上は仲良くやっている素振りをしていても、それこそ条件面で合意できている関係であっても、お互いが心地良くない、お互いが気持ち落ち着くことがなければ、小さな亀裂が日増しに大きくなって、気づいたときには修復不能でさようなら。

逆に、どうみたって、その関係は親密じゃなさそうだし、それこそ仲良くねーだろ。と他人からは見えるような関係なのに、なぜだかお互い信頼し合えてる。なぜだかずっと離れずいっつも一緒にいる。という関係だってある

それって、つまりはお互いが安心し合えているから。お互い心がホッとできる関係だからでしょ。他人からの見た目がどうの。条件やルールがどうの。そんなことより、お互いの心地良さを優先できているからでしょ。どちらか一方が、じゃなくてあくまでもお互いが。

つまりは、他人からどう思われるか、ルールや形式がどうであるか、ではなく相手の気持ちにただ寄り沿い、相手が心地良くなれることを優先した結果。もっと言えば心から愛しているから。執着ではなく、心からの愛というやつ。

<参考関連記事>
愛するほど愛され、執着するほど遠ざけられる。大切な人との心の距離は、あなたの心が決めている。

相手の想いに寄り添う。気遣う。この人はどんなときに心地よいと思うのだろうか。そんなことに思いを巡らせそれを優先する。ごく当たり前の、相手を愛し、大切に想うという気持ちがあれば、自然とお互いが心地良い関係になるってもの。

私はこうじゃなきゃ嫌。こういうときはこうじゃなきゃダメ。こういう条件が整ってないならお付き合いできない。そんな表層的なことにのみ思考が捕われるから、なんだかお互いの間がギクシャクする。いや、それ以前に愛し合える人と出会えない

心がホッとできる人が、一番大切な人になる。

社会通念上の常識や、お互いが不可侵の領域についての枠組みや、ルールはあったっていい。それさえ無ければ、単なるなし崩しのグダグダになるだけだから。最低限の節度は保った上で、お互いが心地よいかどうかを優先すればいいだけのこと。

周囲からの評価や世間体、そしてお互いの主張や条件による取り決め、条件や利害に執着しなくていい。お互いの関係維持のために、表面的な問題に重きを置かないことです。

だいたい、形や体裁にだけこだわって、人間関係うまくいくなら、世の中に人間関係のトラブルなんてない。離婚も離別もない。あなただって、フラれてピーピー泣きながら、一人で酒を飲む羽目になんかならないでしょ。

見た目の体裁や、お互いのルールに執着しすぎると、その体裁が保てなくなったり、ルールが破られたりしたら、その関係も終わってしまう。関係を終わらせないために、体裁保ったり、ルール決めて守ったりするなら、それってホントに愛し合えてる関係じゃない。

体裁やルールなんか気にしなくていい。そんなことに執着して、お互いがホッとできない、心が落ち着かない関係なら、体裁なんか捨てちまえ。ルールなんて無くしてしまえ。





人と人、男と女の関係である以上、誤解によるいさかいが起こる可能性もある。言葉が行き過ぎて衝突することもあるでしょう。それでも、お互いを認め合える。一緒にいると心がホッと落ち着く。そんな関係であればご縁は切れない

もし、あなたが身近な人や、大切な誰かとの関係が、ギクシャクすると感じることがあれば、少し頭を冷やして考えてみればいい。お互いの関係について、体裁やお互いの決め事、もしくはあなた自信のマイルールに執着しすぎていないか。

そしてそれを、無意識のうちに、ただただ相手に押し付けていないか。相手をあなた基準の体裁、という枠組みの中に押し込もうとしていないか。

もしそうなら、それを一旦手放してしまえ。いいじゃないですか。体裁だのお互いの間の決め事だの。そんなもんクソ食らえ。その人と一緒にいるから心落ち着く。ホッとできるし安心できる。その喜びを感じることができる。

それで二人の間に問題が起きたなら、そのときに考えればいい。それが恋愛だろうが、ビジネス上の関係だろうが、うまくいかないときは、うまくいかないなりの対応の方法がある。

<参考関連記事>
恋愛がうまくいかないときに、やるべきこと。二人の間に問題が起きたときに、考えるべきこと。

ホッとできる人かどうか。心が落ち着けるかどうか。そしてそれを、あの人も感じてくれているかどうか。大事なことは、お互いが心地良く思えること。体裁がどうの、決め事がどうの。それこそ条件がどうのなんてことはどうでもいい。

同じ時間と空間を過ごしながら、お互いが心地よいと思うか。それを基準にして考えてみれば、その人が本当に大切な人なのかどうかがわかる。男と女の関係に答えはない。だからこそ、最後の最後は、お互いの心地よさが決め手になるもんですわ(^。^)y-.。o○

都合のいい女をやめれば、ホッとできる人との出会いを引き寄せる
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。