小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着しないで愛を注ぐから、大切な人の想いに寄り添える。大切な人の幸せを願うほど、あなたも幸せになる。





想いを確実に届ける方法
小川健次グループセッション
↑↑東京5/27(日)↑↑




受付可能数/4名まで(あと3名)
小川健次セミナー
最長1年のフルサポート

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

執着しないで愛を注ぐから、大切な人の想いに寄り添える。大切な人の幸せを願うほど、あなたも幸せになる。

その人の心に寄り添う、思考のプロセスを大事にしよう。

相手がどんな人であろうとも、その場がどんな場であろうとも、あなたが関わる人の立場になり、その人の気持ちに寄り添って考えるというのは、円滑なコミュニケーションの基本でしょう。
小川健次Blog
相手の立場で、相手が何を考え、何を望んでいるか。それを考えるから、その人の想いに応えられるというもの。

自分がこの人だったら、この人と同じ立場だったなら、どう言ってもらえば嬉しいと感じるか。どう接してもらえば、この人を信用したいと思えるか。そんなふうに自分の身を、相手に置き換えてイメージするから、お互いが求める成果に対して協力し合える。

もちろん、あなたがそう考えたところで、そのイメージがホントにそのとおりかどうかって問題はある。あなたが考えてイメージしていたことと、相手が考えてイメージしていたこと、求めていたことが違ってた、なんてことだってありますよ。

でもね、あなたのイメージがそのとおりかどうかよりも、あなたが相手の気持ちに、思いを馳せられるかどうかのほうが遥かに重要なんです。

ちなみに僕も、あなたの気持ちに思いを馳せながら小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを配信していますが、それが当たっているかどうかは気にしてません。

結果がどうあれ、まずはあなたが、その人をどうやったら喜ばせられるか。どうすればその人と心の距離を縮められるか。そう思考するプロセスの中で生まれる、相手への気遣い、相手の気持ちに想いを馳せられることこそが、その人との信頼関係の礎になるってもんでしょう。

そりゃ相手だってバカじゃないんです。あなたが気を遣ってくれていること、想いを汲み取ろうとしていることはわかりますよ。それがホントにそのとおりかどうかは別にして、そういう気遣いには感謝したいと思うもの。人との信頼って、そういう小さなことの積み上げによって成り立つもの。

あなたが言いたいから言う。あなたがそうしたいからそうする。という、自分本位なだけの考えから、一歩外に踏み出すんです。相手の想いを汲み取ろうとしながら、その人をまず優先的に考えようとする。その心の動きを大切にしてみる。

それは、単にあなた自身の主体性を放棄して、相手の考えに寄りかかろうってことじゃない。単に言いなりになれということでもない。あくまでもあなた自身の考えに基づいて、見返りを求めずに、その人の力になろうとすること。その人の喜びを優先しようとすること。つまりは愛。

そして、あなたが愛ある関わり方をすれば、相手も愛を返してくれる。でも期待はしなくていい。あくまでもあなたが、そうしたいからそうする。愛する人、大切だと思うからそうするだけで、何かを期待してのことじゃダメですよ。

<参考過去記事>
期待への執着を手放せば、大切な人との関係はうまくいく。人との違いを認めれば、小さなことにイライラしなくなる。

もちろん、上でも言ったように、相手の立場で考えて言ってみようが、行動してみようが、それが的外れになってしまうこともある。でもそれ気にしなくていいですよ。そのあなたの愛は何かしらの形で、仮に今すぐじゃなかったとしても、必ずその人に伝わるから。

逆に、相手の気持ちに寄り添っているように見えて、実は自分の見返りを求めての利益誘導。そんなことやってみたところで、大した成果は生まれない。そんな浅はかの下心は、すぐに伝わる。見透かされる。だから相手も興醒めしてさようなら。

愛あるイメージがお互いに幸福を引き寄せる

念のため、繰り返し言いますが、あなた自身の考えを放棄して、単に言いなりになれということじゃない。それは単なる依存だし、依存は愛じゃないでしょ。その人のためと言いながら、実は依存している自分優先。だからウザがられるんです。

あなたはあなた自身の考えでいい。そこは自分の道を往けばいい。そして相手には相手の考えがあり、相手の道がある。

その相手の立場、相手の想いを汲み取り、寄り添いながら、その人が幸福になること。その人が笑顔になれることを考える。そのイメージを実現できるように、あなたができることをやればいい。その人があなたにとって大切な人なら、なおさらのことですよ。

その思考があなたの行動を変えるんです。だから行動が変わる。見返りを期待せず、執着せずにその人のために力を尽くしたいと思うようなる。だから言葉や態度でそれが伝わる。少しくらい的が外れてても、想いだけは伝わる。愛が届くんです。

ただ求めるだけで、愛が欠けてるから、相手のレスポンスにも愛がないと感じるんです。あなたが利害を優先すれば、相手も利害を優先する。他人はあなたの心の鏡。

ビジネスでの交渉ごとも同じことですよ。愛が無ければ、相手の想いを無視して、自分都合の押し付けになる。すると相手も相手都合を押し付けてくる。落としどころが見つからないまま、延々と平行線。やがて面倒になってきて、この話しは無かったことに。

あなたに立場があるように、相手にだって立場がある。あなたが叶えたい想いがあるように、相手にだって叶えたい想いがある。

ならば相手の立場にとっての幸福は何か。それを考える。あなたはあなたで相手は相手。お互い立場は違うんです。その違いを理解しながら、相手の想いにまず寄り添ってみる。だから相手もあなたの想いに寄り添ってくれる。落としどころが見つかってお互いハッピーになる。

そもそも、その相手が誰であれ、愛の伴うイメージを持って接すれば、相手があなたに否定的な感情が湧くことないでしょ。あなたが強くその人の幸福イメージした分だけ、相手もあなたに優しく接してくれる。

だから、人間関係で余計なストレスを感じることがなくなる。お互いがお互いを想いやることができるから、お互いが心地よくなる。相手もあなたに、また会いたい、一緒にいたい、仕事をしたいと思ってくれるようになる。そうまでいかなくても、無駄に衝突することはなくなる。

それでも、どんなに見返りを期待せず、心からの愛と慈しみを注いでみたところで、うまくいかない関係だってありますよ。それはもう縁がなかった。もうしゃあーない。それはお互いにとって、うまくいかない関係であるほうが、価値ある意味があるということですよ。

だとしても、仮に注いだ愛が返ってこなくても、その関係がうまくいかなかったとしても、そうやって相手を気遣い、その想いをイメージできるあなたのことは、他の誰かが助けてくれる。愛してくれる。そういう自分に自信を持てばいいだけのこと

<参考過去記事>
別れた人を、愛せた自分に自信を持とう。愛せる力は、愛してくれる人を引き寄せる。

自らの主体性を失うことなく、相手の想いをイメージしつつ、相手との立場の違いを理解しながら、その人の心に寄り添える人ってのは、結果的に多くの人からも愛されるじゃないですか。そういう人の周囲には、いつも愛と笑顔が集まっていたりするじゃないですか。

まあ別に、それほど大勢から愛される必要もないのでしょうが、せめて身近に関わる人や、大切な人との関係の中では、お互いがハッピーで笑顔でいられたほうがいいでしょ。ならば、まずは数秒止まって、相手の想いや立場をイメージしてみて、それを尊重してみるとこからですな(^。^)y-.。o○

■愛とお金を引き寄せる、特別セミナー

東京 5/12(土)
小川健次コンサルティング

■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

入会キャンペーン実施中
小川健次
↑ 5/31(木)まで ↑

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。