小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自己肯定感を高める方法で、愛される人になる。自分を愛すると、大切な人からも愛される。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京12月 福岡01月↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次/忘年会
小川健次
12月/大阪・東京


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/11/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第2回

その「女子力」は間違ってます!ダメ男につかまりたくない、フラれたくないなら、磨くべきは……?

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

自己肯定感を高める方法で、愛される人になる。自分を愛すると、大切な人からも愛される。

自分を愛すると他人からも愛される

誰だって人から悪口なんて言われたくない。攻撃されるなんてまっぴらごめん。そりゃそうだ。
小川健次Blog
人から何か言われるのであれば、褒められたり認められたりされたいもの。仮にあなたが認めてない人からだって、褒められたら悪い気しない。

認められれば嬉しいもん。自分のやってることに自信が持てる。褒められれば、やる気だって湧くってもんです。別に、人にどうこう思われたくてやったことじゃないにしたって、結果として褒められたり認められたりすれば、誰だって気分はいいじゃないですか。

そんな当たり前のことは皆わかってる。その手の話しは、毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージでもよくするし、あなたも、身近な人を褒めて認めようも思うってるでしょ。

でもね。同じように、あなたはあなた自身に対しても、同じように褒めようとしているか。認めてあげようとしているか。あの人を愛しているように、自分自身も愛しているか。自己肯定感を高く持っているか。

それをしないと、他人から認められっこないし愛されない。そもそも。自分で自分を褒められない。自分で自分を愛していない人のことなんか、誰も褒めようとも愛そうとも思わないでしょ。だって自分で認めてないのに、他人は認めようがないんだもん。

私なんかが、誰かに愛されることは絶対ない。私なんか、誰かに褒めてもらえるようなこと何もない。そうやって自分で自分を否定している人を、誰も褒めようも愛しようもないですよ。

他人からしてみれば、せっかく褒めてもそれを全力で否定される。愛してもそれを受け容れてくれない。すると褒めただけ損した気分になる。せっかく愛したのにガッカリした想いになる。期待や応援の想いを伝えたのに、それを否定されたような気がして、残念になる。

あの人には何言っても返ってこない。むしろ何を言っても受け入れてもらえない。そう思われれば何も言いたくなくなりますよ。

いいですか。あなたには、あなた自信で褒めるべきパーソナリティがある。あなたはあなた自身で愛するほどの価値があるんです。それがどうもいまいちピンとこなければ、僕の個別セッションにでもくることですよ。いくらでも、それ教えますから。

<参考過去記事>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス

まずは自分で自分を、素直に褒めてあげればいいじゃないですか。自分を認めるんです。愛するんです。だから他人もそんなあなたを褒めてくれるし、愛してくれる。どんなことでもいいんです。あなたには、あなた自身で褒めて愛する価値がある。

その自己肯定感があなたのヤル気を高め、さらに良い結果を生み出して、ますます自分を愛したくなる。そしてますます人から愛されるようになる。

自己肯定感を高めると、他人を愛せる心の余裕が生まれる。

自分を愛し、自分を褒める。そして自分を愛する。とはいえ、時と場合によっては謙遜したほうがいいこともある。空気を読んで控えめにしといいたほうがいい場面もあるでしょう。ヘタに出た杭は打たれるし。

でもね、仮に、表面的には否定している態度でも、心の内側でしっかりと自分で愛する軸を持っていれば、それはそれとして相手に伝わる。あなたが相手の愛や、褒める感情を、受け入れているかどうかは、あなたの心次第で相手に伝わる。

自分で自分を卑下して考える。セルフイメージを高く持とうとせず、ただただ自分肯定感の低いまま、自己否定の言葉を発すれば、そんなイメージが相手に伝わるんです。

あなたが心から自分を卑下して相手に接する。だから、つまらないものですが。え? つまらないものなら要りません。というやりとりになるんです。

でもね、あなたが自分を愛している状態で相手に接すれば、つまらないものですが。いやいや、あなたのお気遣いでつまらないものなんかありません。というやりとりになるでしょ。あなた自身が、ホントにつまらないと思っているかどうかですよ。

自分のことをちゃんと認めることですよ。愛すんです。そのためにも、まず自分の心を自分で掌握すること。良いことも悪いことも好きなとこも嫌いなとこもすべて認める。なんだかんだ言っても、死ぬ瞬間まで付き合っていく相手なんだから。

他人と比べてどうかではなく、あなた自身が納得できているかどうか。あなた自身が満足できているかどうか。そんな基準で考えてみる。いくらでも褒められること、愛せることはある。あなたが、どんな極悪人だったとしてもあなたには、あなたが愛せることがある。

それでも、自分が褒められない。自分を愛せない。自分で自分のことがよくわからない。そう思うなら、クドイようですが僕の個別セッションにくればいい。

だいたいね、これまでにだって、色んな困難や逆境を数多く乗り越えて、今こうして生きていられる。今こうしてボケーっとスマホ片手にブログ読んでられるような余裕がある。それだけでも、これまでに褒められる、認められることをやってきた結果ですよ。そんな自分を愛してあげればいいでしょ。

人に愛される人にも、そうでない人にも、相応の理由があるんです。あなたが自分を愛せば、人から愛される人になれるんです・

<参考過去記事>
愛される人になるために、大切なこと。軽く扱われるのには、理由がある。

自分で自分を褒められて、自分で自分を愛することができる。自己肯定感を高く持てるから、その余裕があるから、他人を心から褒められたり愛せたりもするんです。心の余裕がない人は、他人を褒めて認める余裕もない。だから褒められないし認められない。

別に、そんな大げさなことじゃなくてもいい。今日一日を生き切った。今日やろうと思ったことができた。そんなことでも自分で自分を褒めてみる。それだけで心は軽くなる。自分を愛せる。そして人を褒め、人に褒められる人になる。何より気分がいいってもんですよ(^。^)y-.。o○

自分を愛せるようになる
↓ ↓
小川健次個別セッション
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。