小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着を手放すための、最初のステップ。苦しいことを乗り越えると、愛と幸せを引き寄せる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

執着を手放すための、最初のステップ。苦しいことを乗り越えると、愛と幸せを引き寄せる。

苦しいことを乗り越えると、愛と幸せを引き寄せる。

日常にはゲラゲラ笑える楽しいことも、逃げ出したいほど苦しいこともあれば、何となく何事もなく時間が過ぎていくこともある。
小川健次Blog
そりゃ同じ時間を過ごすなら、できる限りゲラゲラ楽しく笑っていたい。幸福で満ち足りた心の状態でいたいと思うもの。

とはいえ、現実はそうもいかない。だいたいね、朝から晩までゲラゲラ笑っていたら、それはそれで、ちょっとヤバいでしょ。いろいろな意味で。

仕事はもちろんのこと、家庭環境にしたって、友達関係や恋愛関係でさえ、全部が全部楽しいわけじゃない。もちろん楽しいこともたくさんある。でもその一方では、楽しくないこともあれば、苦しくてしんどいことだってある。それが現実だしそれが普通

辛いこともしんどいことも普通にある。誰にだってある。あなたにもあるし、毎日のんきそうに小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を配信している僕にだって、辛いことやしんどいことくらいはある。いや、ないか。でもまあ少しはある。

そりゃそうよ。言うまでもないが、楽しいことが楽しいと思えるのは、楽しくないことがあるから。つらくてしんどいことがあるから喜びを喜びに、幸福を幸福に感じられるというもの。1から10まで全部が全部楽しくてゲラゲラ笑えることならば、それ楽しいことでもなんでもない。それ、フツーのこと。




それはそれでいい。だってしゃあない。辛いことは辛いし、苦しいことは苦しい。それがどうした。だったら何だ。

にも拘わらず、無理してすべてを楽しく考えようとするから、話しがややこしくなる。私には苦しいことなんかあっちゃいけない、なんて思おうとするから、ますます話しがややこしくなる。現実から目を背けたところで、ますます辛くてしんどい状況から抜け出せなくなるだけ。

大切だと思う人と別れれば、そりゃ苦しくてしんどい。ずっと愛していた人に、どっか遠くに行かれてしまえば、そりゃ執着もする。そういうときに、明るく前向きに! とにかく心を軽くしてすべてを楽しく考えよう! なんてアホなこと言ってるから、いつまでも執着を手放すことができない

辛いことは辛い。しんどいことはしんどい。それでいい。まずその現実と向き合って受け容れる。それで泣きたきゃ泣けばいい。凹みたければ凹めばいいす。そこで無理して明るく笑うのはポジティブじゃない。それ単なる現実逃避。

受け容れられれば、そこにどんな意味と価値があるのかを考えられる。具体的にどうすれば問題解決できるか考えられる。そして実際の行動に転換できるから、乗り越えられる。

<参考関連記事>
本当に愛しているなら、別れることも受け入れられる。復縁したいなら、彼の選択を尊重すること。

クソ面白くもないトークを延々と続けられても、それは拷問でしかない。笑えないギャグを無理して笑えなんて言われても、それこそしんどい話し。

面白くないモンは面白くない。笑えないモンは笑えない。それを受け入れるから、どうすれば面白くなるか、どんなギャグなら笑えるかを考えられる。それこそ生産的な考え方。つまりは積極的な心構え。

執着を手放すための、最初のステップ。

それが自分のミスによるものだろうが、不可抗力の事故や天変地異だろうが、誰だって日常的に楽しくない事態に直面することはある。大切な人にフラれることも、裏切られることだってある。辛くてしんどいことに直面することはある。

日常のすべてが楽しいわけじゃない。もちろん楽しいこともある。でもしんどいこともある。好きな人もいれば嫌いな人もいる。

どうでもいいことなら華麗にスルーで話は解決。とはいえスルーできないこともある。

そのすべてを好きに変換する。すべての意味づけと解釈をポジティブにして。あらゆることを幸福に感じる。なんてことは、よっぽど寛大な心の持ち主でもなきゃ無理。うん。少なくとも俺は無理だし、俺が知る限りでも、一切落ち込まない人や、凹まない人なんて知らない。

好きは好きだし嫌いは嫌い。尊敬する人もいればムカつくあんちくしょーもいる。幸福に感じることもあれば辛いと思うこともある。去ったあの人は戻ってこない。あなたじゃなくて、別の女を選んだだけ。それだけのこと。それが現実。ならそれでいい




こら眉毛! そんことはあるワケないでしょ! 私は皆を愛し、皆に愛されてる。あの人が連絡してこないのは、忙しいから。あの女に騙されてるだけ。本当は私のこと好きなはず!なんて現実逃避してるから執着を手放せない。だったら現実を直視して、泣いて凹んでいるほうがマシ。

そうすりゃ次に何をすべきかがわかるから。問題を直視できるんだから、先延ばしにしないで建設的に取り組める。そこで初めて心のスイッチが切り替えられる。執着を手放すことができる。それこそ積極的。それこそポジティブ。

辛いことをしんどいことを乗り越えた先に、どんな楽しいことがあるのか。幸福を手に入れている未来の自分をイメージして、行動できるからそれが現実化する。目先の損得、その場が楽しいかどうか、苦しいかどうかでのみ考えない。大事なことはその先の未来に何があるかなんだから。

目を背けないことよ。誤魔化さないことよ。繰り返し言うが、それポジティブじゃないから。できないことはできない。ダメなものはダメ。それ認めるからできる方法を考えられる。できないことを大丈夫と言ってても大丈夫じゃない。

それにね、目の間にある現実を直視しないってのは、単に自分を守りたい衝動でしかないでしょ。そこに愛はない。だから、ウザがられて、LINEさえブロックされることになる。

<参考関連記事>
男がLINEをブロックする心理。彼が心を閉ざさないために、大切なこと。

執着を手放すための、最初のステップは現実を受け入れること。辛いことがあろうと、ムカつくことがろうと、嫌いな人がいてもいい。素敵な出会いもあれば、悲しい別れもある。それはそれとして認める。すると次に引き寄せるのは、楽しいことと幸せなご縁。

現実を捻じ曲げて、受け入れずにいれば、引き寄せるものも、同様にねじ曲がったものになる。受け入れるのには時間が必要なこともあるが、受け入れることさえできれば手放せるようにもなる。そして未来の愛と幸福をイメージすれば、その愛と幸福が必ず引き寄せられるってことっすな(^。^)y-.。o○

執着を手放すための、特別なセミナー
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。