小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れるのは、お互いが今一緒にいることに意味と価値がないから。ホントにお互いが必要とし合えれば、また出会えるしまた結ばれる。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

別れるのは、お互いが今一緒にいることに意味と価値がないから。ホントにお互いが必要とし合えれば、また出会えるしまた結ばれる。

■お互いを必要とし合えないから別れが訪れる

親密な関係だった人から、街で道を聞いたくらいの人まで、これまで出逢った人を全部数えてみれば男女年齢問わず、かなりの数に上るでしょう。

小川健次Blog

そのほとんどの人とは期間の差はあれど、やがてお別れさようなら。出逢った数に比較してみれば、今の時点でつながっている人の数なんて、ほんの少数ごくわずか。

出逢いがあれば別れがあるのはこれ必然。生まれたその瞬間から死ぬ瞬間まで、ずっと一緒の関係なんてないでしょ。僕たちは誰もが、数えきれないほどの出逢いとともに、数えきれないほどの別れの繰り返しの中に生きている。

別れがあることは普通。当たり前。それが街で道聞いたくらいの人だろうが、身近で大切な人だろうが。最後の最後は死んでお別れさようなら。僕とあなたもいつかはお別れ。生きてる限り万人が背負う宿命みたいなもんでしょ。

でもね、どんなに辛い別れがあろうとも、生きてる限りは生きられる。その人がいないとホントに困る。いないと生きていけないかもしれない。そう言いながら生きている。乳幼児や介護を要する人を除けば、辛い別れがあってもなんだかんだで生きていけるもんですよ。

それはつまり、その人が今いなくても、あなたにとって大きな問題じゃないということ。いや、少なからず問題はあるのかもしれませんが、生きていく上では困らない。

もちろん別れが訪れて苦しいし、悲しいし、しんどいこともあるでしょう。でもそれ、その経験を経ることで、苦しさやしんどさを乗り越える試練を与えられただけかもしれない。それこそ、もっと違う大きな意味のあることなのかもしれない。

あなたに限ったことじゃない。相手にしても同じこと。あなたと別れることは、その人にとってのステップアップかもしれないし、精神の修行になることなのかもしれない。知らんけど。

ただね、別れが訪れるということは、そこにはお互いにとって必ず意味がある。それがどんな意味かは今はわからないかもしれない。やがていつの日かわかるときがくるのでしょう。確実なのは今よりお互いが必ず良くなるということ。あれで良かったと思える日が来るということ。

苦しくて、悲しくて、しんどいかもしれませんがね、今生きてこうして、鼻毛抜きながらブログ読んでる余裕がある。ベッドでゴロゴロしながら口半開きにしてブログ読んでいられるんです。別にあの人いなくて大丈夫。あの人いなくて実生活には問題ない。

別れた瞬間過去の人。過ぎたことは未来のための価値ある経験。それ以外はとっとと手放してしまえばいいんです。そこで執着しないでいれば、出逢いは日常的にいつでもどこにでも、ゴロゴロとあちこちに転がっているもんです。

<参考関連記事>
過去を手放して心を自由にすれば、できることは無限にある。過去のあの人に執着しなければ、理想の出逢いと未来が手に入る。

あなたの人生はあなたの人生。あの人の人生はあの人の人生でしょう。それがたまたま交差した。交差はするけど向かっている方向が違うから、そのまま離れていくだけのこと。でも、その経験はお互いの未来にとって必ず意味と価値のあるものになる。

今別れるのは、お互いにとってそのほうがいいから。お互いを必要とし合えていないから。その経験がお互いの未来にとって価値ある意味があるから。それでも道はどこかで繋がっている。ホントに縁があればどうせまた会う。そのときは向かう方向が同じかもしれない。

■必要とし合える人とのご縁を信じよう

人それぞれ。生き方それぞれ。深い付き合いだろうが長い付き合いだろうが、それこそ血のつながった家族であろうが他人は他人。

皆誰だって自分の望んだ道を進みたい。あなたが嫌われてるわけじゃない。憎まれてるわけでもない。ただその人はその人の道を歩みたいだけ。ならばそこであなたがすべきことは、その人に執着することじゃない。その経験を糧にしたあなたの道を歩むことでしょう。

その人がいなくなったって生きていけてるんだもん。ホントに必要じゃないんです。いなきゃホントに困るわけでもないんです。

だったら、むしろいなくなってくれて良かったね。中途半端な他人に気を遣ったり、自分を抑え込む必要も、自分に足かせはめる必要もなくなったことだし、ここからはやりたい放題好き放題。すべての別れは、あなたが今以上の幸福に近づくためにある。

何も生み出さない過ぎた過去に固執してっから、もっともっと大切な人や、あなたにとって重大な意味のある人との、貴重な出逢いの機会をあっさり見逃したりするんです。

繰り返し言いますが、僕たちには常に出逢いがある。それは同時に別れもあるということ。そして出逢いにも別れにも、お互いにとって必ず価値ある意味が隠されている。意味があるから出逢いがあるし、意味があるから別れがある。しかも未来のあなたにとって価値ある意味が。

自分を責めてピーピー泣いたって、別れたあいつを呪ってワラ人形片手に深夜に外出してもいいですよ。でもそれも、ほどほどのところで切り替えなさいよ。

あなたのその経験、出逢ってから別れまでのプロセスの中で、何を学び何を得たのか。それは未来のあなたの幸福に、どんな意味をもたらすことになりそうか。これからのあなたの人生でどんな価値を生み出しそうかを考えればいいでしょ。立ち止まっていても何も生まれず歳重ねるだけ。

これまでのあなた自身の過去の出逢いや別れについて、少し思い出してみればいいんです。いろいろあったあの人との関係も、ムカムカしまくったあの野郎との関係も、今思えば少なからずあなたにとって価値ある意味があったはず。

良い思い出も悪い思い出も、笑えることだって、人と出逢い別れた経験を通じて、僕もあなたも学び成長してきたはず。

それがどんなことであれ、出会いであろうが別れであろうが、それは必ず意味のあること。後で必ず笑えるようになるためのプロセスかもしれないし、より大きな幸福を手に入れるために必要な経験かもしれない。

<参考関連記事>
別れのつらさを乗り越えるから、価値ある出逢いを引き寄せる。出逢いと別れの経験は、幸福を手に入れるために必要なプロセス。

今は縁が無かっただけ。縁があればまた会うし、意味があるならまた結ばれる。今はそうじゃないんです。お互いが一緒にいることに意味がないだけ。その必要がないし、むしろ別れることに意味があるから別れるんです。

そしてその経験から意味を見いだせるようになれば、その人かどうかは別にして、あなたにとってお互いをホントに必要とする人とのご縁が結ばれますから。これホント(^。^)y-.。o○

<個別面談で具体的な問題解決をサポート>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。