小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

引き寄せの法則とは、心の力で望みを叶えるということ。その力を使う方法。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/02/18更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第68回

「彼は私の最大の理解者だから」既婚者の巧妙な手口に騙されるキャリア女子たち

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

       
地域・開催日 内容
東京 02/22(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方
東京 03/20(金祝) 人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。
大阪 04/04(土)-05(日)2日間 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座
東京 04/25(土)-26(日)2日間 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

引き寄せの法則とは、心の力で望みを叶えるということ。その力を使う方法。

執着を手放すと、引き寄せの法則で望みが叶う

引き寄せの法則を信じてみたものの、些細なこと、どうでもいいことでイラっとしたり、ブチ切れたりするような気分のときはある。まったく幸せを引き寄せる気がしない。なんてこともある。
小川健次Blog
ホントだったら、そんなことは華麗にスルーすればいいのはわかっていても、いまいち気になる、手放せない。そりゃまあ誰だって自分で自分の心を制御して、常に平常心でいたいとは思うもの。

些細なことならまだマシで、心から大切だと思っている人に、突然フラれたり、別れを切り出されたりすれば、さすがに穏やかではいられない。LINEがいきなり既読スルーが連発し、ある日ブロックされてたりすれば、確かに心に波風も立つでしょう。

生きてりゃいろいろ起こる。誰にでもいろいろある。予想外の出来事や、不本意な結果。ことの大小に関わらず、思い通りの結果にならないこと、予想外のアクシデント。そういう場面に遭遇すれば、つい自分を見失ってしまうこともある。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を読んだり観たりしたところでも、そういうときはどうにもならない。

まあ人生の全てが、予想どおりでうまくいくならば、それはそれで面白味に欠ける。多少のストレスは心の健康のためにも必要なこと。とはいえ、必要以上にストレス感じてイライラするのはバカバカしいし、それで得することも何もない。

後になってなって考えてみれば、なんであんなとこでキレたのか。なぜあんなクズ男のことが好きだったのか。そう冷静に振り返ることはできる。が、その場そのときその瞬間は、やっぱりムカつく、やっぱり悲しい、執着して手放せない。

よっぽど達観した人でもなきゃそういうことはある。人間なんて弱いもの。悟りでも開いていりゃ話しは別ですが、そうもいかないのが人の心。だからといって、どうにもならないことに執着していても、何もできないし何も生まれない。





執着してしまうのは仕方のないことだとしても、その状態をいつまでも引っ張っているのは、時間の無駄だし労力の無駄。だったら早く手放すことよ。

過去への執着を手放すことができないのは、未来を見ていないから。目先のことだけに視界を奪われ、もっと大きな価値ある幸福が見えていないからでしょう。そうしていても、結果、もっと大きな価値ある幸福を見逃し、また一つ後悔して、さらに深いため息をつくだけ。

過去への執着を手放すために、どうすべきかということについての詳細は、以下のYouTube動画『過去への執着を手放すと、恋愛でも仕事でも、チャンスを引き寄せる』の中で解説しているので参照のこと。

去った彼のことが許せない。あの失敗への後悔が頭から離れない。そういう思いは生きてりゃ必ず抱える場面はある。それはそれで、向き合う必要はある。とはいえ。いつまでも執着していても、誰も幸せにはならないでしょ。

大丈夫ですよ。そういう思いも許せるようになる。後悔も笑い話しに変えられるようになる。だから、あまり深く悩むな。自分を責めるな。そして誰も恨むな。

<参考関連記事>
許せない気持ちも、許せるようになる方法。わだかまりは、切って手放すとお互いが幸福になる。

その場そのときその瞬間で、さまざまなことが起こる。嬉しい出会いもあれば、悲しい別れもある。楽しいことも辛いこともある。でもそれは、すべて過ぎたこと。過ぎたことはどうにもならないなら、これから迎える未来に目を向ける。

執着を手放して、未来に目を向けると、ご縁も幸せも引き寄せる。引き寄せの法則が働き出して、未来のあなたにとって、本当に必要な人と出会えるし、本当に価値ある出来事が起こりだす。

心の力を使う方法は、過去へ感謝すること。

執着を手放す、というのは開き直ってヤケっぱちなれってことじゃない。自分の行いに対して、見返りを期待しないということ。過去のことではなく、これから訪れる未来の幸福のみを考えるということ。

別に、ボランティア精神で、他人や世の中に尽くせという意識の高い話しでもない。そういうのはそういうので大切だし、そういう精神も必要なことだが、ここで言うのはちょっと違う。

言うなれば、他人や世の中に対しての、感謝のお返しというやつでしょう。

その人と出会えたことで心が安らげた。その人の存在があったから自分が成長できた。あんなことがあったから、学びになった。いろいろあった過去に、あなたは、あの人をはじめ、世の中からいろいろな恩恵を受け取ってきたでしょ。それを感謝しろってこと。

何かを失ったと考えるからややこしい。受け取ったもののほうが多いでしょ、だったら、こっから先はすべて感謝。感謝である以上、そこに恨みもつらみも後悔もない。執着だってしなくていい。

すると心がスッと軽くなる。フラットな気持ちで過去と向き合える。そして、新しく出会った人にも、見返りを期待しないから、自然な心で接することができ、魂が共鳴し合う。そして惹かれ合い、気づいたときには心の距離が近づいているんです。

過去への執着を手放すと、引き寄せの法則が発動して、魂で結ばれる相手を引き寄せる。それは、別れたあの人と再び結ばれてのことなのか、まった新しい人なのかはわからない。それでも、本当に価値あるご縁は、執着を手放すから、引き寄せて結ばれるもの。

いつまでも過ぎたことにとらわれ、執着を手放すことをしないから、別れたあの人はもっと遠ざかる。おまけに前を見てないから、また小石につまづいて、無駄に痛い思いをするハメになるんです。それも引き寄せの法則。って、アフォか。




仕事でも恋愛でも、うまくいっているときや、不思議と、望んだものが手に入るときって、過去に執着していないときでしょ。むしろ、別れた彼や、過去の失敗に対して、感謝できるくらい心に余裕があるときでしょ。

だったら、もうそろそろスイッチ切り替えてもいいでしょう。なかなかうまく切り替えらないなら、焦ることはないので、僕の継続サポートでも受けながら、徐々に切り替えていけばいい。その場だけ無理に切り替えても、結局すぐ元に戻るだけだし。

出会いも別れも、そして手痛い失敗も、すべてはあなたがもっと幸せになるために意味のあったこと。いつまでも悲しみに明け暮れていたり、執着を手放せずにいても、ずっと同じ堂々巡りの繰り返し。なら、それは感謝へとスイッチを切り替えろ。

<参考関連記事>
別れの悲しみより、出会えた喜びが上回る。今はつらくても、やがては感謝に変わる。

引き寄せの法則とは、あなたが望んだ愛もお金も、欲しいだけ引き寄せて手に入れるということ。でもそれは、何もしないでも叶うことじゃない。それには、あなたの心の力が必要で、その力とはすなわち感謝のエネルギー。

そして、感謝の邪魔をするのが、去った彼のことや、手痛い失敗などの過去への執着。だから、その執着を手放すことが第一優先事項。そのためにも、今と未来の幸福に目を向ける。すると、心のスイッチが感謝に切り替わり、引き寄せの法則が発動するってことですわ(^。^)y-.。o○

心のスイッチを切り替えるための、継続サポート

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



04月大阪/東京
小川健次


02月東京
小川健次


03月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。