小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本気だった彼の愛が冷める、5つの理由。彼女を好きじゃなくなる男性心理。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

本気だった彼の愛が冷める、5つの理由。彼女を好きじゃなくなる男性心理。

彼女を好きじゃなくなる男性心理。

諸行無常。普遍なものはない。世の中は変わり、あなたも、あなたの心も変わる。もちろん彼の心も変わっていく。
小川健次Blog
出会ったその瞬間から、死ぬまで、お互いがずっと愛し合い続けることができるなら、それが一番いいに決まってる。とはいえ、現実はそうならないことが多いもの。

以前はあなたを本気で愛してくれた彼が、今になってはすっかり冷めてしまうことはある。好きだったものが、好きじゃなくなることは、あなたにもあるし、彼にもある。

僕が毎日無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、ご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければさようなら。

もちろん、多くの場合、恋愛における男性心理は、熱しやすく冷めやすいもの。出会った頃は、あんなに一生懸命愛してくれたのに、時間の経過とともに、あの一所懸命さを彼から感じなくなってしまうことはある。




とはいえ、時間の経過とともに、一所懸命さを感じられなくなってしまうのは、愛が冷めたからじゃない。それは彼のあなたへの愛し方が変わっただけ。愛そのものが消えたわけでも、冷めたわけではない。

本当に愛が冷めたときは、もっと明確にわかるもの。はっきりとあなたにわかるように、距離を空けようとする。より具体的に、あなたとの別れそのもについて考え、それを示唆する言動をあなに見せるようにする。。

ただ一所懸命さが失われただけで、本当はあなたを愛している。本当は別れたくないし、あなたへの愛が冷めていないなら、それも彼の言動でわかるもの。なので、それは勘違いしないよう要注意。

<参考関連記事>
別れたくない女に、男が見せる6つの行動。彼女を失いたくない彼は、〇〇をする。

どれだけ、心に強く思っていたことでも、時が経ち、お互いの状況や環境が変わり、成長したり老いたりしているうちに、その思いが消えることや変わることはある。人の気持ちは、そのときに置かれた自分の状況から影響を受ける。

同じように彼の気持ちが変わることはある。それは状況や環境、時の流れによる原因もある。そして実は、彼のあなたへの愛が冷めるのには、それ以外の影響もある

本気だった彼の愛が冷める、5つの理由。

人と人、男と女の関係は、いずれか一方の思いや考えでは成立しない。相手があって自分がある。彼のあなたへ愛が冷める理由は、あなたとの関係の形そのものにもある。

出会ってから結ばれて、関係を深めていきながら、付き合いを続けていくうちに、お互いの関係の形も次第に変わっていく。出会った頃とは、付き合い方、ともに過ごす時間にも徐々に変化が訪れる。

やがてそれは、彼のあなたへの愛が冷める理由にもなっていく。もちろんその逆に、あなたの彼への愛が冷める理由でもある。




本気だった彼の、あなたへの愛が冷めるのには、主に以下に挙げる5つの理由がある。あなたへの強い思いが弱まるのには、そうなる理由がある。


  1. 理想と現実のギャップを感じる
  2. 最初に抱いていたあなたの印象と、実際に付き合ったときの、あなたの印象が大きく異なる。もしくは付き合い方の双方の希望が、現実ではうまくいかない。当然、一緒にいることに意欲は消え失せ、愛は冷める。


  3. 習慣を壊される
  4. 男性は習慣の生き物。その習慣を、愛する人であっても壊す相手のことを許すことができない。彼のこれまでの生活パターンに大きな変化を求めると、彼は愛よりも、これまでの習慣を選択することになる。


  5. 依存される
  6. あなたが、彼本位になり、何かにつけて彼優先になる。自分の人生を主体的に考えず、彼の人生に依存しようとすれば、彼はそれを重く感じるようになる。あなたを愛することより、重荷を下ろすことに力を注ぎたくなる。


  7. 隷属される
  8. あなたが、彼を失いたくないあまりに、彼の言うことにのみ忠実に従うようになると、彼はあなたを愛する対象とは思うことはできなくなる。彼はあなたを愛する女ではなく、ただの都合のいい女として扱うようになる。


  9. 他の女と出会う
  10. 誰も責めることはできないが、出会ってしまえば、男と女はどこでどうなるかがわからない。彼があなたを愛していても、あなた以上に愛する女に彼が出会ってしまえば、あなたへの愛はその女へと注がれることになる。


以上5点。もちろん、お互いの関係、これまでの付き合い方を細かく見ていけば、この5つ以外にも理由は見つかるはず。だとしても男の女への愛が冷める理由の多くは、この中に収まるもの。

それぞれは、あなただけでなく、お互いの気遣いで防げるものもあれば、どれだけ注意してても、どうにもならないことがある。ならば、せめてあなたが予め注意して、できることをやっておけば、仮に彼の愛が冷めたとしても、納得いかずに傷つくだけ、ということは回避できる。

彼の愛が、今冷めたからといって、それがすぐの別れにつながるかといえば、そうではない。そうなったときにでも、関係改善に力を注げば、また彼はあなたに惚れることはある。そのときにまた最初のような態度に変わることもある。

<参考関連記事>
惚れた女に、男が見せる4つの態度。男性心理は、惚れたときにどうなるのか。

これまでは本気だった、彼のあなたへの愛が冷めるのには理由がある。最後の最後はご縁次第。どれだけ力を注いでもダメになることはダメになる。だとしても予め注意しておくことで、切れずに済むご縁もある。

好きだった女を、好きじゃなくなる男性心理は、それほど難解なものではなく、どちらかといえば単純なもの。せっかくのあなたへの彼の愛が、冷めないためにも、あなたにはできることがまだあるってことっすな(^。^)y-.。o○

※この記事は2021/9/18に公開されたYouTube動画『本気だった彼の愛が冷める、5つの理由。好きじゃなくなる男性心理。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。

問題を解決して心のモヤモヤを晴らす、一日セッション
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。