小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着を手放す方法は、今できる〇〇をすること。〇〇すると、過去の呪縛から解き放たれる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

執着を手放す方法は、今できる〇〇をすること。〇〇すると、過去の呪縛から解き放たれる。

執着を手放す方法は、今できる〇〇をすること。

結婚、恋愛、婚活での相手選びでその選択やその判断が、良かったかどうかなんてのは、おおよそ結果論でしかない。誰もがその場そのとき、正しいと思った選択や判断をしているだけのこと。
小川健次Blog
あとは出た結果に対して、良かったかどうかを言ってるだけで、本当にその判断が、満点の選択だったかといえば、実はそうでもないことが多いもの。

あのときは他にも選択肢があった。それでも、あのときは、それがベストだと思ったから、その選択をしただけのこと。今は結果が良かった悪かった、そんな話しができるけど、あのときはその選択で良いと思った。それだけのこと。

今になってから、過去に執着するあまり、あの選択が誤りだったと言っていても意味がない。そうしているより、今できる別の選択をすればいいだけ。あのときは、彼がいて幸せだった。今彼がいないのはイヤ。と、言ってないで、彼がいなくてもできる選択しろよ。

過去の選択にとらわれる必要も、執着する必要だってない。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、それにYouTubeの動画だって、登録して失敗したと思うなら、解除すればいいだけのこと。

もちろん、選択を誤ったことで、時間を無駄にしたと思うかもしれない。無駄な遠回りをしてしまったと感じるかもしれない。失う必要のなかった愛や、大切な人を失ってしまうことがあるかもしれない。





でも、あのとき何の選択もせず、ただ止まっていただけ、別の選択肢が現れるのを待っていただけなら、何も生み出していない。結果、何も変わらず時間の無駄なのは同じこと。一方で、何かしらでも選択をしたことで、結果を出したということは、経験という貴重な財産として残ってる。

選択を誤るのを恐れて、もっといい条件の選択肢が現れるのを待っているなら、まず目の前の選択肢から選択すればいい。結果はあまり気にしないことよ。だって、ダメだったらまたやり直せばいいんだもん。彼を失っても、あなたの選択肢は彼だけじゃないのだから。

過去にいつまでも執着しなくていい。今の選択を恐れなくてもいい。どうせ未来のことなど誰もわからないのだから。だったら、あなたの基準に従って、今できる選択をして足を前に進めてみればいい。

<参考関連記事>
付き合うか迷うときは、〇〇を基準に決めること。納得できる選択をする方法。

過去の彼が一番良かった。あの人以上の人はいない。その執着は、まず今できる選択をすれば手放すことがができる。出会った人を彼以上の人と思えるようになる。心のシャッタ―を閉じてしまっていれば、誰と会っても、過去の人の呪縛からは逃れられない。

過去への執着を手放すことをしないまま、出会ってすぐに最高の選択肢と思える人なんていない。そんなの待ってて、無駄なを費やすよりも、今、選択できる相手なら、まず選択してみればいい。それでダメなら、また選択し直せばいいだけのこと。

〇〇すると、過去の呪縛から解き放たれる。

結果として、選択の良し悪しの評価はある。でもそんなのは結果論。今の記憶で美化され正当化された、結果の評価。あれが最高であれ以上のことは、あの人以上の人はないなんてことはない。ならば、その場そのとき、与えられた選択肢の中で選択をしてしまえばいい。

人は環境に順応するもの。選択に対して、無意識に自分を正当化しようとする。あの場では好きと思えなくとも、時間とともに共有する時間も増えていくことで、あ、やっぱり私はこの人が好きなんだ。そう思ってしまうもの。

あのときは、彼以上の人はいない。そう思っていたあの人のことだって、時間とともに、状況や環境が変わり、あなたの心のスイッチが切り替わっていくうちに、どうでもいい男に思えてしまうもの。

それほど好きと思えない人からでも、アプローチを受けているなら、しぶしぶ付き合いはじめてみればいい。やがて、気づいたときには、あなたのほうが相手を好きになる。立場逆転。今度はその人ををいつまでも執着して手放せない。あれ、最初の私はどこいった?

いつまでも、思い出のアルバムを開いて、過去に執着していても、時間が過ぎていくだけ。歳を重ねて、ますますチャンスが少なくなる。条件がどんどん悪くなる。





なら、とにかく道を選択して、アクセル踏み込んで走り出せばいい。走ってみれば、意外と進めるもの。道を誤ったと思うなら、そのときまた地図を開いて、違うルートを選択すればいい。。

走り出してしまえば、その道をうまく走り抜けようと思い始める。うまくいかせようと心のスイッチが切り替わる。過去に執着している暇がなくなる、そうして気づいたときには、過去への執着を手放すことができている

もちろん、焦る必要はない。明らかに地雷がたくさん埋まっている道を、やけっぱちになって進んだところで、痛い思いをするだけだから。執着を手放すということは、今デタラメなことをやるということじゃない。

ときにジッと待つから、うまくいく恋愛や仕事もある。選択できる道がないなら、その道が出てくるまでは、しばらく我慢。その間は執着と付き合うことにもなるが、どうせ後になったら手放せる。待つべき時は待つことも必要。

<参考関連記事>
待つから、恋愛も仕事もうまくいく。焦らないで耐えると、大切な人と結ばれる。

執着を手放す方法は、今のあなたがそのために必要なことをすればいいだけ。立ち止まって思い出に浸っているだけでは、執着はあなたの元から去ってくれない。それどころか、あなたの心に深く入り込み、ますますあなたを苦しめる。

過去がどうであったかは、今のあなたには関係のないこと。今あなたの前には、今のあなたが選択できる選択肢がある。そのどれでもいい。その中から選び動き出してみれば、あなたは過去の呪縛から解き放たれ、本当の愛と幸せを引き寄せることができるから(^。^)y-.。o○

執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。