小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きな人に、振り向いてもらう方法。振り向かせるために、やるべきこと言うべきこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


好きな人に、振り向いてもらう方法。振り向かせるために、やるべきこと言うべきこと。

好きな人が振り向く理由と、振り向かない理由

あなたが、そうすることで、笑顔になるのは誰なのか。あなたがそれを言うことで、心が満たされ気分になるのは誰なのか。
小川健次Blog
あなたが、同じことをされたら、あなたは笑顔になれるだろうか。あなたが同じことを言われたら、あなたの心は満たされた気分になるだろうか。

そういうことを考えるのに、大した時間も労力も必要ない。ほんの少しでいいんです。あなたが好きな人のために、何かをやるとき、何かを言葉にするとき、その前にほんの少しだけ考えてみる。すると、あなたの言葉が行動が、果たして今適正なのかがわかるというもの。

もちろん、人はそれぞれ考え方が違う。価値観や人生観も違うし、その場そのときの気分だって違う。あなたが、好きな人のためにと思って、言ったりやったりしたことが、好きな人にしてみれば、ありがた迷惑大きなお世話と思うこともある。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージで、あなたのために全力で愛をぶち込んでも、あなたにとっては、この眉毛まじウザい。と思うこともあるでしょう。

でもね、仮にその場であの人とすれ違ったとしても、そのときに込めた、あなた思いは必ず伝わる。相手のためにと思った、あなたの気遣いは必ずわかってもらえる

その逆に、目の前の人ことを、まったく考えずに、ただ、あなたの心を満たしたいためだけの言葉、あなたの都合を押し付ける行動は、スルーされるだけ。その言動で、好きな人に振り向いてもらえるわけがない。いや、下手すりゃ面倒くさい女と思われるだけ。

あなただって、他人に対して思うことあるでしょ。こういう風に、言ってくれればいいのに。こういうことをしてくれたら、嬉しいし振り向きたくなるのに。だったら、それをお前がやれ。お前が好きな人に、そうしろよ。

それをわかっていながら、やらないから、後になって悲しい思いをするハメになる。いつまでも別れた男に執着して、あのとき、ああ言っておけば良かった。こうしておけ良かった。そんなことに、いつまでの執着して手放せなくなって、時間と無駄にする。

<参考関連記事>
別れた男への、執着を手放す方法。愛と幸せは、過去ではなく今と未来にある。

人は自分が、そう扱われたように、その人を扱うんです。あなたが、好きな人を気遣うほど、好きな人に気遣われる。押し付けるほどに、押し付けられる。自分のこと守ることに必死になれば、相手も自分のことを守るから、振り向くこともなくなる

別に、何か難しいことをやるワケじゃない。時間もお金も労力も必要ない。ただ、相手のこと、好きな人の思い。そこにあなたの考えを巡らせてみればいいだけのこと。あの人の心に寄り添おうとする思いを、言葉と態度で示せばいいだけのこと

振り向かせるために、やるべきこと言うべきこと。

男と女であれ、上司と部下であれ、友人同士であれ、人と人。みんなそれぞれ、自分の思いがあるし、自分の都合がある。あなたに、あなたの思いや都合があるように。あなたの好きな人にも、思いや都合がある。

そこに、一方的な他人の思いや都合に、割り込んでこられれば、あなただってイラっとするでしょう。一方的な都合の押し付けのLINEがきたら、既読スルーするか、それこそ機嫌の悪いときなら、ブチ切れてブロックすることだってあるかもしれない。

コミュニケーションは双方向だという、当たり前すぎて鼻血が出そうになることを、忘れないことです。いくら相手が好きな人で、感情の勢いに流されてしまいそうだとしても、その当たり前のことを忘れるから、事故を起こして痛い思いをするんです。

あなたのために、こう言ってあげてるの。だから言うこときいて。言うこと聞いてくれないなんて、私のことを好きじゃないのね。ホント最悪。そうしてLINEを朝まで連投。そりゃキモがられるか、面倒くさがられて。ブロックもされるでしょ。

その場面で、何を言ったり何をやったりすれば、好きな人どう思うか。笑顔になるのか、迷惑に思うのか。あなたに振り向くのか、それともソッポ向くのか。そんなことは少し考えればわかること。

ネットに転がってる、怪しげな小手先テクニックや、本屋で売ってる恋愛本に書いてある、アホ丸出しの会話術で、どうこうしようとしても意味なんかないの。それで右往左往している時間があるなら、その時間、好きな人の思いに寄り添うことに使えって。

相手の思いに寄り添って、言葉を発し、行動をする。とはいえ、それを相手が受け取ってくれること、それで好きな人が振り向いてくれることに、期待はしない。執着もしない。だって、それを受け入れるか、それで振り向くかも、相手の都合、相手の考え。

自己肯定感が低い人にありがちなこと。わかっているのに、自信が持てないから。これを言って否定をされたら嫌だな。これをして嫌われたくない。そうして、とにかく自分を守ることに走りたがる。だから、言動が自己中心的で押し付けがましくなる。

<参考関連記事>
自分を好きになると、愛されるのには理由がある。自己肯定感を高めると、安い女と思われなくなる。

好きな人に振り向いてもらいたいなら、好きな人が振り向きたくなることを、言えばいい、やればいい。何を言えばいいか、何をすればいいのか、その人の思い、その人の心に寄り添って考えれば、あなたにもわかること。

押し付けず、執着せず。あなたが本当に好きで大切に思うなら、その人のことを優先して考えられるはず。あなたが、あの人の思いに寄り添えば、あなたの思いは必ず伝わる。仮にその人に振り向いてもらえなくても、もっと価値ある人とのご縁を引き寄せるから(^。^)y-.。o○

好きな人への思いに寄り添える、潜在意識の使い方

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。